男性が好きな女性にとる態度、行動、肉食系男子は単細胞

男性は本能に忠実に活動する単純な人が多く、嘘をつくのが下手なので、 態度や行動、アプローチの方法から好き嫌いの心理が読みやすいです。 男性心理の本音は無意識のしぐさや振る舞い、スキンシップ、コミュニケーションの仕方に必ず表れます。 ただ、精神的に好きで一生付き合いたいと思う恋愛対象と、顔や容姿、スタイルなどルックス、肉体的に魅力を感じて「身体が欲しい」と思う性的欲求の二つが入り混じっています。 どちらも子供を後世に残したいという生存本能なので、下心か本気の気持ちかを見極めるのは難しいですが、 よく観察すれば本命かそうじゃないかもわかるものです。

思わせぶりな男性が自分のことを気になっているかどうかわかったとき、 その事実に対してどのようなリアクションを取るのかが恋愛において最も重要です。 その後の進展を左右するのは女性側の合否の判定次第です。 女性からデートに誘うのは恥ずかしいしプライドが許さないという人は、「デートしてあげてもいいかな」と思う男性に対して愛想良く好感触っぽい対応をして、相手に誘わせるように上手にコントロールしてみましょう。 逆に友達としても付き合いたくないほど嫌いだと思う人であれば冷たくあしらい拒否することが必要になるかもしれません。

少しアプローチしてみて、一度でも断られたり嫌そうな表情をされるとすぐ引いてしまう弱気な男性もいれば、告白を振ってもしつこいぐらいに強引に絡んで押してくる男性もいます。 相手を受け入れるか突き放すか、付き合う前であればそれは8割方、女性が決めることです。 相手の脈あり脈なし、心理を読み取った上で、自信を持てたら実際に何かしらのアクションを起こし、幸せになるべく行動を起こしましょう。

スポンサーリンク

男性が好きな女性にする脈ありサイン

・よく目が合う

視線はコミュニケーションの入り口であり、目が合った瞬間から二人の関係がスタートします。 よくある例は学校の教室、社内のデスクなどで遠くからでも頻繁に目が合うというパターン。 挨拶ができるぐらいの親しい関係ならそこから発展するのは容易だけれど、このような悩みを抱えている男女は二人とも恥ずかしがり屋で好意の示し方がわからないことが多いので、距離が縮められないまま自然消滅してしまいがちです。

男性の態度は女性に比べればストレートでわかりやすいので、 好きな人、気になる女性は常に視界に入れておきたいと横目でチラチラ見ていたり、目で追っていることでしょう。 まっすぐ目を見つめられていたり、ガン見されていたら完全に脈ありです。 胸元や太ももをチラ見されるのも、異性として魅力を感じている証拠でしょう。

また、男性は好きな女性の話を聞いている時相手の目を見る時間が長くなる。女性は好きな男性に話している時に相手の目を見る時間が長くなるという実験結果があります。女性は自分を理解してもらいたい親和欲求、話を聞いてもらいたい願望が強く、男性は人の話に興味関心が薄く普通はあまり熱心に人の話を聞かないということが理由のひとつです。

人間関係は写し鏡であり、心理学用語で言えば互恵性で成り立っています。 好かれれば好きになり嫌われれれば嫌いになる。 好きだから目が合う、好きだから相手を見つめたくなる、お互いに気があると好意がどんどん増幅し、数秒間視線が交錯し見つめ合う時間が生まれる。 両思いで付き合っている恋人同士なら、ずーと目を見つめてお喋りしたりキスを交わす。 アイコンタクトそのものが、自分も相手も勘違いさせて好意を膨らませるきっかけになり得ます。

お互いの目を見つめ合うのは好意を持った似た者同士の行動が被る、シンクロする現象でもあります。 特に男性は好色で異性のスライクゾーンが広く一目惚れする頻度が女性よりも多いので、一瞬であっという間に好きになります。 人が誰かを好きになるきっかけなんて、「おっ素敵な人だな」というちょっとした好意の感情と「目が合う」だけでも十分成立します。 片思い中の好きな人から視線を感じたら、照れて目を逸らすだけじゃなく、しっかり見つめ返してあげましょう。

