男が一緒にいたいと思う居心地がいい女

男性には自分の遺伝子を沢山ばら撒きたいという子孫繁栄の本能があるため、沢山の恋人を作りたいという欲求がある。 そんな強い願望がある中、1人の女性を一途に愛して大切にしたい、ずっと一緒にいたいと思えるのにはそれなりの理由がないと難しいかもしれない。 さらに、男は飽きっぽい性格が多く根気がないと言われる。 就職して仕事を始めても短期間ですぐに会社を辞める割合は女性より男性の方が圧倒的に多い。

特に20代前後の若い頃は刺激を求めがちで、 恋愛でも客観的に見たら美人でスタイルも良く性格も中身も完璧な女性でも、 「飽きたから」という簡単な理由で彼氏が彼女を手放すこともよくあることです。 30代やアラサーを超えた辺りから、容姿の良さや派手さより、地味目で安心感を求める性格重視に思考が変化していきます。

恋愛のポジションでは、女性が魅了し男性がアプローチする、女性は受身で消極的、男性は積極的に攻めるという流れが自然です。 本気で好きになった人、本命の相手に対しては、 間接的でありながらも女性側も一生懸命アピールすると、上手く行く可能性が高まります。

婚活パーティなどで結婚相手を探す時、相手の男性に「ずっと一緒に話していたい、また会いたい」と思わせることができれば、 相手の方から追いかけてきます。 女性の方からデートに誘ったりするのはさすがにプライドが許さないし恥ずかしいかもしれませんが、 自分磨きを通して、受身でありながらも男性を惚れさせることはできると思います。 以下の男性が一緒にいたいと思う女性の特徴や共通点を確認して自分に反省点があれば改善し、 「最後の女」になるべく努力しましょう。

スポンサーリンク

飽きない女になってまた会いたいと思わせる

・話していて面白い

「一緒にいて楽しい」というのはなかなか難しいもので、 ただ無言で二人で自宅でのんびりしたり歩いているだけで楽しい人もいれば、会話が弾むから楽しいという人もいる。 ここでは特に会話の重要性についてピックアップします。

男性の中には「喋っててつまらないから別れたい」と思っている人がいます。 正面から「お前は退屈なんだよ」なんて言わないので女性としてもわかりづらいですが、 本音として「一緒にいてつまらないからそのうち別れようと思ってる」と友達に話している酷い男がいたりします。 話すのが苦手、沈黙する時間が出来てしまう、何を話せばいいのかわからない、話題がない、など 内向的な男女の多くが悩むキーワードであり頑張れば矯正できるというものでもないので、一生これらがコンプレックスになっている人もいます。

会話の呼吸やリズム、間の取り方、波長、笑いのポイントが合うかなどは徐々に変化して慣れるということはあまりなく、 ほとんど二人の根っこの性格の相性によって決まってしまいますので気にしていても仕方ありません。 ただ、会話中に笑いながら相手の目をみて話を聞いたり、適度に相槌を打つことで無意識レベルで会話が楽しいと感じさせる心理テクニックはあるので、少し意識してみましょう。



あまりに無趣味で運動もせず世間や新しいものへの好奇心もなく、得意分野がなかったりすると本当に話題が何もなくなるかもしれません。 逆に勉強家で教養があり、趣味や健康作り、日々のニュースやトレンドなどに敏感だと自分から話題が提供でき、会話が続きやすくなります。 つまり、単純に知識が豊富だと、会話が盛り上がりやすくなるということです。

特に付き合っている彼氏とのお喋りをより楽しくしたいなら、 相手のハマっていることや熱中していることについて興味関心を持ち質問を振ってあげると嬉しそうに語りだすことでしょう。 男性は自分の打ち込んでいることについて語るのが大好きなので、御機嫌をとりたい時は趣味などの話を振ってみよう。 男は教えたりアドバイスすることが大好きなので、相手の話したいことを質問するのがコツです。

