生理的に無理な男の特徴

人間には隠されている能力があり、その中には無意識の本能による直感や違和感などもある。 特に女性の嗅覚は男性以上に優れていて、自分と相性が合う遺伝子(祖先が遠い人)を判別できると言われている。 逆に遺伝子レベルで相性が悪いと生理的に無理、受け付けないと思い、アプローチやスキンシップをされると「うざい、気持ち悪い」と思ってしまう。

ただ、女性は遺伝子だけで男性が恋愛対象かどうか判断しているわけではなく、顔や服装などの見た目、しぐさや動作、態度や振舞い、元彼との比較など 総合的にアリかナシかを見極めているので、第一印象さえ悪くしなければ後はデブ、チビ、ハゲ、汗っかき、ブサイクなどでもなんとでもなるのが現実だったりする。 生理的に無理という意味は総合的なポイントで女性の中のハードルを下回ってしまった結果です。 もし女性から生理的に無理と言われたことがある男性は、対処法や改善策を知れば、逆に雰囲気イケメンにはなれたりするので、 生理的に無理と言われてしまう男性のパターンをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

生理的に無理と感じる男の特徴

・食事デートで食べ方が汚い

嫌われる食べ方の特徴としては、くちゃくちゃ音を立てるクチャラー、食が細い、好き嫌いや食べ残しをする、などがある。 女性は男らしさを求めているが美しい振舞いやマナーがある彼氏を求めているところもある。 健康でよく食べる男が好きという女性は多く少食やお酒が飲めない体質は男としての評価が下がりやすい。 また、店員に横柄な態度を取ったり文句を言うのは別れたいと思われる原因にもなる。

・下ネタを連発してくる

男も女も性欲がありますが、スイッチの入り方に違いがある。 男性は脳が下ネタへ直結して一瞬でピークになれますが、女性はムード作りから甘い雰囲気を感じ取り始め徐々に興奮度が高まる。 だから、女性を口説き落とす方法としては、手を繋ぐ、肩を抱く、髪を撫でる、キスをする、というように少しずつ攻めていくのが正解になる。

それを考えると、いやらしい言葉をストレートに口にするセクハラオヤジみたいになると幻滅される理由がわかると思います。 同棲してる彼氏や結婚している夫であっても、下品なシチュエーションを好まない女性は多い。 ノリが良いからと調子に乗っていると、もう会いたくないと思われてしまう。 少女漫画のようなキラキラ感がある恋愛ドラマの主人公になりたいのが女性の願望です。 下ネタ発言は笑顔で喜んでいるようでも人によっては軽蔑されていることがあるので注意しましょう。

・口臭、体臭が我慢できないレベル

ブス、太っている、という要素はまだ許されるかもしれませんが、 ワキガ、臭いがキツイ、のは触れるのが気持ち悪いという意識に繋がったりします。 女性は好みのタイプの範囲が男性よりもバラけていて、どんなブサイク男でも付き合うところがあるので何とも言えませんが、 おじさん臭いと恋愛対象外になってしまう確率が高くなります。病気を疑われたり、歯並びが悪いのも欠点のひとつです。

・自分の価値観を押し付けてくる

女社会は基本的に相手に合わせること、最低限の協調性が暗黙のルールの中にある。 だから、嫌いな男と話している時でも愛想笑いをするし、社交辞令で会話が盛り上がっているような雰囲気を作れる。 しかし内心、人の話を聞かないで自分の意見ばかりで自慢話ばかりする男に幻滅していることが多い。

職場の同僚、上司や部下など、あらゆる関係で女性は上から目線でアドバイスをされることを嫌う。 たとえそれが的外れではなく正論であっても、高圧的だと不快になってモチベーションがダウンしてしまう。 女性は会話に理屈を求めているのではなく、共感と楽しさを求めている。 女性を否定するような言葉は完全にNGワードで、生理的に無理だと思われてしまいます。 だから、ちょっとアホっぽいノリが良い男の方が、真面目でクールな男より断然モテる。

・デート代をケチる男

女性はデートに関してはロマンチックな非日常を味わいたい、特別扱いされたいというお姫様願望が強い。 だから、ディズニーランドや水族館、イルミネーションなどで恋愛ムードに浸りたいという心理があり、 ドキドキして興奮するためにはいくらでもお金を支払ってもいいと思っている。 しかし、これらのデートスポットは男性からすればただ単にお金が掛かりコスパが低いだけで面倒くさいとゲッソリすることでしょう。