・メールやLINEが来る、継続する

男性は基本的にマメな性格の人は少なく、大抵がめんどくさがりでずぼらです。 夜遅くまで仕事で忙しい社会人の彼氏の場合は、一日に一通のメールのラリーですら億劫であることもしばしばあります。 中にはメールを無視、シカトしたまま放置してしまう人もいます。 そんな男性が本気で惚れ込んでいる女性に対しては、必ずメールの返信をします。 ただ、その頻度や回数、時間の間隔は個人個人千差万別であり、 どんなに好きな女性に対してでもマイペースな人だと二日三日に長文メールが1通ぐらいかもしれないし、 すぐに返事が来るのにやたら短文で一言だけの人もいます。 ただ、メール交換が何度もずっと続くようであれば少なくとも嫌われていることはなく、 むしろ好意を持っていると言えます。

特に完全に脈ありと判断できるのは、何の用件もなく、デートに誘うわけでもない当たり障りのない雑談メッセージを 送ってくるケースです。特に恋愛経験が少ないシャイボーイの喪男タイプの場合は、 なんとかアタックしたいと苦悩して必死に考え抜いた結果「謎のメールを送る」 という意味不明なアクションをしてしまいがちです。 有名なものでは「今何してるの?」という人によってはうざいと思ってしまう質問メールやラインが来たりする。 これは女性とコンタクトを取りたいという可愛らしさ、あるいはキモさ、愛情が溢れている好意を示す行動だと覚えておきましょう。

・飲み会で近くにいる

お酒の席は男女のカップルが成立する確率が非常に高いお楽しみの場です。 ただ、私はお酒も騒ぐにもあまり好きではないのであまり楽しめていませんが(泣)。 それでも心理学で言うランチョンテクニック(食事中は気が緩み警戒心や抵抗が解ける、一緒に食事をすると相手に好感を抱く) という気持ちが作用し、男女が浮かれている空気や密着間は恋愛感情が育まれやすく、下戸でも十分楽しい雰囲気を感じられる。

また、人の周囲にはパーソナルスペースと呼ばれる心理的領域があり、 そこに一歩踏み込んでくるということは友好関係を築きたいという証になります。 大学ではゼミやサークルの先輩や後輩、職場では上司、同僚、部下など年上年下、一回り年齢が違う人とも深いお話ができます。

この飲み会の時の男達の行動を観察していると、内気で奥手、引っ込み思案な草食系タイプは隅っこで仲間内で固まってたり、伏し目がちで適当に相槌を打って笑っているだけですが、 肉食系や体育会系のチャラ男は異性に対してガツガツ迫る積極的な性格なので、 ほぼ確実に美人や可愛い子、狙っている好みのタイプの女の子の隣に陣取っています。 指定席の合コンや宴会の場合は難しいですが、 自由席のときや盛り上がってきたら移動しても良いという環境の場合は確実にターゲットの女性の近くにいます。

そして、うまくいけばそのままお持ち帰りして一緒に夜の街に消えたり、介抱を理由に自宅に連れ込んだりという 体験談をよく聞きます。 一晩で結ばれるというスピード展開はなくても、携帯電話の番号、メールアドレスなどの連絡先を交換したり、 飲み会で口説き帰り道で告白ということも頻繁に起こっています。 私の知り合いの客観的に見たら不細工な男性も実際にこれとまったく同じ行動を起こして、容姿端麗の彼女を掴まえて結婚にまで至っています。男性から声をかけられたいと思うのであれば、食事会や飲み会の時に、友達の女の子と一緒に固まるのではなく、 少し孤立気味でいた方が二人だけの空間で話しかけやすいと思います。

・ボディタッチをしてくる

体を触られると寒気がして反射的に拒否したくなるかもしれませんが、これは男にしてみれば一種の愛情表現です。 特に30代を超えた辺りから、ベタベタ触ってくる男性が増えてくる。 つまり、おっさん、おじさん、オヤジ世代になると、大抵は異性との精神的な壁が取っ払われており フレンドリーに触ってしまうという。しかし、それが会社であればセクハラで訴えられてしまう。

