大人の余裕、自信がある男がモテる理由

女性からすれば男性の大部分は乱暴で怖いものであり、警戒すべき対象で「気持ち悪い」と思われています。 顔、容姿がイケメンであっても目が合ったり言動が気に入らないとすぐガードを固めて、「キモイ」と罵り距離を取ろうとするでしょう。 日本の現状は男性の約半数は独身未婚で、彼女がいない人が多数を占めています。

さらにその内訳はというと、モテる男が2~3人以上の複数の女性をキープして遊びまくり、モテない男は一切女性と縁がない生活をしていたりします。 つまり男の中の上位20%は、男としての大人の余裕があるからモテているとも言えそうです。 逆に女にとって8割の余裕がない男の第一印象は「キモイ」と思われています。

異性に対する評価の基準は男性が加点方式、女性は減点方式だと言われています。 女性心理としては気になる男性がある一定の合格ラインを超えていれば、あとはルックスやスペックはどうでもよく、関係性やコミュニケーションによって好きになったり惚れ込んだりします。 逆に言えば最低限の合格ラインを下回っていると、恋愛対象外になり冷たい態度を取られる。

つまり、高年収で見た目が良くても行動や態度が変だと、マイナスポイントが加算されて不合格となり嫌われることがよくあるのです。 このような男性たちは大抵は以下の項目にある余裕のある男の特徴とは逆で「余裕がない男」の振舞いをしているから、モテない結果になっています。 好きな女の子にアプローチする時、デートに誘う時、口説く時、常に余裕を見せて男としての魅力で惚れさせるのが理想です。

スポンサーリンク

余裕がある男の特徴、モテる理由

・恋愛経験が豊富

人生経験、女性遍歴が多い男性は、女の扱い方が上手くなり、自然と女性をその気にさせるテクニックも磨かれていきます。 そして、女性の目を意識するからか、ファッションセンスや髪型、スキンケア、筋肉や肉体的魅力など、年齢を重ねるごとにどんどん成熟していき、30代以降も男としての価値が向上していきます。

身の回りの友達を見てもわかるように、彼女持ちや既婚者は性的魅力や色気がムンムンでモテるのです。 女性は元々一夫多妻制の方が本能的には性に合っているので、表向きは一途な男が好きとはいいますが、実際はアイドルファンのようにヒエラルキー上位のモテる男に群がる性質があります。

逆に彼女いない歴=年齢や、1年に1度もデートをしないような男性は、現状維持に甘んじていると年齢と共にどんどん男としての魅力は低下していき、 いつまで経っても女に縁がない負のスパイラルから抜け出せない状況に陥ってしまう。 初めから最高のパートナーと両思いになって結婚できれば理想的ですが、そうなる確率は低いので地道に恋愛経験を重ねて男としての経験値を高めていき、女慣れすることで余裕がある男になるのが、本命の可愛い彼女を作る近道になります。 失敗を恐れずに折れない心で女性に声を掛けアタックし続けて、何度も失敗したり振られる苦い経験をすることで男の余裕が形成されていきます。

・下心を感じさせず褒める

人間、自分を褒めてくれる人に嫌な気持ちはしません。 どんなに美人で綺麗と100回以上言われている人であっても、「素敵ですね」と言われればそれなりに自尊心は満たされます。 多くの男性は照れたりプライドが邪魔して、社交辞令のように軽く褒めることすらできません。 そんな中「今日はいつもより可愛いね」なんて言ってくれる男性がいたら、嬉しくて胸がドキドキしてしまうことでしょう。 大人の余裕を感じさせるにはさり気なく褒めることが重要です。

