好かれる人、嫌われる人の特徴、違い

世の中には好かれる人と嫌われる人の二種類が存在している。 これにはそれなりの理由や違いがあり、好かれやすい人は人望が厚く、ビジネスや恋愛でもトントン拍子に成功していく。 逆に人から嫌われやすいと彼氏や彼女が作れず孤独に苛まれたり、自分に自信を持てなくなってしまうこともある。 人間の大よその性格は生まれながらの遺伝子と3歳までの家庭環境で決まると言われている。 この要素によって根っこにある人格が形成され、 それ以降のコミュニケーション能力に関しては学生生活、社会人生活などによって培われていく。 大家族で育った人は大抵愛想が良く八方美人な一面があり、初対面の人に人見知りせず順応しやすい。 それは多くの人がいる環境で生活してきて、社交性や協調性という能力が自然と身についているからです。 また、両親に抑圧されたり厳しいしつけを受けて育つと、 自分の意見を言うのが下手になったり、受け身な指示待ち人間になってしまいがちです。

誰彼構わず好かれるというのも面倒くさくて考えものかもしれませんが、やはり疎まれたり厄介者だと思われるよりかは、 人気者になった方が心は満たされ人生は楽しく豊になるものです。 友達や恋人ができずに悩んでいる、片思い中の相手から好かれたい、 仕事で人脈を広げたい、などの願望があるなら、好かれる人と嫌われる人の違いや特徴、共通点を見て、 改善点がないかをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

好かれる人の特徴

・心理的報酬を与えられる人

人はできれば自分に何かしらの利益をもたらしてくれる人と付き合いたいと思うものです。 心理学的には「愛情、サービス、物品、お金、情報、地位」などの 心理的報酬を提供してくれる人とは仲良くしたいと本能的に考えるという。 何の能力もなくても自分に好意を抱いてくれる人がいれば、その人を大切にしたいと思う。 サービスとは笑わせてくれたり、マメに話を聞いてくれたり、自分のわがままや欲求を叶えてくれるなど。 他の項目は若干打算的な要素ですが、やはり自分にメリットをもたらしてくれる人と付き合いたいもので、 特に結婚相手には安定した経済力や格好いい肩書きを求める女性が多い。 多くの人は特別何か優れた能力があるわけでもない平凡な人だと思います。 そのような人は「私はあなたのことが好きです」という単純な好意をアピールすることで友好関係が築けます。 恋愛でも、誰にもアプローチしないイケメンよりも、手当たり次第に女性に声をかけて口説くブサイクな男性の方がモテます。 自分が周りの人に何かしら喜びや快感を与えられる存在になるように努力したいものです。

・強気で自信がある

シャイボーイや大人しい人、弱々しさを感じさせる人は母性本能が強い女性や、のんびりしている性格の人と相性が良いが、 会話を重視する多くの人には嫌われやすい傾向がある。 逆に型破りで自分のスタイルを貫く人、不良ぶっているヤンキーなどは人の興味を引きつい注目してしまう。 日本人は多くの人が受け身であり、心のどこかで無意識のうちに頼れるリーダーシップを持つ人を求めている。 たとえそれが根拠のない自信であっても、覇気や勢いを感じる人についていきたくなる。 神様に好かれるため、成功を収めるためには謙虚で礼儀正しく、腰が低い方が良い。 しかし、人に好かれるためには強引さや押しの強さを示す必要がある。 自分の考え方や理論を信じて、強気に行動できれば、それは人に魅力を感じさせるのです。

・楽観的で明るい性格

世の中には前向きな人と後ろ向きな人がいる。 どんなに年収が高く生活基盤が安定していても常に将来を悲観しているよりも、どんなに不遇な境遇でもポジティブに生きている人の方が好かれる。 少し小難しい言葉を使えば「生産的」「建設的」な意見を口にすると好感度が上がりやすい。 「おいしい、楽しい、幸せ、嬉しい、面白い」などはこの言葉を耳にするだけでもプラスの気持ちになってくる。 さらに付け加えれば、相手を褒めたり、笑わせることができればより好かれる。 接客業や営業では、とりあえずお客さんを褒めまくることがセールスの基本と言われています。 どんなに頭が良く賢くても、天然ボケキャラを演じていたほうが好かれやすいのです。

・愛想がよく、表情が朗らか

人は好かれれば好きになり、 興味を持たれればこちらも興味を持つ、 好意の返報性(互恵性)という心理の法則がある。 第一印象で相手に好印象を与えられれば、それだけで好かれる確率が高まる。 だから、会社の採用面接、合コンや婚活パーティなどでは一目見た時の表情や服装、清潔感が重要視される。 八方美人で営業スマイルが得意な人は同性同士から見ると、ぶりっ子やスカした野郎のようで気に食わないかもしれません。 しかし実際自分にその笑顔が向けられると雰囲気がいいと思い、相性がいいと錯覚してしまう。 ふわふわした雰囲気、癒し系の男女はとにかく異性にモテる。 普段から幸福のオーラに満ち溢れている人は、その光り輝く朗らかさで自分の周りに沢山の人が引き寄せられ集まってきます。

・話を聞いてくれる人

お喋り上手と聞き上手、どちらが好かれるかと言えば、普通は話を聞くテクニックを持つ人です。 これは直接面と向かって会話するだけでなく、メールやラインでのコミュニケーションでも同様です。 とにかく、相手に口を開かせることができれば、それだけでも好意を持たれる理由になる。 ただ、質問の仕方にもコツがいるもので、 根掘り葉掘りきき過ぎると相手に尋問されてるかのような感覚を持たれて関係悪化に繋がる事がある。 あくまで自然に相手の本音や気持ちを引き出させることが大切です。 会話をしているとき、できるだけ相手を気分よく喋らせることに意識を集中するようにしましょう。 そして、相手の意見を適度に受け入れて共感したり理解してあげるとより好かれる。

