男性が彼女を振った理由、別れた後の心理

恋愛は難しいもので、性格や価値観の不一致、遺伝子的な相性などが合わないと感じると一方的に振られてしまうことがある。 これから復縁をしたい人、次は長続きするカップルでいたい人などは、男女の出会いと別れについて少し勉強しておくと良い結果が生まれるかもしれない。

男性は失恋した時、誰でもいいから新しい彼女を探すか、あるいは失恋のショックで仕事に集中するという2タイプがいる。 学生や20代前後の若い男性は時間が有り余っており周りに女友達も豊富にいるので数ヶ月で新しい女性を口説き始めますが、 30代前後の人は恋愛に慎重になり、出会いもなく新しい彼女を作ろうとしない傾向があります。特に離婚をしたり女性に酷い目に合わされ たバツイチだと異性に対してより億劫になりがちです。その結果、仕事一筋の独身貴族が出来上がったりします。

それに対して女性にとって恋愛は人生そのものとも言えるもので仕事より彼氏を取ることが多い。 振られた後でもしばらく泣いて一通り悲しむとすぐ元通りになって新しい恋人を見つけようとします。 数ヶ月は元カレの動向が気になりイライラすることもありますが、半年もすればすっかり記憶から消去されます。 元々彼氏が作れるような女性は別れたとしてもすぐに新しい交際相手を見つけて付き合い始めたり、 別れるときには既に彼氏候補がいたりして乗り換えも容易だったりします。



別れた後に後悔した理由としてよくあるのは、 過去に付き合った人より条件のいい相手がいなかった、体の相性が良かった、別れた後の幸せな姿を見て嫉妬した、 恋人がいない休日が寂しかった、など。 どれも付き合っている時はわからないけれど、新しい彼女と付き合い始めてわかることです。

特に男性の恋愛は「名前をつけて保存」と言われており、新しい彼女ができても、振った側ではなく振られた側である場合はいつまでも元カノに未練があり引きずることが多い。 対して女性は「上書き保存」であり別れてしばらくは元カレに未練があるけれど、 新しい出会いが見つかり、結婚でもすると昔の彼氏のことはすぐに忘れてしまう。 結婚したカップルの中には、破局後お互いに新しい人と付き合い、数年後に再度復縁というプロセスを辿っている人も結構いたりします。

別れた後でも急に連絡してくる男性の心理としては、体目当てや都合のいい女として利用したいか、あるいは彼女を忘れられず別れを真剣に後悔してよりを戻したいかのどちらかでしょう。 男性の行動は目的に一直線に突き進むもので、ほとんど無駄なコミュニケーションがありません。

女性の場合は異性に対して八方美人のように振舞うので社交辞令を言ったり当たり障りのない雑談をすることもあります。 別れた後にメールやラインが来るのは好意の表れなので、女性の対応次第でいくらでも元の鞘に戻れます。 ただ、男性から何のアプローチもないようだと現状では無関心になっている可能性が高いので、 女性から何かしらのコンタクトを取らないと復縁は難しいです。

スポンサーリンク

彼女を振った理由、別れた原因

・他に好きな人ができた

彼女を振る理由で上位に来る理由は今の彼女より魅力的な人に惚れてしまったときです。 また、この状態の時は大抵は倦怠期で今の彼女に飽きていることもあります。 男性は多くの子孫を残したいという本能があり女性よりも移り気で、他に可愛い子や美人を見つけ、なおかつ自分にチャンスがあると思ったらすぐそちらになびいていってしまう浮気性の人が多い。またどんなに美人妻と結婚している旦那でもブサイクな人と不倫することもよくあるという。

イケメンでモテる肉食系タイプは女の扱いがうまく口説くのも得意なので、 別れた後すぐ彼女を作って元カノに報告し自慢してきたりもします。 その点ではモテない男、喪男や草食系男子と付き合うと誠実で一途に想ってくれるし独占できる安心感がありそうです。 男性の浮気を防ぎ、振られないためには男性に尽くすことも大切ですが、 女磨きをして本命の彼女として手放したくない、追いかけられる女になれればベストでしょう。

・相性が合わなかった

数回デートしただけでは人は仮面を被れるし、ある程度付き合わないとお互いの深い部分での価値観や相性もわからないままです。 女性は猫被って演技している人が多く、本性がわかると男性に幻滅されることがある。