厳密に言えば「ラポール(信頼関係)」が築けている状態で褒めると効果的です。 二人が相手の感情に共感できている時、笑ってくれている時、こちらに興味を持って注目している時、心を許している時、など。 ただ、何度も連呼したりニヤニヤした表情で下心を感じさせるようにしつこく褒めすぎると、必死さを感じさせてキモがられて引かれますし、 主導権を握るという意味では、持ち上げる行為は極力控えるのもモテる男の上級テクニックでもあります。 よく、ストーカーのように女の子に粘着して追いかけて煙たがられている男性がいますが、あのような人を反面教師にしましょう。

・女性と友達のように会話できる

女性に必死になっている男性の特徴として、変に媚びたり、腰を低くして下手に出てしまうところがあります。 女性は基本的に自分より立場が上の「兄貴」的存在に片思いすることが多い。 逆に自分より格下と判断した男には、強気な態度に出たり、お金を要求したり、完全無視するか悪い女だと利用しようとします。

つまり、女性に対してやってはいけないNG行動は、意図的にでも自分のポジションを下げすぎることなんです。 女性は自分の彼氏は尊敬できるような人で友達に自慢したいとも思う心理がある。 ヘコヘコした態度で近づいて一度「雑魚」フォルダに入れられてしまったら口説き落とす難易度が上がるのです。

以上のような理由もあるので、初めのうちは女性とは友達のように接する事を心がけた方が心理的距離が縮まりやすい。 男性は仏頂面が多いので、爽やかな笑顔ができるとポイントが高い。 他にも細かいポイントとしては、緊張してもあたふたしない、あまり会話を途切れさせない、沈黙しても自信満々の態度で黙っている、 基本は聞き上手で気持ちよく喋らせるなど。

ただ、稀にお喋りが完全に受け身の女の子も存在するので、その場合は自分から会話ネタを考えたり話題を振ったり質問をしなければいけません。 女として意識しすぎると、余裕がなくなりギクシャクした雰囲気になりやすいのです。 少し雑に扱うぐらいの方が女性は男にハマりやすいです。

・メール、lineの返事が遅い

連絡がマメな男が好きな女性は結構いたりするものですが、実は毎日連絡するのが面倒くさいと思っているズボラなタイプの女性の方が多かったります。 そして、メールやラインは回数が多ければ好かれるという単純なものではなく、あまりにメッセをしすぎると逆に会った時の会話ネタがなくなって困るという事態になったりします。

早く返事を返しすぎると「こいつ女に飢えてガツガツしてるな」と思われて引かれることもあります。 逆に「遊びの女だしめんどくせーなー」と思いながら1日2日に1回返事をする方が、女性に追わせる恋だと錯覚させ好感度が高くなったりするのです。

女性は男性から愛されているか常に不安で「本命の彼女として大切にされているか」を気にしています。 そのような悩みを解消するのが男性からの頻繁な連絡です。 ただ、女性が連絡してほしい時にその欲求を満たしてしまうと、その時点で望みが叶うので男性の事を考える時間が減ります(自我関与の割合が増えない)。逆に返信を遅らせることで「あの人から返事来ないな、私の事軽く考えてるのかな」なんて不安になります。

そしてメッセージが送られてきた時に「やっぱり私の事好きなんだな」と幸せな気持ちになる。 このように女性を待たせることでイライラ、ハラハラさせるのが恋愛には重要で、適度に焦らすことで恋愛感情を膨らませ盛り上げることができます。 これらの理由からメールやラインは必要な時以外は頻度は少なく、間隔は遅いぐらいがちょうど良いと思われます。

・年上男性のような包容力を感じさせる

年下女性は年上男性に憧れているところがあり、女子高生は大学生の彼氏、女子大生は社会人の彼氏を作って同年代の男子が絶望するという図式が一般的です。女性が男性に求めているのは、頼りがい、甘えられる、尊敬できる、という3つのキーワードです。 落ち着いていて穏やかで優しい、ユーモアで笑わせて場を和ませてくれる空気が読めるムードメーカー、デートではサプライズで喜ばせてくれる、などはモテる要素です。

