女性を惚れさせる方法

女性を好きにさせるにはどうすればいいのかという話になると、ネタなのか面白いと思っているのか「ただしイケメンに限る」みたいな勘違いした結論を言い始める男性が多い。 実際のところ外見重視なのは男性の方であり、女性は顔よりも中身に惚れて彼女になったり結婚することもよくある。 イケメンでもモテない喪男もいるし、ブサメンや不細工顔でも美人嫁を持っている男もいくらでもいます。

女性は男性よりも暗示にかかりやすいと言われており、恋愛心理学テクニックによる無意識の本能への訴えかけが効果的に作用します。 モテる男は自然と女性を惚れさせるような言葉や行動をしています。 女性が男性のどのようなアプローチで喜んだりOKしやすいのかを理解すれば、 女性を惚れさせる確率は高くなります。

スポンサーリンク

女性を惚れさせるテクニック

・女性に負い目を感じさせる

これは偶然に起こりやすいことで、女性側が責任を感じると男性に忠誠心を持って尽くすようになり主従関係ができあがります。 女性の本能は強い男に従いたいという願望があり、男性は支配したいという欲求がある。女性が弱い立場にいてコントロールされている状況は 実は男女共に心地よくて快感とも言えるシチュエーションになります。 女性の心理を「彼氏に嫌われるのが怖い、不安だ」という気持ちにさせることができ、精神的に上に立てたらもう半分は落とせたも同然です。

具体的な例を挙げると、喫茶店でコーヒーを服にこぼしてしまった、よそ見をしている時に道端でぶつかった、 デートの約束を病気でキャンセルした、お金を貸してもらった、勉強や機械について教えてもらった、浮気がバレた、などなど。 普段多くの女性は男性を突っぱねてデートに誘っても断られるぐらい冷たいのが普通ですが、このような状況ではしおらしくなり男性の命令に対して あまり反抗的な態度を取らなくなります。

精神的に上下関係が構築されている状況は女性が憧れているロマンチックな恋愛ドラマのひとつでもある。 わがままばかり言う時など明らかに女性側に失点がある場合、叱るべき時に「お前はダメだ」と怒り否定することで、自己肯定感を低下させて「この人に一生ついていきたい」と感じさせることができます。

・コミュニティ内での自分の地位を向上させる

女性はあるグループに所属しているボス的な存在の男性に恋しやすいようにできています。 権力者や名声がある男性には、普通以上の魅力を感じ自分のモノにしたいと思うような所有欲や見栄のようなものがある。 女性は自分で価値基準を図る能力が欠けていて、周囲からの評判によって男性の評価が左右させる相対評価であり、世間体を大事だと思っていたりします。だから、彼女持ちや既婚者などモテる男は容姿、ルックスがイマイチでも他の女と仲良くしている姿を見て次々に女性が寄ってきたりします。

例えばファミレスやカラオケ店の店長はとにかくモテモテで、若い女子高生や女子大生のアルバイトの彼女を複数作っていたり若いお嫁さんを貰ったりしています。 それは同じ仕事先で一緒にいる時間が長いこともさることながら、集団内で地位が高い人に惚れてしまうという心理があるからこのような現象が起きやすいとも言えます。

職場では出世して部長や課長になる、運動が得意で大会の賞を取る、社会人サークルでリーダー的ポジションを確保する、ニコニコ動画やyoutubeの配信で有名になるなど、 多くの人から愛されていてファンを増やせば、いつの間にかモテモテになり女性を惚れさせることに繋がります。

・お金以外の魅力を持つ

どんな風になれば男はモテるのか、と言う話になると「お金持ちなら彼女は作り放題」と言う人がいるでしょう。 これは確かに人によっては正解ですが、実際の話はそこまで単純でもないかもしれません。 所詮お金でなびく女はその程度の価値しかなく、心から結ばれた恋人同士、パートナーになることはできなかったりします。

女性は男性をお金を貢がせる相手と捉えた瞬間に恋愛感情が冷める性質があります。 お金の力で付き合っていることに幸せを感じるぐらい、さっぱり割り切れるなら良いですが、どこか心の距離を感じると思います。

女性が男性に惚れるのはお金以外の部分です。 無職、ニート、フリーター、でもモテる男はゴロゴロ存在しており、女性の家に転がり込んで同棲してヒモのような生活をしている男性も沢山います。 30代を超えたとき「俺は年収500万円だ」ということだけが自慢の男だったらなんとつまらないことでしょう。

経済的な安定感やデートで奢ったり、プレゼントで惚れさせるような男は、もっと金持ちの男が現れたら振られるのがオチです。 逆に女性を本気で落としたかったらお金の匂いをさせない方が胡散臭さが消えて成功率が高かったりします。

・マメに連絡を取る

女性にとってコミュニケーションはそのまま愛情へと変わるぐらいに重要なもので、 何の関わりも持てない片思い中のハイスペックイケメンよりも、そこまでタイプじゃないけど良く喋る男の方が好きになることが多いです。 そこまで仲良くなれなくても、友達として定期的に連絡しあえる仲であれば、惚れさせるチャンスはいくらでもやってきます。

女性の心変わりは本当に早いものです。生理があるごとに、人格が変わるとも言われています。 10代20代前半ぐらいの年頃の若い女性なんかはたとえ付き合っていても、1ヶ月も連絡をしなければすぐに新しい男とデートして遊んでいたり、 乗り換える対象を探していたりします。

長続きするカップルは大抵コミュニケーションの量そのものが多く、毎日電話するのが苦痛じゃなかったり、 メールやラインで日常的に報告や相談をしあっていたり、毎週1、2回は会っている。 特にかまってちゃんや寂しがり屋は、メールやLINE、通話などでマメにメンテナンスしなければ、すぐ他の男の元に行ってしまう。 相手の性格タイプによりますが、しつこくない程度なマメさはお互いの依存度を高めてハマらせる効果が期待できます。

