好きな人に告白される方法、愛は自分で掴み取れ

20代前後の男女や恋愛経験が少ないは基本的に奥手で異性に対して消極的な姿勢の人が多い。 特に最近は草食化傾向が著しく、結婚適齢期の男女の約半数は彼氏や彼女、恋人がいないフリー状態だという国のデータもある。 自分から積極的にアプローチするのが片思い中の人と両思いになる手段としては最も手っ取り早いですが、 やはり自分から好きというより、相手の方から好きと言われる方が嬉しいのが人間というものです。 特に女性は愛されることで幸せを実感しやすいので、男性に告白させたい、プロポーズしてほしい願望が存在する。

なぜ告白を躊躇するのかというと、その理由のひとつは人生経験の少なさであり、プライドが傷つけられたり断られること、振られることになれていないと、 チャレンジすることに恐怖心を感じて行動できなくなります。 学生時代に異性とのコミュニケーションが極端に少ないとこのようないかにもな喪女、喪男的な心理状況になりやすい。

そしてもうひとつは告白が成功する確信が持てないことが大きな理由です。 どんなに街中でナンパを繰り返しているチャラ男でも、やはりデートの誘いを拒否されれば多少なりともダメージがあるもので、 理想が高くモデル級の美女を狙っているのならまだしも、普通の男性はできれば要求をオーケーしてくれそうな女性を選ぶ。

実際、一番モテる女性の特徴は、綺麗系の極端な美人よりも、平均レベルの容姿、ルックスをした女性だったりする。 これは恋愛心理学で言うところのマッチング理論であり、自分と釣り合いがとれる異性をパートナーに選ぶ性質があるから、 一緒にいて落ち着く、居心地が良いと感じる。 そして誰からも声をかけられる高嶺の花に見えないので、話しかけやすく「俺でもいけるかも」と手が届きそうな期待がもてる。 だからこそ、普通っぽい可愛さを持つ女は彼氏が途切れなかったりします。

つまり、告白される基本的な方法としては、まず意中のターゲットに最低限嫌われず接しやすいと認識され安心感を持ってもらうことが大切です。そして、ある程度お喋りやメール、ライン等で連絡が取り合えるような仲になったら、相手の背中を押してアプローチを決意させるように誘導していきましょう。 男性から女性を告白させるのは難しく、学校のゼミが同じ、職場の同僚などの関係性があってよっぽど仲良くならないと厳しいかもしれませんが、女性から男性を告白させるのは簡単で、ちょっとした脈ありサインを出せばころっと落とせて手玉に取ることができます。

スポンサーリンク

好きな人に告白させるテクニック

・他の友達とは違う接し方をする

八方美人や恥ずかしがり屋な人は自分が好きなことを悟られたくないために本音を隠し、あえて友達のように接する癖があります。 これは相手からすれば好きなのか嫌いなのか本心が読めないので、非常に手が出しづらい距離感であり困るものです。 もし直接的にわかりやすいアプローチができないのなら、間接的にでも良いので好きな気持ちをアピールしていきましょう。

具体的な方法としては、徹底的に褒めたり煽てる、手や肩が触れるぐらい近づく、幸せそうな表情や穏やかな笑顔で接する、共通点を強調する、 優しい言葉を掛けるなど、思わせぶりな態度を振りまきましょう。 ポイントは明らかに周囲の人間とは異なる甘え方をすることです。 露骨な言動でつあえないと草食系男子や恋愛経験が浅い人は好意に勘付けないものです。

・悩み事を相談する

男女が親密になるには、共通点を持つこと、中でも秘密を共有することが効果的です。 他の人には誰にも言えないような悩み事や弱味などを打ち明けることで急接近することができる。 将来の進路、現在の仕事の不満や愚痴などを相談できればベストですが、 それだけでなく、何か興味がある趣味などを教えてほしいときなども「教えてほしい」と言うと、 「じゃあ家で遊ぼうか」なんていう展開になったりする。