身長が低くて可愛く見られる妹タイプの女性は男性からやたらと触られることに悩んでいたりする。 男性からすれば可愛い雰囲気があり、なんとなく見下せる存在なのでボディタッチしやすいのです。 逆に美人なお姉さんでいかにも隙が無さそうな女性には怒られそうで手が出せません。 つまり、ボディタッチをされるということは男性の意識には好意や安心感、親しみやすさがあるということであり喜ばしいものです。

デート中に手に触れてきたり、肩や腰を抱きかかえてきたり、頭をポンポンしたり撫でたりするなどは好きでなければできません。 ただ、ヤンキーや不良、ホストのような社交的なイケメンな、恋愛経験豊富な人の場合は恋心とは違ういじりやからかい を目的としてボディタッチをしてくることもあるの注意しましょう。

・顔がニヤけている

人は好きなタイプの人を見ると、どうしても表情が柔らかくなり口角も若干上がります。 犬や猫を見るとついつい嬉しそうな目になって好奇心をくすぐられるのに似ています。 表情に変化の乏しい男性でも好きな女性を見るとやっぱり目つきが違うのがわかります。 これも人間は写し鏡という法則の通りで、 普段からニコニコしてて朗らかな女性は、男性からすると可愛いウサギさんのようで笑顔になりやすいものです。 天然系、癒し系、ぶりっ子など、モテる女子は内面のポジティブさから来る自然な笑顔で溢れています。 男性から微笑まれるのがベストですが、 自分が笑顔を向けるに値する対象になる努力をすると、より好かれやすくなります。

・とにかく褒められる

男性は女性のようにお世辞を言わずストレートに褒めるので、 褒められたら社交辞令と受け取らず、素直に喜ぶべきです。 「可愛い」「綺麗」「スタイルが良い」「モテるでしょ?」など直接容姿やルックスを褒めることが多いです。

褒められ慣れている女性の場合は逆効果になったり、アピールが露骨で引いてしまうこともありますが、 これは男性からすれば一種の特別扱いであり、あなたを「気に入っています」という意思表示です。

・口数が減る、沈黙してしまう

好きな人の前だと素直になれない、緊張してまともに喋られなくなる通称「好き避け」してしまう人がいます。 また、女慣れしてない男性だと、男同士では良く喋るのに、女の子が一人でもいると借りてきた猫状態になってしまう人もいます。 挙動不審だったり、口をもごもごさせてどもってしまったり、無口だったり、ぶっきらぼうに口を閉じているので、 「嫌われてるのかな」と思ってしまうかもしれませんが、想像以上に好かれていることがあります。

デートしている時でもあまり楽しそうに見えないのに、本心では凄く楽しんでいるというタイプもいます。 男性は基本的に無表情で愛情表現が苦手です。 言葉で好意の気持ちを伝えてくれないので、好き避けされると女性としては気持ちが冷めてしまうかもしれませんね 。

・やたらと張り切る、自慢話をする

自己主張が強いタイプの男性は、好きな女性の前で自分がいかに優れている存在であるかをアピールしたがります。 褒め上手で男を立てる女性と、この手の自信満々に虚勢を張る男性は相性が良い。 どれだけ自分が有能で仕事ができるか、お金を稼げるか、身長が高いか、筋肉自慢、昔の武勇伝、色々な無駄知識、薀蓄の披露、 デートで奢りたがるなど。 上記の口数が減るタイプとは真逆の性質です。

内心は小心者で強がっていないと、自分が評価されないと思っているのかもしれませんね。 弱音を吐かず男らしいので頼りがいがある点は長所と言えます。

特別な本命の女性にする態度の特徴、共通点

・誠実さをアピールする

男性は元々浮気性であり、彼女がいても本能的に色々な女性に目移りして手を出したくなる性質があります。 そのような本能に惑わされずに一途に好きだと伝えてくれる人がいれば、 その男性は一生大事にしてくれる、守ってくれる人かもしれません。

