結婚できるか不安な男性の理由、心理

現代人のライフスタイルはどんどん多様化しています。 昔は結婚して子供を作らなければ変人のような扱いがあり、今でも地方の一部ではこの価値観があります。 しかし、現在は一生独身の男女が増加しており、子なし夫婦、内縁関係のカップルも当たり前になってきています。 「結婚しない」あるいは「結婚できない」という選択肢が日本人の半数に当てはまる時代になっています。 結婚して家庭を持つのはお金持ちや裕福な家庭だけという認識が広がったりもしています。

30代、40代、アラサー、アラフォーで結婚に不安や焦りを感じている男性は、 自分が結婚できないのではないかと疑心暗鬼になっている心理があります。 この不安を消す、解消するためには、男性は行動力を上げて女性に積極的にアプローチするようにし、また女性側は結婚に対するハードルを低くして、男性に安心感を与える必要があるかもしれません。 女性が結婚への不満を語ったり、メディアでセレブな結婚観を垂れ流されると、男性には大きなプレッシャーになります。 彼氏が今の彼女なら一生守ると約束できると言えるように、男性だけでなく女性側も人間性を磨く必要がありそうです。

スポンサーリンク

男性が結婚に不安を感じる理由

・年収が低くて家族を養っていけるか不安

男性にとっては結婚は責任重大なもので、自分の給料で家族を養うことができるか、一生やっていけるか常に頭を悩ませています。 ちょっとネガティブ思考で将来が不安になると、保守的になって結婚に踏み切れない男性が大勢します。 実際は年収200万以下の安月給、貧乏でも贅沢しなければ全然暮らしていけるのですが、 彼氏の年収が低いと結婚したくないだとか、常套な職業の仕事、学歴を求められていると、高収入の自営業や社長、公務員や一流企業勤め以外の平凡な会社員の男性は結婚に尻込みしてしまう。 女性は妊娠、出産で仕事を一時的に辞めて家庭とキャリアを両立するのはシビアであり、経済的、金銭的に豊かな彼氏を結婚相手の条件に挙げていて専業主婦願望が強い。

お金の問題は、金銭感覚が合う合わないかが重要な問題であり、実際に高収入か定収入かは普通に生活する分には大したことではありません。 ギャンブルや投資のハマり具合でも、許容範囲かどうかは人によって全然違います。 彼氏がこの彼女とは結婚が考えられないと思う特徴としては、浪費家で金遣いが荒く無駄遣いすることが挙げられる。 ブランド品を買い漁り旅行に行きたがり、貯金できない体質の彼女を見ていると結婚後に円満にやっていけるか不安で仕方がなくなります。 だから、若い頃は派手で目立つ女、結婚相手は地味で控えめ、素朴な女性を選びたがる傾向があります。

・職場に出会いがない

結婚相手に出会った場所ランキングでは、1位が会社、職場恋愛、2位が学校、学生時代の知り合いとなっている。 彼女がいない独身男性が、同性しかいない職場に勤務していると、自分から積極的に出会いを探さない限り嫁候補が一向にできない。 転勤族や地方で若い人が少ない場所に転職すると、異性と恋愛関係に発展するのが難しくなるのが結婚できるか不安になる理由です。

この環境に置かれた男性は、お見合いや街コン、婚活パーティなどに活路を見出すのですが、モテる男としての恋愛力やコミュニケーション能力が磨かれていないため、恋愛関係があまりうまくいかないことも多い。そうして婚活疲れや女嫌いとなり、一生独身の道を歩むことになったりする。 出会いそのものの母数を増やす努力をしていない男性は、どんどん不安になっていく。

・30歳になって恋愛を諦めてしまう

女性と比べれば男性は年齢的なハンデはないものの、見た目の若さの個人差は相当のものであり、 ハゲやチビ、老け顔をコンプレックスに感じている男性は、三十路でおじさんと言われたり見た目の劣化でさらに焦りを感じてくる。 そして、人間の体は精神面に深い影響を受けるもので、女性に対する気力や興味がなくなると肌や体の張りも失われていき老け込んでくる。

