職場恋愛、社内で好きな人にする脈ありサイン

職場では気になる異性がいても、社内の雰囲気を壊したり迷惑がられたら後が大変なので、 なかなか好意をアピールしづらいものです。特に長期間同じ会社で正社員として働きたい男女はよりその気持ちが強い。 できるだけ同僚や上司、部下にバレず空気を壊さないように職場恋愛をするために、 露骨に誘わずにひっそりと好意や脈ありサインを出してアプローチしてくる。

職場恋愛は結婚相手と知り合った場所、出会いのきっかけランキングで1位に輝くほどで、大人の男女の間では当たり前のように行われているものです。 同性ばかりの職場よりも男女混合の方が場の雰囲気は和みやすいと言われているし、魅力的な異性がいた方が会社で仕事をするのも楽しくなります。 もし社内で好きな人がいる時は、自分に気があるのかどうか、脈ありか脈なしかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

社内恋愛で好意のある人にする脈ありサイン、態度

・事務連絡をする会話時に微妙な間がある

気になる人と話している時は他の異性とはちょっと違う甘い空気が流れます。 男女の間にフェロモンというか色気のような雰囲気を感じるのです。

具体的な仕草や態度の違いとしては、目が合うか、目を逸らされるか、表情は明るいか、声のトーンが高く活力を感じるか、 二人の距離は近いか遠いかなどは簡単にわかる目安になります。 じっとガン見してみたら1秒以上見つめ合う時間があったり、手が触れ合うぐらい近かったり、話している時に余所余所しい感じが無くすごく上機嫌だったりすれば、 脈ありと判断しても良いと思います。

・仕事以外の用事で連絡が来る

人はよほど興味がある人にしか細かい質問をしないものです。 どこに住んでるか、好きなタイプ、恋人の有無、連絡先を聞かれるなど、プライベートな質問をされるのはもっと知りたいと思っている興味津々な証拠です。 また、頻繁にメールやLINEが送られてきたり、悩み事の相談を振られるのは、 よっぽど相手を信頼していて会話をしたがっているということです。

特に不満や愚痴、将来の不安などネガティブな言葉が漏れてくる場合、相談役として気を許しており、 どちらかがあと一歩押せば彼氏彼女になれるぐらい好感度が高まっていることが多いです。

・会うと挨拶をしてくれる

挨拶は不思議なもので、「おはよう、こんにちわ」と一声掛けられるだけで相手から認められているような気分になる。 実際嫌いな人には無視したり黙っていることもありますが、好意がある人にだけ積極的に絡もうと挨拶する人もいます。

社員数が多い企業などの場合、全員に挨拶するのは難しいので自然に仲良くしたい人にだけ話しかけるようになります。 さらにこの時に笑顔で楽しそうな表情だったり、セクハラ気味ですが肩を叩かれたりするなどのボディタッチがあれば、脈ありポイントはかなり高そうです。

・休憩時間にお喋りしたがる

会社に友達がいないことは退職したくなる原因のひとつ、人間関係に当てはまるほど重大なことです。 休憩時間が楽しいかどうかは会社に行くモチベーションにも繋がります。 そんな大切な時間に話しかけられて雑談を楽しめたり、あるいはお昼ご飯に誘われるようであれば、 これはもう年の差など年齢的に問題なければ自然の成り行きで会うたびに仲良くなるのは必然だと思います。

ただ、女性は親和欲求が強く同じグループ内の人間とは誰とでも仲良くなれるので、男友達としてしか認識していない場合もあったりするので注意が必要なこともあります。

・遠くからよく目が合う

アイコンタクトはコミュニケーションの始まりに必要なものです。 会社内で接点がまったくない部署の同僚でも、頻繁に目が合うというだけでお互いにとって意識する存在になるパターンもよくあります。