片思い中の人がいるとただの異性の友達に相談するといつの間にか片思いの相手ではなくその二人が結ばれるというケースが良くある。 それほど相談を持ちかけるというのは仲良くなるきっかけとして相応しいのです。 二人で話しているうちに好意を抱くのはごく自然な人間心理です。 特に年上年下、先輩後輩など上下関係や歳の差があると、話に持ち込む口実が作りやすくより実行しやすいアプローチ方法です。

・ハッキリと意思表示して迫る

人は常に相手からどのような反応が返ってくるのか不安を抱えている。 メールやラインでデートに誘おうと思えば迷惑じゃないか、返事は早くしないと嫌われるかもしれない、 髪型や服装がダサかったら冷められるかもしれないなど、評価を気にする。 臆病な人、思いやりのある優しい人、自意識過剰な人などはどう思われているか気になって仕方がないのです。 このようなもやもやした疑心暗鬼を解消する感情表現をしてくれる異性がいると非常に嬉しくその辺の有象無象とは違う特別な存在になります。

人には好きになった人を好きになる好意の返報性、誰かと仲良くしたいという親和欲求という心理の法則、本能があります。 告白というイベントは友達として仲が良かった場合は今までのようなフレンドリーな関係が保てなくなる可能性もありますが、 あまり友好関係が無い場合、告白がきっかけで友達になりそこから徐々に好きになり、最終的に恋人としての歩を進めるという展開もありえます。 初対面に近い時期など、早めに好意を伝えることで、最初の段階で他の異性とは違う関係性を築けるので大きなアドバンテージになります。

・恋人募集中なことをやんわり伝える

大人の独身男女が知り合って初めに気になってしまうのが意中の相手がフリーの状態かどうかです。 オシャレでも指輪をつけてたりするとそれだけで「俺の魅力じゃ無理っぽいかな」と思って諦めてしまうほどみんな恋に臆病です。 彼氏持ち、彼女持ち、既婚者の人にアタックを仕掛けたら色々と都合の悪い面倒なトラブルが起こりそうでそれは回避したいし、 アプローチする側としても、やはり恥をかくリスクを抑えたいものなので、恋人がいないことを宣言されると気が楽になります。

ただ、この時あまり自然体で「彼氏欲しいなー」と余裕を持ってアピールしすぎると緊張感がなく「俺には興味ないのかな」と思ってしまい逆効果になることがあるので、「休日はヒマしてるんですよ」など、あくまで一言だけ個人情報をつぶやく程度に止めましょう。 できれば、共通の友達、第三者の噂話やフェイスブック、ツイッターのプロフィールなどで遠回しに伝わるのがベストです。

・二人きりのシチュエーションに誘う

独り行動をしていて、最も声をかけづらいと感じるのは、常に友達同士グループを作ってお喋りしている人です。 女友達でいつも一緒に固まっていると、なかなか出会いのきっかけも生まれませんし、男性としては口説こうと狙っていてもアプローチできないものです。 逆に周囲に人がいない二人きりになる瞬間さえあれば勇気を振り絞って挨拶ぐらいならできるかもしれません。

運命の出会いのような縁を感じさせる人は稀に偶然二人きりになってそのまま仲良くなれるパターンもありますが、 神頼みだけでそんなにすんなりうまいこと行くことは比較的少ない。 二人きりになるには、やはり何かしらの口実を作って呼び出したり誘いださなければいけません。 学生時代によくあったパターンでは、強引に放課後教室に残ってと呼び出す、飲み会で酔っ払った時の介抱係、同じ講義を受ける時など、 社会人の場合は、お昼休みや帰宅時にチャンスがあります。

デートの場合も人が沢山いるファミレスよりも、密室空間のカラオケや個室ネットカフェなどは友達以上の関係に進展させやすい。 皆がいる前で堂々と愛を叫べるような人はあまりいないので、できるだけ 二人きりで会う機会を作れるよう作戦を練ってみよう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大