女性が好きな男性にとる態度、行動をよく見よう

女性の心理は複雑で片思い中で好意を持っている人に対しても露骨なアプローチや意思表示をあまりせず、 冷たいそっけない態度をとりつつ遠回しの脈ありサインやしぐさで愛情表現をするツンデレタイプだったり、 脈なしでも笑顔でお世辞や社交辞令を言う八方美人タイプもいたりで、本音の気持ちや恋心が読みづらい傾向があります。

女性は男性よりもコミュニケーションの微妙な駆け引きが激しいので、よくチェックして好き嫌いを判断しておかないと、 思わせぶりな小悪魔系女子に勘違いで口説いたりデートに誘ったり告白して撃沈してしまうこともある。 そのためにも、ある程度好意の見分け方を把握し、好意を示すサインを見逃さないようにしたい。

もし女性からの不明瞭でわかりづらいアタックを好き避けしたりぼーっとしてスルーしてしまうと、 「私には魅力がないのね」と自信を喪失して、 最初は好感触で愛想が良かった女性でも次からは何もしてもらえなくなるばかりか、 片思いだったとしても一気に恋愛の熱が冷めて嫌われてチャンスを掴み損ねてしまうこともある。 気づかないうちに振られるという現象が起こってしまいます。

友達以上の関係、彼女にしてもいいレベルの人から迫られたら、 しっかり話を聞いてあげて、尚且つ適度に褒めてあげると、 自分の行動や感情が肯定されたことになるので、 苦労した甲斐があるというもので、能動的に動いてうまくいったドキドキ感、快感が忘れられずより好きになってくれます。 気持ちの確かめ方を知るだけでなく、その上で実際に恥を覚悟でアクションを起こせる心の準備を日頃からしておきましょう。

スポンサーリンク

女性が好きな人にするしぐさ、脈ありサイン

・アイコンタクトが増える

女性は男性に比べると相手の目をまっすぐ見ることが少ない。 その理由は、相手を凝視するのは愛情表現であると同時に敵意を表すしぐさでもあるからです。 女性は普段男性を怒らせないように自分を抑えながら生活しています。

自分から見る男性としてイケメンなどの「魅力」だけでなくブサイクでも「清潔感」「愛着」のようにリラックスできる要素、優しい雰囲気があれば、視界に入りえるのです。 つまり、ガン見されたり、見つめ合う頻度や回数が増えるということは、アタックすればほぼ間違いなく親密な関係になれます。

無表情な男性に比べ感情表現豊かな女性は興味関心がある人を見ているときは、目を大きく見開いて瞳孔も大きくなり、 目がキラキラ輝いて見えるほどです。明るく社交的な女性ならきっと口角が上がり笑顔になっていることでしょう。 また、恥ずかしがり屋の場合は、目を逸らしたりチラ身や横目で何度も見てくるかもしれない。

目を逸らす時の方向としては、斜め下に俯き加減に逸らす時は好意や従順さを表し、 横や上方向に逸らす場合は興味がないというサインである確率が高い。 また、目を合わせてくれないのは、照れているか関心が薄れてきている証拠です。

目を見つめられているのに誘ったら拒否されるということは比較的少ないです。 普通とは違う異様な熱視線を感じたら、脈ありだと自信を持ちましょう。

・話しかけられたり質問が増える

女性にとって会話は他のどの遊びにも勝る娯楽であり、 お喋りをすることは人生最大の喜びです。 会話の発言権を相手に渡すパスを出すのは「あなたに興味があります」という好意の意思表示であり、 ある種の特別扱いです。

女性にとって、コミュニケーションを持続させること=好意の表れと言っても過言ではありません。 「彼女いるの?」「趣味は」「休みの日は何してるの?」などプライベートな内容の質問攻めにあったり、 自分から言葉を投げかけてくるようなら親しみを感じていることでしょう。 嫌われていたり無関心だと、忙しいとか用事があるとかなんだかんだダメな理由や言い訳を並べて、 会話を中段させて煙に巻こうとしてくるのが女性全般のノーの意志表示の特徴、共通点です。

これは、メールやラインでも同じことです。 女性は基本的に相手からのメッセージに返信するだけで滅多に自分から理由も無くメールを送ったりしません。 メールやLINEで他愛無い雑談ができる関係であれば、それは既に友達以上恋人未満であり、 いつ恋人同士に移行してもおかしくない状況と言えます。