すれ違う時、デスクに座っている時、エレベーターの乗り降りなど、 好きな相手からの視線を感じたら照れずに目を見つめ返してみましょう。 その時に照れたり話しかけてくれるなど良いリアクションをしてくれれば脈ありです。

・事あるごとに手助けしてくれる

年下の新人のミスを年上の教育係の先輩やリーダーが部下をフォローしているうちに仲良くなるパターンは社内恋愛あるあるのひとつです。 お互いに頼っているうちに尊敬の念を抱いたり、フォローしているうちに「自分がお世話してあげないと」という使命感が湧いてきたリします。

残業に付き合ってくれる、雑用や仕事を手伝ってくれる、 ミスを指摘した上でさらに、頼んでいなくてもそのミスを消してしまうぐらい手伝ってくれるようだと相当思い入れが深いと見えます。いかにも贔屓されて特別扱いされている感じになるので、非常にわかりやすい好意のあるサインです。

・二人きりになれる場所でよく会う

職場の同僚以上の関係を求めて相手が狙って来ている可能性があります。 給湯室、トイレ前の通路、エレベーター内、人が少ない社内、帰社時の駅など、 できるだけ人気が少なく誰にも見られない場所を狙って2人きりになりたがるのは完全に脈ありサインです。

そしてさらにそのようなシチュエーションになった時、相手から積極的に話しかけられたらもう気があるのは確信して良いでしょう。どうでもいい相手なら二人きりの状況でも会釈や完全無視でやり過ごす脈なしサインが出てきます。

・飲み会で近くにいる

アットホームな社長の元で働いていると、新年会、新入生歓迎会、忘年会、突発の打ち合わせ飲みなど定期的に宴会があります。 飲み会の座席が決まっていることはあまりなく、自由席の場合が多い。 そこでさりげなく傍に寄ってくる人物は大抵自分に好意を持っている人です。 飲み会の場は異性の仲良くなるのに格好の舞台です。チャンスとばかりに近づきたいのは誰もが同じだと思います。

そして飲み会と言えば、定番のお持ち帰りに繋がる型があります。 酔って気分が悪くなった時に率先して介抱してくれたり、 二次会に誘われたり、帰り道が一緒、夜道は危険だと送ってくれたりついてくるなど。

これらは全て男女二人きりになった場合はお持ち帰りになるとみて間違いありません。 当日に何もないとしても、相当仲良くなれる局面なので電話番号やメールアドレス、LINEの交換ぐらいはして、 デートの約束を取り付けていることでしょう。

・お弁当のおすそ分けをくれる

男女にとっては食事を共にするという行為は心理的に深い意味があり、 一緒に食事を取るだけでも無意識のうちに強い友好関係が築けます。

女性がおかずを作りすぎちゃっただとか、おにぎりを作ってくれるみたいなことはただの口実で、 好きな人とコンタクトを取りたいから持ってきている可能性があります。

会社では他の人との接し方と比較すると脈ありか判断しやすい

片思い中の相手を観察していて、他の男性や女性と比べて明らかに接する態度や扱い方、振舞いが違う場合は、 行動の仕方によって好き嫌いが簡単に見分けることができます。

人は誰にでも平等に接しているわけでなく、やはり好きな人と一緒にいると無意識にテンションが高くなり脈ありしぐさや愛情表現をします。 目を見たがったり、近づきたがったり、ボディタッチをしたがる。 逆に恋愛対象外の興味が無い異性と一緒にいても無関心を装われたり愛想笑いをされたりと冷たい態度を取られます。

恋愛は客観的に他の人を観察しているとわかりやすいですが、いざ自分が当事者になると、遊びか本気か、社交辞令で褒めてるのかなどは鈍感な人だと案外好意の気持ちに気づけないものです。 職場恋愛の発生確率は非常に高いものです。 少しでも自分が特別扱いされているなと思ったら勘違いかもしれませんが、相手から好かれていると自信を持って自惚れるのも職場恋愛成功の秘訣です。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大