若い学生の女性を見ても、年の差があるので「自分では無理だ」と結婚できない原因は年齢の問題だと思い込む。 実際のところ、何歳でも全く関係なく10歳差、20歳差でも生涯を共にするパートナーになってくれる人はいたりする。 「どうせ俺に彼女はできない」という勘違いがかなり強くなってきて恋愛に消極的になると、予言の自己成就の心理で自分の予想通りの未来になってしまうのです。

・彼女と性格や体の相性が悪い

20代30代ぐらいのある程度の大人になってくると、彼女がいるのに結婚話にはならないという付き合っているかどうかよくわからない男女の話が出てきたりする。多くの人はどこかで妥協して結婚をするのですが、どこかで愛されていないと感じたり愛情が冷めるような要素があると、 惰性で交際を続けるという状況になっていく。

性格面では彼女がわがままだったり、価値観が合わずにイライラする瞬間があったり、愛情表現が少なかったり、よくケンカや言い合い、別れ話が出たり、体の相性が良くないと思っていたりすると、結婚を決意することができない。 世の中のカップルや配偶者は理想の相手と巡り合っていることは稀で、不満を感じながらも付き合っていることが多い。 完璧主義者の男性は、彼女と少しでも自分と合わない要素が見つかると、すぐに別れたくなるので、欠点や嫌な部分が見つかるとそれが理由で結婚できないことが多々ある。女性としては彼氏の趣味や態度にある程度は合わせることが求められるかもしれません。

・自由な生活が制限される

実家暮らしから一人暮らしになると、自分が今までどれだけ縛られた生活をしていたか実感できます。 そして男性は割と自分勝手な性格の人が多いので、女性と長い間一緒に過ごすことにストレスを感じるタイプがいたりします。 たとえ好きな人でも、同棲したり同じ屋根の下でずっと一緒にいるとイライラしてきたり、一緒に同じ布団で寝られないとか、 一人になりたがる場面が出てくる。

女性と一緒にいるのが面倒くさいと思ってしまう男性は、付き合っても長続きしなかったり、なかなか結婚を決意することができない。 特に男性を束縛したり、外に出て遊びたがる彼女の場合は、デートが苦痛になってきたりもする。 純粋な一人暮らしができなくなることへの窮屈さが嫌だという男性は、結婚に向かない男とも判断できます。 実際独身生活を謳歌しているのは自由な人生を望むフリーター気質が多いです。

・顔や体の悩み、健康面で自信を無くす

身体的なコンプレックスや病気は他人からしたら過小評価されがちですが、自分の意識としては非常に心理的負担になります。 ブサイクだからモテない、イケメンじゃないと女に相手にされない、太っているから口説いても無理、 というような諦めの境地になってしまっている男性が沢山います。 実際にこれらの特徴を持つ男性が嫌いな女性もいますが、全く気にならないという女性もいる。 美女と野獣カップルはいくらでもいるので、実際のところ恋愛は夢と希望に溢れている。

自分に自信がない弱気な男は女性が最も嫌う頼りないタイプの人間性なので、ハッキリ言ってしまえばよろしくない。 マイナス思考だと両思いの異性がいるのに、アタックできないでチャンスを逃すようなシチュエーションも発生しやすい。 自分が辛いと思っていることでも他人からしたらあまり興味を持たれていなかったりします。 特に男性は自分に自信を持てなくなったら成功する可能性が無くなってお終いになってしまいます。 根拠のない自信でもないよりはあった方が全然良いのです。