また、食事デートなどでは、1円単位で割り勘をしたりすると女性は現実的思考に引き戻されてしまう。 一度冷静になって考える時間を与えてしまうと「こんな小さい男と付き合うのはつまらないわ」と幻滅されて別れることになる。 初デートや女性が気合いを入れている時など、全額奢る必要はないにしせよ、多少の出費をケチってムードを壊すとデートが失敗に終わり二度と会ってくれなくなったりします。

・清潔感がない外見

男性は女性の顔を中心にスタイルなどをチェックして好き嫌いを判断する傾向がありますが、 女性は男性を全体的なルックスや雰囲気で友好関係を築くべきかどうかを考えます。 見た目の第一印象で生理的に受け付けないと思われたら中身の性格を知られる前に興味を無くされてしまいます。

特に女性は清潔感を重要視していて、不潔でだらしない男を好きになるのはよっぽどのB専だけです。 具体的な例としては、無精ヒゲや青ヒゲ、泥で汚れた靴、手入れされていないボサボサの髪、爪が伸びていたり爪にゴミが溜まっている、使い古したヨレヨレのシャツ、ハゲ、デブ、汗っかきなど。 金髪でアクセサリーをつけてチャラチャラしすぎで軽そうな外見もウケが悪いことがあります。 女は男に少女漫画の主人公のような爽やかな綺麗さを求めています。できるだけその期待に応えられるような中性的な見た目が好まれます。

・話し方のペースが合わない

容姿はイケメンでも初デートで女の子に振られる口下手な男が結構いたりします。 その原因は会話で信頼関係を構築できていないことです。 女性はお喋り好きな生き物で、会話が盛り上がらない人とは絶対に仲良くなれないと言う人が多いです。 会話が成立しないコミュ障、会話が噛み合わない男は第一印象が良くても急に冷めるのです。 簡単に欠点をまとめると、質問力とリアクションの不足が女性を不満で退屈にさせる理由だと思います。

また、話が弾むかどうかだけでなく、ナルシストで自慢話が多かったり、喋る時に唾が飛ぶ、笑い方が気に障るなどの特徴があると、 生理的に無理と判断されることもあります。 女性は会話の内容なんてどうでもよく理屈抜きで会話を楽しみたがるので、しぐさや態度、アイコンタクト、笑顔、相槌などの身振り手振りをオーバーリアクション気味にして、楽しそうで真剣に話を聞いているという様子をアピールするだけで女性は満足して気分よく話してくれるようになります。

・神経質すぎる

潔癖なタイプの男性は細かい性格で変なこだわりがあるので、ことあるごとに色々と小言を言ったり指摘してくるという。 部屋が汚い、埃が溜まってる、物の置き場所が違う、トイレのフタの開け閉め問題などもよく聞く話です。

この手のすぐにイチャモンやツッコミを入れたくなる男は、そもそも共同生活に向かないタイプで、同棲や結婚をしたらかなり疲れる男かもしれません。 女性からするといつもイライラしているように見えるので安心感も少ない。 男は寛容で包容力がある器の大きい人が好かれる。言い換えればいい加減で適当な男ほどモテるのです。

・オタク趣味をしている

最近ではオタクな趣味も一般人に受け入れられるようになってきてますが、一昔前は2chを見ているなんて言ったら軽蔑されたり変人扱いされるような時代もありました。その名残は今も案外残っています。

女性は男性のインドア系の趣味は引きこもりがちでダサいというイメージを持っています。だから基本的には外に出るアウトドア系やスポーツの趣味の方が圧倒的に女ウケします。合コンや婚活などでは「ネットが好き」とプロフィールに書くと大抵は毛嫌いされます。 人間の本能は原始時代から大して変化していないと言われており、異性に対する魅力もやはり体力的に優秀で健康な方が好かれ、逆に病弱で弱そうな特徴を持つ男は嫌われます。

女性は生理的に無理な男でも付き合うことがよくある

女性は感情の生き物と言われており、理屈とは別に情緒で行動を起こすところがあります。 頭では年収が高くて高身長でイケメンが良いだとか、清潔感がない人は無理とか考えていても、 いざアプローチされたり告白されてドキドキさせられると、その夜には一緒に寝ていただとか、交際して結婚まで行くこともあります。 ただ、やはり第一印象が悪いのを挽回するのは難しいので、できるだけ一目見て生理的に無理、受け付けないと思われない努力をするのは女にモテるためには大切な要素、自分磨きです。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大