男に無視される面倒くさい女の特徴

男女ではコミュニケーションの仕方や好みの傾向で異なる部分がある。 男女差の特徴としては、女性は共感を求めて会話をし、男性は目的達成のために意思伝達をするということです。 女性としては仲良くなるための雑談でも、男性からしたら中身がないと思われてうざがられたり、 逆に男性から無駄に凝った知識を披露されても、女性としては面白くないつまらない話に聞こえる。 男女の違いを意識していないと相手の心理を理解できずイライラしたり険悪になる原因になってしまう。

男性が女性を恋愛対象外にしたり避けたくなる理由は大抵、コミュニケーションの取りすぎで「重い女」だと思われることにあります。 また、初めから遊びの女で本命としての好意がない場合も面倒くさい女認定されて付き合いたくない、別れたいと思う。 付き合う前の片思い中の好きな人や彼氏からフェードアウトされる女性は、相手を困らせる言動をしている可能性があるので、 面倒くさい女の特徴、共通点に当てはまってないか診断してみましょう。

スポンサーリンク

面倒くさい女の特徴、原因

・上から目線でアドバイスしてくる

本当に相手のことを思って助言をしたり励ましてくれるなら良いですが、 自分の承認欲求や必要とされたい願望を満たすためだけに、男性の相談役になりたがる女性がいたりする。 この種のタイプは人を束縛して管理しているのを楽しんでいるだけで、付き合っていてもメリットがほとんどない。 プライドや自己評価が高く、日常に不満を感じているとコンプレックスからこの性格になりやすい。

会社、職場、学校でもやたらケンカ腰でダメ出しをする人には本当の意味で優しい人格者は少ない。 特に男性は仕事に関しては女性に首を突っ込まれるのをあまり好ましく思わないです。 男性の特徴としては、仕事で忙しい時や悩み事がある時に「放っておいてほしい、一人になりたい、誰とも話したくない」という感情が芽生えるタイミングがある。多忙な時期に下手なアドバイスをすると冷めたり嫌われる可能性が高いので注意しましょう。 逆に賢いモテる女は、子供のふりをした大人なので、知識自慢をせず天然でおバカな演技をして男性を喜ばせることができるものです。

・構ってちゃんで無意味に話したがる

一度気を許して友達だと思うと、ずっと話したがる女性がいます。 もちろん多くのモテない男性は嬉しいですが、やはり人間同じことばかりされるとありがたみが薄れてくる。 マシンガントークで一方的に喋りすぎて、自分の話ばかりで人の話を聞かない女性は構うのが面倒くさくなってきます。 毎日深夜の長電話や中身のない雑談に付き合わせると、男性、彼氏も疲れてしまいます。

・リアルでツンデレな性格

二次元やアニメの世界ではツンデレの女キャラは大抵美少女で可愛いものですが、 現実のツンデレキャラは忍耐力がないと交際を続けることは難しい。 最初は攻撃的で文句をつけてきたリ否定的な言葉をぶつけてくるので、 すぐ怒る短気な男性にこの段階で愛想を尽かされてしまうと、デレの面が見える前に関係が終わってしまう。

恋愛体質の女性なんかはケンカをするほど仲良くなれると思っていたりすることもあるけれど、それは非常に依存度が高い人間関係の形なのであまり男ウケはしない。 男性心理は基本的に日常的に仕事で疲れていて癒し系女性を求めているので、サバサバ系や刺々しい毒舌は相手するのが面倒くさいと思われる。

・本命彼女として付き合いたがる

一部のハイスペックなお金持ちのイケメンやナンパ師などの遊び人のモテる男限定ですが、本気で好きになって真剣な気持ちで愛の告白をすると、面倒くさい女だと思われて縁が切れるタイプの男が稀にいます。 世の中のカップルや夫婦でさえも、本当に両思いで理想的な彼氏、彼女と付き合っているケースは少なかったりします。