・もっと可愛い子と付き合いたい願望

男性は複数の女性と付き合っているモテるイケメンなどは、一人の女性に絞るよりもできるだけ沢山の異性と遊んで独身を謳歌したいと考えます。 また、初彼女で本当にこの人でいいのかと悩むこともあります。 他にも元カノ、元カレが大好きで、今の彼女はあまり好きじゃないこともあるでしょう。 ハイスペックでモテる男性ほどこの悩みは尽きないもので、 上位10%の独身男性が女性の大多数を独占している現状があったりします。

人は比較対象が増えれば増えるほど迷い、後悔し、幸せになれないという科学的なデータがあります。 そういう意味で、浮気性なイケメンと付き合っている女性は一生付き合うパートナーになれるかどうかというと、かなり確率が低くなります。 彼女が途切れないで美人や可愛い子をとっかえひっかえしているイケメンやナンパ師と付き合っている女性は、あまり夢中になって本気にならないように注意した方がいいかもしれません。

・彼女の両親と気が合わない

旦那側は妻側に比べて両親との付き合いはそれほど重要視されませんが、 実家暮らしで両親との同居をする場合や、結婚式や子育てで親から援助を受ける事を考えると、義理の両親、親子、家族が仲良しであるに越したことはありません。 また、両親に宗教問題や借金癖、ローンなどがあると、思想の強要やお金の無心から夫婦喧嘩になり、婚約破棄や離婚に繋がるリスクもあります。 冷静に話し合いができるかどうかが最低ライン基準になります。 明らかに結婚を反対されたり、マイナスな影響がある場合は両親と縁を切ることを考える必要があるかもしれません。

・優柔不断で結婚を決意できない

草食系男子、真面目でお利口さん、仕事一筋で打ち込んできた職人気質の人などは、 結婚する気がないことがある。 あるいは結婚願望はあるものの、自分から意思表示できなかったりする。 日本人は男性も女性も外国に比べるとかなり消極的だと言われている。 そして現代の若者はその傾向がさらに顕著になってきて、恋人がいない男女が増加しているという。 逆に言えば日本ではちょっと積極的になれば恋愛では大きなアドバンテージがある。 素直に本能のままに行動すると人生は楽しくなる。頭でっかちでやりたいことを我慢せず自分の欲求に正直になるのが、 恋愛成功のコツかもしれません。

・ネガティブ思考による漠然とした不安

神経質な性格をしている男性はちょっとでもトラブルの可能性があるとそれが理由で情緒不安定になったりする。 特に結婚はトラブルや責任の発生源なので、将来のことを考えると、どんどん問題が浮かび上がってくる。 景気が悪くなってリストラされたらどうしよう、お金を奥さんが使い込んだら嫌だな、ずっと夫婦円満でいられるのだろうか、 結婚式、車、持ち家の費用が足りるのか、子育てが大変そうだな、などなど。

結婚に対して慎重になるのはこれらの事を深く考えた時です。 しかし、実際結婚する男女はポジティブ思考で楽天的なので、大抵は好きだというだけの勢いで婚約します。 1年後も現状がどうなっているかわからないものなので、悪いことを考えずチャレンジ精神でやっていかないと、結婚にも前向きになれないのです。

魅力をアップさせ積極的にならないと結婚はできない

自分たちの親世代は当たり前のように就職、結婚して安定した暮らしができていましたが、 現在のライフスタイルは多様化しており、収入も格差が大きくなっています。 そんな状況で結婚するためには、人間が本来持つ性的魅力を高め、そして何より出会いの数を増やすしかありません。

自分に自信がない、消極的、清潔感が無く見た目がダサい、性格が悪い、コミュニケーション能力が低い、などは 努力次第でいくらでも改善できます。もっと言えば収入を増やして一人暮らしをする、地位を高めて自分のブランド価値を高めるなどをプラスできればさらに異性からモテるようになる。 ハッキリ言って今の時代、昔に比べて結婚の難易度は上がっていると思います。 ただ、いつの時代にも言えるのは、積極性と何度振られても異性にアプローチし続ける根性さえあれば、誰でも彼氏、彼女は作れるし結婚もできるということでしょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大