また、チャレンジ精神が旺盛でアクティブな女性はいつまでも顔や表情が輝き、男にとっても興味が尽きない存在になります。 時間に余裕があれば自分自身は彼氏が「俺の彼女は何やってるんだろう」というように疑問を持ってもらえるような新ジャンルについて 学んでいきましょう。勉強することで、自然と会話の量も多くなり深みが増してきます。 共通の趣味ができればより長続きする関係になりやすくなります。

・一緒にいてリラックスできる、落ち着く

男性が結婚相手に求めているものは、家庭が心安らぐ安息の地になることです。 会社で汗水垂らして必死で働き、帰宅した時に鬼嫁が出迎えに来たのでは毎日生きた心地がしないでしょう。 男性は心を許した女性に対しては甘えん坊であり、 疲れたときにもたれかかれるような存在を求めています。

女性の最大の長所は柔軟性であり、クッションのように衝撃を吸収する能力です。 いわゆる癒し系女子は居心地が良く、男性の不満も愚痴もありのままの姿も全て理解して受け入れてくれます。 多くの女性は男性が弱音を吐いたり、欠点をあらわにすると、引いたり馬鹿にして見下すこともあります。 しかし、癒し系女性はどんなにダメな面があっても認めて応援してくれます。 芸能人で言えば、安めぐみのように朗らかで和む女性が理想的な癒し系タイプと言えます。

・マイペースで感情表現が豊か

恋愛関係は女が逃げ、男が追いかけるとバランスが良いと言われています。 女性は愛されて幸せを感じる心理があり、 片思いで惚れこんで男性を追いかけていてもうまくいかず、 自分に告白してくれた平凡な男性と付き合うと意外とすんなり幸せな家庭が掴める。

逆に男性は、あまり好きでもない女性では妥協できず、 新しい彼女と付き合っていても、いつまでも元カノに未練が残っていたりする。

つまり、難易度が高いですが理想的な恋愛形態としては女性が男性に追わせることが求められています。 モテる女の種類には、天然系、天真爛漫で自由奔放なタイプがいます。 この手の女性でさらに背が低く可愛い小悪魔系タイプだと、超モテモテであっという間に男を夢中にさせて手玉に取ってしまう。

素直で喜怒哀楽が激しい人は、刺激が強く異性を依存させやすい性格だと言われており、俗に言うメンヘラ女性もこのタイプです。 例えば人は怒った後にすぐ優しくされると、その落差やギャップにより心が上下に揺さぶられて感情が高ぶりドキドキしてしまう。 そのことが強く印象に残り、思い出される頻度が多くなり、気になってしまい好意の気持ちが膨らみます。 アメとムチ理論のようなものです。

何でも言うことを聞いてくれるお利口さんも素直さがあって素敵ですが、 目を離すとどこかへ言ってしまいそうなふわふわした危うさを持っている女性は、 ついつい夢中になってしまう部分があります。

・ポジティブで楽観的

一緒に居て面白いと思えるのは、やはり明るく楽しい女性です。 楽しいと言ってもギャグセンスがよかったら馬鹿話をするという意味ではなく、 内面から来る明るさを感じる女性です。

例えば褒め上手な女性と一緒にいると、何でもかんでも肯定してくれるのでやる気が湧いてきて頑張ろうという気持ちになれます。 また、芯から明るい女性は男を立てる大人の余裕も持ち合わせているので、男としての自信も漲ってきます。 逆に一緒にいて疲れるのは、常にイライラしていて、誰かの悪口や批判ばかりの説教臭いネガティブな言葉ばかり出てくる人です。 「あの人は嫌い」「またあいつが馬鹿みたいなことしてる」など常に悪いことばかり発言するので傍にいると気が滅入ります。

将来結婚後に夫を支える妻があまりにも悲観的でマイナス思考では疲れてしまいます。 男も女もプラス思考で人生を楽しんでいる人を見ると魅力的に映り、経済力やお金の問題、他の諸々の条件なんて些細なことのように思えます。 どんなに弱い存在でも前向きに生きているという長所があるだけで、人生を共にするパートナーとして付き合うに値する女だと認識されます。