だから、親密な関係だったとしても、体の関係だけでそれ以上深くは付き合いたくないという場合は、 「付き合って」「結婚して」と彼氏やデートしている男性に本命彼女宣言をさせようとすると振られることがあります。 下心だけで都合のいい女として遊ばれているなら、新しい出会いに積極的になるためにも早めに別れるのが正解なこともあります。

・暇人で連絡頻度が多すぎる

一般的に男性は人生の大半を労働の時間に割いている。 だからこそプライベートな時間をできるだけ無駄にせず一人で穏やかに過ごしたいと思うことがある。 一人で勉強や物事に打ち込んだり、趣味に夢中になっている時は集中力やモチベーションが高まっている時間です。 そのようなタイミングで女性から連絡が来ると、自分だけの時間を邪魔されてイラッとすることがある。

女性は一度好きな男性ができると依存しやすく、電話やメール、lineなどで連絡を取りたがる。 すぐに返信を欲しがったり、lineの回数や間隔が狭い、既読無視や既読スルーを問い詰めたりすると面倒くさい女だと思われるのは間違いない。 男性は自己中でマイペースな性格が多いし、人から命令されたり行動を制限されるのを嫌う。 連絡頻度が多いのは貴重な時間を奪う行為でもあるので、仕事で忙しい時や休日のリラックスタイムなどに連絡しすぎると、 振られる原因、距離を置かれる理由になることがある。

・自意識過剰で警戒心が強い

こちらはまったく意識していないのに、敵意をむき出しにしてくる変わった人がいる。 男性にトラウマがあるのか、人間不信なのか原因はわからないけれど、何もしなくても身を固めている雰囲気がひしひしと感じとれる。 ちょっと目が合っただけで「嫌だ」「狙われてる」「見られてる」と思い嫌な顔をするように大げさな反応をするので、 職場や会社にこの種の女性が存在しているだけで扱い方が非常に面倒くさいと思われる。

言葉に出さないならまだマシですが「キモイ」「無理」と口に出すのはさすがに大人の女性としてはモラルがゼロで平気で失礼な態度を取るので人間的に失格でしょう。 男性心理としては「お前なんかに手を出すかよ」と言いたくなるような容姿がイマイチだったりブサイクな女性ほど無駄にガードが固く気が強いものです。

・オタク趣味を主張してくる

私もオタク気質なのであまりキモオタに偏見はありませんが、女性のオタクはやはり性格的にどこか偏っていて自己主張が強いわがままなタイプが多い。 いかにも腐女子が好きそうな趣味が好きだと主張して価値観を人に押し付けてきたリ、恋愛に対してはいわゆるミーハーで男の顔やスペックに無駄に厳しく、好きなタイプに二次元のイケメンキャラを挙げてきたリと非常に鬱陶しく面倒くさい。理想の彼氏像が高望みなので、 デートに誘ってもOKをもらえる確率が非常に低い。

悪口に聞こえるかもしれませんが、やはり女性は恋愛が人生の中心なので趣味の世界は男性に比べると、ひとつの物事に本気で夢中になることは少なく、高確率で「ニワカ」と言える。 ジャニーズやアイドル、アニメや漫画などの二次元、どれをとっても男性の情熱と比べるとどうしても劣って見える。 さらに男性よりもハマっている好きな事の物知り自慢をしたがる傾向があるので話し相手としてもイマイチ感があったりする。

・気分屋で行動や態度がころころ変わる

女性は元々生理の周期の影響で体調や感情の波に変化が起こりやすく、ヒステリックで不機嫌になる時期があったりする。 また、ちょっと前まで好きと言ってくれてて付き合う直前まで恋愛が進展していたのに、急に一切連絡が取れず会ってくれなくなるということも急に振られるあるあるです。

精神的に不安定なメンヘラっぽい女性は一緒にいるだけでこちらも疲れてくるし、なんとなく浮気しそうで信頼できないので結婚を前提にした彼女にはあまりしたくないかもしれない。 都合が悪くなると被害者ぶって泣く、些細な事でキレる、機嫌がいい時と悪い時の差が大きい、よくデートの約束をドタキャンするなどの特徴があると、面倒くさい女だと思われる。

