人は毎日見てる異性を好きになる、慣れの凄さ

男女が結ばれやすくなる条件には様々な理由やポイントがありますが、 中でもどれだけお互いに顔を合わせる回数や頻度が多いかの要素がある。 人は自分の知っている人に対しては心を許し受け入れやすく、知らない人に対して警戒心を強めガードを固める傾向がある。

目が合ったり顔を会わせる機会が多いということは、少なからず相手を知っている関係であると脳が認識する。 そうすると次第に相手に興味が湧き、友好関係を築きたくなったり親近感が湧いてくる仕組みというわけです。 つまり、片思い中のターゲットに恋愛対象として意識されたいなら、まずは相手の視界に入りアピールする行動が大切なのです。

そして、会えば会うほど好きになる心理を「単純接触の原理」(ザイオンス効果)、 と呼ぶ。実体験としても良くあると思いますが、 学校で席替えをしてたまたま隣同士になった異性を好きになる確率は非常に高い。 アルバイト先や職場でも同様で、男女が存在する社内で毎日挨拶するような同僚、上司、部下などがいると、 必ずと言っていいほどカップルが成立する。これらの例も簡単にまとめてしまえば単純接触の法則による好意と言える。

この単純接触の効果は、プラスの感情だけではんく、マイナスの感情を増幅させる作用もある。 つまり、第一印象で嫌悪感を持たれた相手の場合は、何度も会うごとに憎しみの感情が膨らんでいく。 よくある例が隣人トラブルで、騒音問題で一度いざこざがあると、会うたんびに嫌な気持ちになる。

しかし、アンチ、反〇〇という存在はその対象に対する強い興味を表しており、 ふとした瞬間に味方になったり、「嫌い」がまったく正反対の「好き」という感情に変化したりする。 恋愛は興味がない状態よりも、「うざい」と思われている方がまだチャンスがあると言われる。 とにかく、第一印象で好評価を得られるように日頃から身だしなみや言動には注意しておきたい。

スポンサーリンク

ニコ生でモテる無職ニート、金バエもザイオンス効果を実感している



有料会員に登録すると自分の好きな時に生放送を行なえるニコ生。 そこには「金バエ」というニックネームで奇行を繰り返してリスナーを楽しませる男性の大手生主が存在している。 この人のプロフィールと言えば、まったくのダメ人間で、一時期派遣社員をやっていたが、今は働いていない。 しかし、現在はその人気から月に数十万円のお布施(現金)やギフト(プレゼント)を信者から貰い日々暮らしている。 さらに、可愛い子や美女にモテモテであり彼女がほとんど途切れない。

この大人気の金バエがツイッターで「人は毎日見てる異性を好きになる」とつぶやいていた。 まさに単純接触効果の真骨頂だろう。 毎日の暇な時間を有効活用し、多くの女性の目に触れれば、それだけであっという間に彼女が途切れないモテ体質になってしまう。 もちろんそのためには多くの女性を集めて1000人に1人程度の物好きを引き当てなければならない。 つまり、理論的には1万人の女性にアピールすれば、10人?100人、人によってはそれ以上に恋人同士になれる可能性がある。

単純接触効果はテレビCMでも使われており、 何度も同じ内容をリピート再生して、催眠術のように脳の記憶に固定化させようと目論んでいる企業も沢山ある。 20秒の間にまったく同様の映像と音声を流しているCMは恐らく何度も目にしたことがあると思う。 あれはまさに人間の無意識の心理を利用した手口で、一回流すだけよりも二回見せた方が消費者の購買意欲を煽る訴求効果が高いからです。

また、単純接触はメールやライン、SNSなどのネットツールでも同様の効果が得られる。 毎日twitterやfacebookでつぶやいたりブログを更新する人は、それだけで多くの男女の目に留まり、 その人の事を考える機会が生まれる。 この考えることを自我関与といい、好きな人のことで頭がいっぱいの状態のことを自我関与の占める割合が大きいという。

つまり、誰かを惚れさせたいと思ったら、その人に対してどれだけ自分のことを考えさせて夢中にさせるかが重要になってくる。 その方法は、毎日顔を合わせ、挨拶することであったり、SNSで定期的にコンタクトを取り合うことでも、他にも色々な作戦がある。 恋愛成功の秘訣は、できるだけ相手に関わることに尽きるのです。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)