・贅沢を言わない質素さ

女性の多くはロマンチックな思考であり、ケチ臭い男が嫌いであり割り勘もあまり好ましく思わないで内心不満な人もいる。 デートでレストランに行くならファミレスではなく夜景が見えるお洒落なイタリアン、 誕生日プレゼントはブランド物のバックが欲しい、 ホテルに入るなら料金が高くて豪華なところがいいと甘えてしまう。

このような乙女な気持ちは、男性からすると「長く付き合うと金が掛かりそうだな」と思ってしまう。 特に結婚を考えた時、経済的に余裕がある職業に就いている男性以外は生活が苦しくなりそうな未来が頭に浮かんでしまう。 実際離婚原因でも価値観の違い、中でも金銭感覚がよく挙げられます。

男性がデート時に言われると嬉しいのは「安いのでも別にいいよ」という一言です。 男はプライドが高く見栄っ張りなので、基本的に驕りたがるし、高いものを彼女にプレゼントしないといけないのではないかと心配している。 このような悩みを吹き飛ばしてくれるとデートをしている男としては非常に安心でき、気軽にまた会いたいと思えます。

女性としてはお姫様願望や特別扱い的なものを我慢しているかもしれないので、イマイチ面白味がないかもしれませんが、 お高い女性よりも、リーズナブルで倹約できる、家計の管理ができそうなしっかりした女性の方が結婚相手としては好まれます。 実際にお金持ちかどうかは別にして、貧乏でも愛があればいいと思える異性と一緒にいたいと思うのは当然ですね。

・ごく普通の優しさ

世の中を見渡してみると、単純に優しい人って思った以上に少ないような気がします。 欲深くて他者を貶める、 ギブアンドテイクで利用価値やメリットのある人としか付き合わない、 少しでも嫌なことがあるとすぐ不機嫌になって攻撃的になる等。

しかし、このような反面教師のような人達がいるからこそ、逆に見返りを求めない無条件の優しさや母性的な女性がいるとより嬉しくなる。 辛いときにに励ましてくれたり、病気の時には看病したりメールやラインで労いの言葉をかけてくれたり、 心温まるような好意的な言葉をかけてくれる。 心の底から優しい人には、思いやりの精神がある。

男性からすれば慈愛の精神がある女性は女神のような存在で神々しいものです。 社交辞令や上辺だけ取り繕う笑顔ではなく、本当の意味で誰かを幸せにしたいと 思える純真な女性は、ずっと一緒にいたいと思えます。

・適度に頼ってくれる

情けは人の為ならずという言葉がある。 自分がした行為は自分に返ってくるという自業自得、因果応報と似たような意味です。 これは人間関係でも同じで、人は心の中に「誰かに親切にしてあげたい」という思いがある。

例えばできの悪い子供ほど可愛いというものがあり、わがままで言う事を聞かない手の掛かる子供ほど愛着が湧く。 これと似た心理で、男女共に相手から利用されることで喜びや快感を覚える。 好きな人から「肩揉んで」とか「マッサージして」と言われると、「はい」と従いその通りに行動する。 この一連の流れで、命令されてこき使われている男性側は不満を感じているかというとそうではなく、 むしろ必要とされることでより女性への愛情が膨らんでいたりする。

信頼関係は一方的に築かれるものでなく、お互いに求め合うことで生まれます。 なんでも1人でこなせるデキる女だと、「俺がいなくても大丈夫だな」と放っておかれてしまい、 浮気される原因にすらなります。 逆にお世話や援助しないといけない女性だと「俺が守るよ」といった感じで一生寄り添ってくれます。 自己中心的なわがままで振り回すのは嫌われますが、甘え上手でお互いが気持ちよいwinwinの関係が築けるとうまくいくことでしょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)