男性の実感として、女性からバンバン好感触の質問をもらうことは少ないことはよく理解できると思います。 通常はそんな辛く悲しい現実があるのにもかかわらず、自分のことを知ろうとしてくれる女性が現れたら、 それは長期的に大切にするべき異性であるのではないかと思います。

・髪の毛をよく触る

髪は女の命であり、髪の毛を触るのはほとんど女性特有の仕草です。 このしぐさは心理的には、緊張、落ち着かない、退屈、ただの癖、頭を撫でられたいという隠された願望の代償行為、 などの意味合いがあります。 こちらを見ながら後ろ髪を撫でたり耳にかけたり、一緒に歩いている時に髪を掻き分けたりバサバサと広げるように触るのは気がある確率が高いです。

また、退屈さというのは、目の前の相手に現状を打破するような刺激的なアクションを起こして欲しいという 期待の表れでもあります。 ただ、罠としてただ単に癖や自己愛がナルシストでも常に髪を触る女性がいるので、それを見極めるのは難しいです。

・近づいても逃げない

物理的な距離=精神的な距離であり、近づいても離れない場合は親しみや安心感を抱いており、 ボディタッチや触れ合いを求めている、恋愛関係を進展させたい状態とも受け取れます。 特に女性は男性との距離に敏感に反応し、 無意識に相性が良い男性にはほとんど自覚なく近づいています。

逆に嫌悪感を覚える心を許していない相手に対しては、一歩近づかれると、一歩後退して腰が引けるような姿勢になります。 これはキスしてもいいかどうか確認したいときに使えるテクニックです。 頭や手、肩、腰などを触りながら顔を近づけても拒否されなければ、強引にキスしても恐らくは嫌がられません。 それほど、相手との距離は好き嫌いの重要な指標になっています。

二人で並んで歩いている時に手と手が触れ合うぐらいに近づくレベルだと、本能的には相性が抜群と言えます。 しかし、実際に結ばれるかどうかは理性が介在するし、その時の対応にもよるのでまた別なので 、スキンシップやボディタッチでテストしてから行動を起こすと相手に心の準備をさせることができて安全です。

・二人きりになる誘いをしてくる

これは5人に1人の割合で存在すると言われる非常に積極的な肉食系女子特有の行動で、 ほとんどの受身で大人しい消極的、内向的な女性はそうそうしてきません。 女性はストレートにデートに誘ったり好きと宣言するのは苦手ですが、 オブラートに包んでワンクッション置いた曖昧なアプローチをするのはなぜか得意です。

「今度勉強教えてよ」「漫画貸して」、学校や会社の同僚の場合は「一緒に帰ろうか」とフレンドリーに一緒に活動できる誘いをしてきます。一見友達のように装って、好きな気持ちがバレないように話しかけてくるので、鈍感な男性だと 「誰とでも仲良くできる人なのかな」と八方美人だと思ってしまいがちです。 しかし、実際は一生懸命努力して傍にいる口実を作ってくれています。

普通女性は興味が無い男が相手だと「皆で遊ぼう」という風に他の友達などを巻き込んでデートの誘いを拒否するので、 二人きりの関係を望む場合は9割脈ありです。 こんな熱意あるアプローチ、女性からのokサインを見逃さないようにしたいものです。

自宅やカラオケデートなど、スキンシップができる密室空間への誘いに応じてくれるのも完全に好意の表れで、 抱かれてもいい、キスしたい、体を許してもいいかな、なんてぼんやりと思っているかもしれません。 家への誘いに乗ってくれるのは男慣れしていない自分から行動を起こせない内向的でインドア派タイプの女性だったりします。

・会う時オシャレをしている

服装やメイクに気合が入っている女性は、現状を変えるべく前向きにチャレンジしようとする姿勢があります。 特に狙っている男性との初デートでは、街中にいる普通の女性よりも断然綺麗でセンスがありファッショナブルな格好をしていて、中には高価でキラキラ輝くアクセサリーを身につけてくる女性もいる。

二人きりではなく、グループで新年会や忘年会、飲み会をする時、服のコーディネートに頑張りを感じる時はその仲間内にターゲットがいるのかもしれません。 逆に彼氏持ちや既婚者の女性は、すっぴんでTシャツにジーンズなど、お化粧や服装に気を遣わず適当だったりします。 現状に満足していたり変化を好まない心理状況の人は、ファッションが地味で目立たないものになりがちです。