兄あ 中でも重要なのが会話の呼吸、リズム、波長が合うかどうかと肌や体、匂いなど動物的、遺伝子的な相性です。 お喋りは能弁で口達者な人は本当にいつまでも喋り続けられる、 そして相手が黙っていても話せるタイプと、リアクションが薄いとつまらないと感じるタイプもいる。 逆に口下手であまりトークが弾まない、盛り上がらなくても内心では楽しいと感じている人もいる。 無言で居られる関係を望むか、楽しく笑い合える恋人同士がいいのか、 お互いの理想の雰囲気が食い違うとほぼ間違いなく居心地が悪くギクシャクしてくる。

また、好みのタイプじゃない、女として興味がなくなったという理由で別れることもある。 それは顔や容姿、ルックスが好みじゃないこと、体型、スタイルが太っているとか逆に痩せすぎているなどの要因もあるでしょうが、 ほとんどは生まれつき決まっている相性によるものです。 特に嗅覚と味覚は相手の遺伝子情報が本能的にわかると言われている。

体臭や口臭が気持ち悪いと感じたり、キスが不味いと思ったらその二人は恐らく相性が悪いと判断できます。 逆に相性が抜群の場合は、肌が吸い付くような感覚になったり、 いつまでも飽きずにイチャイチャしていられる。 嫌いになった理由がこのような本能に根ざすものなら諦めるしかないかもしれません。

・束縛されて重いと感じた

女性は誰かと仲良くなりたい親和欲求が強く、一度彼氏ができると夢中になって依存してしまう傾向がある。 彼氏を自分の所有物であるかのように、口うるさく叱ったり行動を監視しすぎると、また会いたいとは思えず束縛から逃れて自由になりたいと思ってしまう。

人間一度「うざい」「面倒くさい」とうんざりしてマイナスの感情を抱き始めると、会うたびに嫌い度が増してくる心理の法則がある。 逆に「可愛い」「好き」という気持ちが強ければあばたもえくぼでどんな欠点や短所、わがままな要求をされても気にならない。

男性はストレスが溜まると孤独になりたがるタイプが多い。 女性は嫌なことがあると友達や家族とお喋りしたり愚痴をこぼすことでフラストレーションを解消する。 男女にはこのような違いがある。

兄あ 彼氏が不機嫌そうな時は焦って接触を増やすのではなく「時間が解決する」という気持ちで距離を置いて放置することが最善策な場合があります。 男同士の関係は以心伝心のようなものがあり、無言や沈黙、細かいことを言わないことが信頼の証になったりすることもある。 何でも言葉で伝えてほしい女性はこの男性心理を理解しておくと余裕が生まれ少し気が楽になると思います。

・何となく会わなくなったから

惰性で付き合うカップルが大勢いるが、いつの間にか自然消滅して関係が切れるカップルも案外存在する。 直接の別れの言葉はなく、メールで一言「別れよう」「好きな人ができた」だけの連絡だったりする。 お互いに関係が冷え切っている状態でなるのが普通ですが、 高校生や大学生の場合は進学で学校が別々になったり遠距離恋愛化する、就職後は転勤や仕事が忙しくなるなど、 自然と会わない生活サイクルになると絶縁状態になる。

お互いに片思いの相手ができたらキレイさっぱり自然消滅するというわけです。 これを防止するためには共通の楽しめる趣味を見つけたり、 小まめに連絡するなどすると良いでしょう。

・結婚したくないから

これは明らかにハズレの男と言えるケースです。 結婚話をしたり結婚を迫ると不機嫌になったり話を先延ばしにするだけで、結婚を決意できずにずるずる付き合い続ける彼氏。 これは同棲しているカップルが結婚話を持ちかけたときによく起こります。 同棲は男は得をし女は損をすると言われる。

男性は掃除や料理など身の回りの世話をしてもらえるのに対して、女性は交際関係を良好にするために一生懸命に努力する。 男性が彼女に飽きて浮気をし、女性が我慢して尽くし続けるという構図になってしまうこともある。 どちらも愛情を享受できるという点では利益がありますが、それ以外では女性に負担が大きい。

結婚すると男性は責任が重大になりリスクが増します。 女性の暮らしを支え、子供が生まれれば家族のために働き今よりお金を稼がないと生活できくなりそうで不安になる。 そのような努力をしたくない怠け者は夫婦の愛よりも堕落した生活を望むものです。 この手の男性は自己中の自由人なので、将来の人生設計を考えれば別れて正解の可能性大で、婚活をして 新しい交際相手を見つけたほうが良い結果になりそうです。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大