・尊敬でき、見下せる人

多くの人はドラマチックな展開が好きで感傷的な気持ちがある。 また、日頃の生活や仕事でストレスが溜まっている人は、誰かに説教したい願望があったりする。 わかりやすい欠点がある人は、母性本能を感じさせ応援したくなると同時に親しみやすいのです。 例えば、ハゲであることにコンプレックスを感じている人でも、 それを気にしてコソコソ隠れたりせず、開き直ってハゲキャラになると人気者になったりする。 また、ただ単に短所があるだけではだめで、どこかに長所がなければ魅力に欠けてしまう。 弱々し過ぎても、優秀過ぎても人は魅力を感じない。 二つの要素が絡み合いギャップを生じさせることで、人間に情に訴えかける効果が出てきます。

嫌われる人の特徴

・ネガティブ思考

マイナスな雰囲気、暗い負のオーラは悪いことを考えていると体から滲み出てくるようになります。 思考が汚れ、淀んでいると、体も段々普通の人とは違う空気を帯び始めます。 目つき、姿勢、表情などから、いかにも「悪人」のような怖い風貌になるのです。 多くの人は気づきませんが普段力が抜けている顔は不機嫌そうで疲れている表情になっており、 自覚していないうちに人を遠ざける原因になっているので注意したいところです。 嫉妬、恨み、怒り、不満、愚痴、批判、自己卑下、下品で汚い言葉遣いをするなど、 誰か劣っている人や自分の価値観と違う人を見れば否定し叩いたり攻撃し、自分より優れた人には羨望の眼差しを向け妬む。 特に、誰かの悪口や陰口は聞いている人にはあまり心地良いものではありません。 見世物としてはケンカやプロレスのような煽り合いをしたり刺激があると盛り上がり人気は出ますが、 友達や恋人、結婚相手など実際に自分が付き合う相手は落ち着いている人の方が理想的だという人は多いものです。

・自分は何も与えないのに利益を欲しがる

世の中には「与える人」「奪う人」の二つが存在すると言われる。 要求ばかりする、お金にたかる、わがまますぎる、など付き合っていてもデメリットが多い人は基本的に敬遠されやすい。 また、このタイプはメリットや利益を感じない使えない人をすぐに切ったり裏切る人が多いイメージがある。 自分が誰かからサービスを受けてばかりではないか、損害を与えたばかりではないか気にしてみよう。 ただ、例外として世の中にはダメ人間に援助をすることに喜びを感じる遵守もおり、 奇妙に需要と供給のニーズが発生してる依存関係も存在することがある。

・過去の自慢話や武勇伝ばかりする

男性はあまり気にならないかもしれませんが、 女性は自分の有能さや賢さを解説する男性を毛嫌いすることが多い。 どんなに能力があっても、無意味に勝ち誇っていると、いつの間にか高感度が下がってしまう。 昔の話や成功体験は聞いている人にとって参考になるケースもありますが、大抵の場合は自己満足になりがちです。 どんなにリッチだったり筋肉マッチョであっても、そのことをひけらかしたり強調し過ぎると嫌われてしまうことでしょう。 特に女性との会話は優劣を競うものではなく、横並びが一般的なので、気をつけよう。

・自分から行動しない

人は消極的な人より能動的な人に好意を抱きやすい。 彼氏や彼女と付き合っても短期間で別れてしまう原因として「一緒にいてつまらない」ということが挙げられることがある。 自分から話題を出さない、自分から遊ぶやデートに誘わないなどが破局に繋がる理由になっている。 また、集団やグループの中で社会生活を送る時、ノリが悪いという特徴が最大の短所になったりします。 飲み会をしても盛り上がらない、話しかけない、アイコンタクトをしないなど。、 これはちょっと小難しい言い方をすれば「自己防衛的」ということです。 自分のプライベートや本音を一切出さず、自分の素性を明かさない、他人に歩み寄る姿勢も感じさせない。 自分としてはそういうつもりではなくても、しぐさや態度に積極性がなく、 してもらって当たり前であるかのような傲慢な態度で不快感を覚えさせてしまいます。

・自己中で空気が読めない

初対面で馴れ馴れしかったり、自己主張が強過ぎる人は要注意です。 人見知りしない性格が、実はただのずうずうしい人かもしれません。 うっとうしいぐらい粘着質、話題の中心が自分じゃないと機嫌が悪くなる、無駄に細かいルールやマナーにうるさい、 自分の思い通りにならないと周囲に迷惑を掛ける、 相手の言われたくないようなことでも無神経でストレートに言ってしまうなど、 この手のKYタイプの特徴を持つ人は正直であれば何を言ってもいいかのような勘違いをしていることが多い。 相手の感情を読み取るのが下手な人とも言えます。



好かれる人、嫌われる人の特徴や共通点、違いはちょっと考えてみれば単純なものであり、やる気になれば簡単に改善することができます。しかし、結局のところ自分の好きなようにアクションを起こすことが自分を含めた多くの人を幸せにすることに繋がるのではないかと思います。素直な子供を嫌いになる人はいません。無駄な雑念がない童心を持つ男女は支持されやすいのではないかと思います。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大