・猫かぶりモードになる

女性は好きな男性の前では普段とは違う顔を見せます。 結婚前は文句のひとつも言わなかったのに、結婚後はすぐに暴言を吐いたり暴れたりと豹変する女性は多いという。 良くある変化の例としては、しおらしくなる、ぶりっ子みたいに甘えだす、可愛い子ぶる、声がワントーン高くなり猫なで声になるなど。

普段どのような振る舞いを知らなければわかりようがないですが、 同性同士ではうるさいキャラなのに、話しかけると静かで丁寧になったりするのは、 異性として意識しており、有象無象の男達とは違う一定の緊張感が存在しているからです。

初対面から間もない女性や、ネット恋愛で知り合ったメル友などの場合は素や自然体が見分けづらいですが、 いかにも女の子っぽい性格を感じたら、好意はあるものの「演技」している可能性を視野に入れておこう。

・持ち上げる言動が増える

女性は基本的に慈愛の精神があり表面上は誰にでも優しく接してくれるし包容力もある。 しかし、露骨に男性を褒めることはあまりない。 男性を持ち上げ、褒め言葉をかけるのは相手を認めている好意の証です。

皆さんもどこかで見たことがある後景だと思いますが、 イケメンや格好いい男に対して女性はリアクションが激しく、何をしても嬉しそうにはしゃぐ。 「ウケるー」「面白い」「かっこいい」など素直に褒めます。 また年上年下など上下関係があると尊敬や憧れの対象になりやすく、「すごーい」と言われる機会が増える。

自分を肯定してくれる女性がいたら、調子に乗ってどんどん自信満々にかっこつけてしまいましょう。 女性も男性の堂々とした大人の余裕のある姿に魅力を感じるものです。

・わざと嫌がらせをする

女性は片思いしたり気になる男子がいると恋愛感情があるかどうかチェックするためか、しぐさや態度、視線を向けたりして鎌をかける行為をしてくることがあります。 目の前で他の男の名前を出して嫉妬させて反応を伺ったり、メールの返事をあえて遅らせたり無視してみたり、 あえて冷たい態度で接してみたり、学校では配られる用紙を回さないでキープして困らせたり、一見「うざい」と思える攻撃をしてきます。

これは全て「私のことを愛しているか」本心が知りたいという確認作業です。 怒らせるようなことをしても許してくれるか、わざと危害を加えて、自分に注目して貰いたいなどの心理が含まれてます。 これはまさに「女らしい」と呼ぶに相応しい好きな人に甘えたい欲求です。

・誠実さをチェックする

女性が本気、本命の彼氏候補として認識している片思い中の相手の場合は、浮気をするかどうか、本気度を確かめようとしてきます。 「彼女はいるんですか?」「他の女の子にもしてるんでしょ」「モテるでしょ」など、 本命かどうか、付き合ったら大事にしてくれるか不安になると出てくる質問です。 つまり、これらは全て将来結婚、結ばれた後のことを想定しているものなので、好意の表れだと思われます。

男性側としてはチャラい男だと思われるのは損になりやすいということです。 周囲を見ると、臭いセリフを平気で吐く男は彼女が途切れない傾向があります。 それは女性の望むずっと一緒にいてくれる人ということを言葉によって確信できるからです。 女は愛するよりも愛される方が幸せです。

ロマンチックでとろけるような口説き文句で押すことができれば、意外と落とされてしまうのが女性というものです。 それは誠実でまっすぐなアプローチが最も心に響くからです。

女性が好きな人にとる態度、行動は遠まわしな表現

女性は男性と友達になる他人状態では中々自分から声をかけてくる人はいません。 しかし、こちらに気があれば何かしらのモーションを仕掛けてくる可能性は非常に高く、 それが好意のしぐさや脈ありサインとなって表面化します。 しかし、男性のように直接的な表現アプローチをしてくる積極性を持っている女性は少なく、 あくまで友達のようにフレンドリーな雰囲気で語りかけてくるので本心が読みづらい。

職場や学校など同じコミュニティに属している時の女性は仲間意識があってか心を開くのが早いですが、 共通点が少ない男性に対しては控えめで消極的です。 女性は遠まわしに好意を示してくるので、女性心理を理解し洞察力が鋭くなければOKサインに気づくのは難しいかもしれない。そして、結局のところその後には自分から勇気を出してデートに誘ったり連絡先を教えてもらわなければ、 縁が途切れてしまう。

可愛くて魅力ある若い女性はもじもじしてる間にすぐライバルに取られてしまいます。 少しでも好きな人が自分に興味関心を持っているようで、こちらも気になる女性だったら、善は急げで失敗を恐れずにすぐにアタックしてしまいましょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)