・デートで行く場所の要望が重い

男性は女性とキスしたり触れ合っている時がデートのピークであり、それ以外の行動については結構どうでもいいと思っていたりする。 しかし、女性はデート全体が料理のようなもので、全部がロマンチックで満足したいという願望がある。 簡単に言えば女性の方がデートに対する期待度が高い。

具体的に男性が重い女だと思ってしまうデートスポットは、ディズニー、プラネタリウム、水族館、高級フレンチやイタリアン、その他各地方で有名と言われるようなデート場所です。 男性は付き合っている彼女にはできるだけコスト(お金、時間、労力)を掛けたくない。 多忙でストレス過多な男性ほど本音としてはこの傾向は強いので、休日は自宅、家で二人きりでまったりダラダラ過ごしてリラックスできるのを望みます。

・何でもかんでも人にやらせようとする

女性と言えばどちらかと言えば彼氏に尽くすタイプの方が多いですが、中にはわがままで女王様気質な人もいます。 自分の都合優先で遊ぶ時間を指定したり、職場では人に仕事をやらせてばかりで文句を言ったり、 奉仕精神が皆無で、男性にサービスやプレゼントを要求するばかりの「マグロ」であり一緒にいてつまらない女になりやすい。

特にデート代を割り勘ではなく奢らせたがる女性は基本的に上から目線で性格が歪んでいる可能性が高い。 モテる女は男性を頼りにして褒めたり気分良くさせた上で甘えますが、このタイプの女性はプライドが高く上下関係を作り自己中心的に命令して男性を従えたがるので嫌われます。

・ネガティブな性格のメンヘラ

自己評価が低すぎる女性は扱い方に困ることがあります。 自虐はするけど貶されたりいじられるのは嫌いだったり、褒めてもリアクションが悪かったりして、自分に自信がないことが原因で男女関係が進展しづらい独特の喪女っぽい雰囲気が漂っている。

また、さらにマイナス思考が言葉に出てくるタイプのメンヘラだと、人の欠点を批判する、不幸話をする、成功者を嫉妬する、同情を誘おうとする、 人の欠点ばかり批判する、不幸話をする、同情を誘おうとする、 携帯電話を覗き見たり嘘や浮気を疑う、など、ことあるごとにケチをつけてくる。 自分は何も挑戦しないのに人がちょっと目立つ行動をすると悪口や陰口を言うのが癖になっているという人は、想像以上に周りに悪い影響を与えていて人が離れていくので早めに気づいて改善するべきでしょう。

・何かと元カレと比べたがる

恋愛経験豊富な女性の中には、何の気なしに元彼の話題を出したがる人がいる。 過去の恋愛経験を自慢することによって、自尊心を満たし男性よりも優位のポジションに立って主導権を握りたい無意識の心理があるのかもしれない。女性の過去の男に関する恋バナは男よりもドロドロしてることが多く男性を嫌な気持ちにさせる可能性が高い

成熟した大人の男性は女性が男性遍歴があることにも理解して我慢できますが、20代前後の若い男性は昔付き合っていた男の話を嬉しそうにする女性を見て嫉妬心で恋愛感情が冷めることがあります。 付き合っている彼氏に対しても、よっぽど質問されない限り自分から昔の男の話をするのはNGだったりします。

面倒くさい女は一緒にいて癒されない

男性は女性に安心感や癒しを求めている。 ずっと一緒にいたいと思うのは、ハラハラして落ち着かない女よりも、のんびりして信頼できる優しい女性です。 一度面倒くさい女だという第一印象を持たれると、それ以降は避けられた理無視されたりして挽回するのが難しくなる。 男女の距離感は温度差を察知することでバランスを調整しないとギクシャクします。 特に男性が面倒だと思うパターンは、コミュニケーションの頻度が多すぎることがほとんどで、このことは頭に入れておくべきでしょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大