・自信と余裕を持つ

女は男の自分に対する態度で本気で惚れるかどうか判断しているところがあります。 特に年下女性は大人っぽい包容力を感じさせる仕草をされると、ついつい年上のお兄ちゃんのように思えて甘えたくなるところがあります。 女性は挙動不審で口ごもっていたり、緊張で動作がぎこちない男を見ると「キモイ」「頼りない」と引いてしまいます。 シャイボーイな様子を見せて「可愛い」と母性を感じて好きになってくれるのはよっぽど性格が優しい女性だけです。

女性は男には堂々と胸を張っていざという時に守ってくれるぐらいの威圧感や迫力があり頼りがいを感じる姿を理想として求めています。 大人の男は体の動きが自然体であり余裕を感じさせ、一緒にいて心強く女性がリラックスできる居心地の良さがあります。 しっかり目を合わせてアイコンタクトする、沈黙してもあまり動じないで落ち着いている、自分の意志が決断力がある、言いたいことを言いやりたいことをやる、女性の言いなりになりすぎない、などの行動は自信を感じさせます。

「嫌われたらどうしよう」「失敗するのが怖い」みたいなことを考えている臆病な性格の男は全然男らしさを感じない。 付き合っていても短期間で彼女に「つまらない男」「真面目すぎる」「いい人すぎる」と振られてしまうのはこの手の男性です。 逆に流行りのチョイワル男子は大人の男としてのフェロモンを感じさせるし刺激的な一面もあるので、女性はハマりやすいのです。

受け身な女性は自分の腕を引っ張ってくれそうな主体的に動ける男が好きです。 行動力、活動力は自信と度胸によって生まれてくる男らしさです。

・男としての体型をキープする

男性はスタイルの良い女性が好きで、特に胸やスリムさを重視するところがあります。 実は女性も男性の体型や体格で惚れることがよくあると言われています。 まず、女性は視野が広く男性の体全体を見渡すのが得意で、初対面で会ったときにある程度は能力をチェックしてしまう。

重要なのはマッチョのような肥大化した筋肉ではなく、引き締まったお腹やお尻、血管の浮き出た腕、逆三角形の体形、発達したふくらはぎ、細長い指先など、 若干マニアックな個所がツボにハマったりするようです。 中でも一番人気でセクシーで色気を感じるのが小さいお尻と言われており、やはり下半身を鍛えることは男女ともに異性にアピールできる長所となる。 見た目だけでなく、体の相性もやはり重要で、鍛えられた肉体美は彼氏に夢中になる特徴の一因でもあります。

・基本は気さくに褒めることが大切

女性は下心を感じさせないコミュニケーションに恋愛感情の高まりを覚えます。 そして女性のコミュニケーションは友好関係の構築や共感が中心で、会話の中身はそこまで気にする必要はありません。 喜怒哀楽のうち、主にプラスの感情を引き出すような言葉を掛けると、一緒に居て楽しい相手と錯覚させることができます。 実際人間は自分を褒めてくれる人と一緒にいると案外気分がいいものです。

ただ、敬語でかしこまりすぎると重い息苦しい空気になってしまうので、タメ口で冗談っぽく褒めるぐらいの爽やかがあると好感度は上がりやすい。 真面目で堅苦しい男よりも、適当な遊び人でちょっと軽い男の方が案外女性に好意を持たれやすいです。

・女性の本音を引き出す

とにかく女性は日常生活で我慢を強いられています。 女社会は厳しく体育会系で年上のお局様にはそう簡単には逆らえないし、 ちょっとでも小言や悪口でも言おうものなら叩かれたり仲間外れにされる。

男に対してはやはり力負けしてしまうので恐怖心があり、よほど頭の悪い子でなければあからさまに嫌いだとか気持ち悪いとは言えません。 そして生理周期があり体調不良で体を動かすのが億劫な時期もある。 このようにとにかく色々なことを我慢して生活しています。

女性が特別な彼氏に求めているのは「日常生活からの解放感」であり、 それは何でも受け入れてくれる包容力だったり、非日常を味合わせてくれる刺激だったり、一途な愛情だったりします。 中でも一番簡単なのが女性が抱えている鬱憤とも言える感情を吐き出させることです。 面白いお笑い芸人がモテるのは、笑いという感情を解放させてくれるからです。

他にもコンプレックスを相談させる、将来不安を打ち明けられる、色恋沙汰で泣きたい時に泣かせてあげるなど、 他の異性ができないような女性が隠したがる秘密の感情の領域に踏み込むことが本命として惚れさせる方法と言えます。 常に傍にいて、さらに聞き上手で話しやすい質問を投げかけてあげるのがこのテクニックの成功のコツです。

第一印象で最低限の基準をクリアすれば惚れさせる方法はいくらでもある

他の男との差別化を図るためには一歩踏み込んだ男を意識させる行動をしてライバルとの違いを明確にしていきましょう。 女性も好みのタイプの顔やスペック的な条件は気にするものの、性格の良い女性は中身や内面、そして行動によって男を評価して好きになってくれます。

女性が男性を惚れさせるのは見た目が好みの範囲でなければ難しいですが、 男が女を惚れさせるケースでは、外見はあまり加味されないのでその点で男は恵まれていると思います。 女は男の魅力的な大人としての言動を見て素敵な人だと思う性質があります。 雰囲気イケメンのようにモテる男としてのオーラさえあれば、女性は自然に心を開き引き寄せられるように惚れていきます。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大