もし本命じゃない遊び目的の場合は、嘘をつく罪悪感で挙動が不自然になるのできっと女の勘ですぐにわかります。 ただ、ひとつだけ例外がありヒモ男やナンパ師のような男は誰にでも誠実さをアピールする演技をするのに、 本心では使い捨ての都合のいい女としか考えていないことが多いのでチャラい男には注意しましょう。

・下の名前、あだ名やニックネームで呼ぶ

名前で呼びかけるのは他のライバル達よりも一歩お近づきになりたいという好意のサインです。 人は自分の名前が最も耳に心地よく聞こえる。 パーティ会場でざわついている時でも、遠くから自分の名前お呼ばれるとすぐに気づくのです。 また、人は好きな人と自分を同一視しまったく一緒のものだと思いたがります。 だから、好きな人の名前を口にすると、自分自身が心地よく快感を感じる。

あだ名やニックネームをつけたがるのは自分の持ち物に愛着が湧く感情(所有効果)のようなものです。 ラブラブのカップルや結婚している夫婦は、二人だけの秘密の名前で呼び合っていたりします。 名字やさん付けではどこか余所余所しい雰囲気になります。

・デートをした後でも連絡がマメ

本命じゃない女性と一度デートをした男性はその後に冷たい態度になる特徴があります。 特にデート後のお礼メールが丁寧ではなかったり、二回目のデートの遊ぶ約束を要求しない場合などは、 「キープ」になっている可能性があります。

また、やりたいだけの男性は一度大人の関係になりことが済むと、途端にやる気がなくなりいい加減で横柄になります。 逆に本気で大切にしたい、ずっと一緒にいたいと思う女性に対しては、 デートをした後でも優しく、時間があれば連絡を取ったり電話で話しを聞いてくれることでしょう。

・いつでも気にかけてくれる

どんな遠距離恋愛であっても、心の中に常に好きな女性のことを考えている男性は彼女の動向が気になって仕方ないことでしょう。男友達と絡んでいないか、悪い男が近づいていないか、仕事や勉強が順調にうまくいっているか、体調は乱れていないかなど、心配してくれたり、嫉妬することもあります。

特に見返りを求めるわけでもないのに、背中を押してくれるような応援の言葉を投げかけてくれる男性は特に信頼できます。 彼氏持ちでも、彼氏以上に自分のことを気にしてくれる男性がいたら、その人と付き合った方が幸せになれる こともありそうです。

・会ったらすぐに抱きしめてくる

人間は理性的な生き物とも思えますが、実のところ動物とあまり変わらないと思います。 本当に好きな女性と会えたらすぐに手を繋ぎたい、抱きしめたい、キスしたいと思うのはごく自然で健康的な反応です。 街中では人目があるので控えるかもしれませんが、自宅デートやカラオケボックスのような密室空間では我慢できずスキンシップを計りたいと思います。

特に体の相性が良い女性は肌が吸い付くように合い、ピッタリフィットしてリラックスできる感覚があると言われているので、 尚更触れ合いたくなります。 一見体目当てのようにも思えますが、遺伝子的な相性が良いとも言えそうです。

男性が好きな女性にとる態度は直接的な行動

男性は遊びか本気か見分けるのは女性に比べれば単純でわかりやすいと思います。 本気で好きになれる本命彼女の場合、会えばそれだけエネルギーのようなものが充電でき、 活力が湧いてきて仕事を続けるモチベーションにもなります。 逆に遊びの女の場合は、関わるのが面倒くさいので、連絡頻度は少ないし、普段は放置気味になります。

ただ、本命でもキープでも、心境の変化によって昇格も降格もすることがあり得ます。 人間の気持ちは一定ではなくちょっとしたきっかけであっという間に変わるもの。 自分を好きだという明確なサイン、行動や態度がなくてもアプローチしていれば好きになってくれることもあります。 相手の気持ちを読み取ることも楽しいですが、女からもアタックを仕掛け幸せを掴むという選択肢があることもチャンスを取りこぼさないために意識しておきましょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)