また、女性は生理の関係もあってか感情のコントロールが難しいと実感している部分があるので、男性の精神的な安定感に頼りがいを感じます。 女性のわがままや感情的になって怒った時でも冷静になって理性的に諭してくれる。我慢して許してくれるとより男性への信頼度が増します。 優しい気遣いで女性を優先してくれる、デートをエスコートしてくれる、喜ばせてくれるなど、 サービス精神が豊富な部分はアピールポイントになります。

ただし、自主的に隠れた欲求を叶えるよりも、おねだりされたら必ずその要望に応えるようにした方が、特別扱いされてお姫様気分に浸れるし、お願いすれば自分のためになんでもしてくれるので王子様のように思えてきます。 女性にされたいことを言わせるように誘導する(キスしてほしいets)のも、惚れさせるテクニックのひとつです。

・真面目に仕事をしている

経済力は将来子供を産んで家庭を持ちたいという女性にとっては、優先順位が高いもので、婚活で男性に求める最低条件でもあったりする。 また、金銭的に余裕があると、ギスギスした雰囲気がなくなり態度にも余裕が出てきて人に優しくできるので、女性のモテるようになる。 お金持ちというステータス自体がハイスペックな女性を惹きつける要素でもありますが、 それよりも経済力があるという満たされた気持が男としての自信を生み、女性が集まるようになります。

年収を高める、沢山お金を稼ぐ、出世して社会的地位を獲得するなどは、余裕のある男になるための要素のひとつでもあります。 ただ、まったくの無一文でヒモ同然の男でも、ニーズはあるので、それほど重視しなくてもいいかもしれません。

・堂々として自分の意志を貫いている

女性はロックでワイルドな生き方に憧れていたりするので、無職やニート、フリーターでも変なことをして目立っている男は案外需要があったりします。 キーワードとしては、「かっこいい、自信満々、後を付いて行きたくなる、道に迷った時に腕を引っ張ってくれそう」などが男らしく思われます。

女性は自分で選択するのが苦手な優柔不断が多いです。そして協調性があるので悪い意味で同調圧力に弱く自分の好きなように行動するのを我慢していたりします。 だからこそ、自分のスタイルを貫き通す生き様を見ると、「カッコイイ」とうっとりして憧れの存在になることもあったりします。

アプローチに関しても、二人きりで甘いムードが出来上がっていて、ガツガツ攻める時はしっかり押すことができるのも、自信がある男の特徴です。 女性は草食系男子よりも肉食系男子の方を本能的に求めています。 基本的には女性の話を聞くけれど、結構自分勝手で自己中、人の話を聞かないようなマイペースな男って想像している以上にモテます。 それは、しっかり自分のやりたいことを言葉にするのが得意で、遊びに誘うのも強引でありながらも自然で、ストレートな好意の気持ちが女性を喜ばせるからです。

モテる男は自信があって女性に媚びない

まず最低限女性の恋愛対象に入るためには、「余裕がない男」=「8割のキモイ男」と同じしぐさや態度、行動をしていないか注意しなければいけません。外見で言えば清潔感や最低限の身だしなみ、中身で言えば、おどおどしていたり弱気で腰が引けた様子でいないかなどです。 そして余裕がある男性は非常に全体で素直に自分の意見を伝えることができます。

好きな女性を見れば「可愛い」と自然に褒めるし、デートがしたいなら「遊びに行こう」「ライン教えて」とまっすぐな好意を伝えます。 ちょっと嫌な顔をされたら世間話でフレンドリーに仲良くなることも上手です。

余裕がある男がどんな性格、タイプかイメージできない人には難しいかもしれませんが、「恋愛対象外の男の逆をやる」と考えると非常にわかりやすいと思います。基本的には積極的で、後は押し引きのバランス感覚さえ掴めば自然と雰囲気イケメンの貫禄は出てきます。 やはり余裕がある男になりたい、なる方法としては恋愛経験を積むことが一番近道のような気がします。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大