出会いがない社会人女性が彼氏を作る方法

世の中の出来事の大半は確率論的に起こっているものであり、 ドラマチックな展開の大恋愛を希望しても、そのロマンスの主人公やヒロインになれる人はほんの一握りだったりします。 学生時代を思い出せば美男美女カップルは極一部で、他の男女は妥協してとりあえずお試しで付き合ったり、友達から見下されたくないから彼氏を作ったり、若い青春時代の遊びみたいな気持ちだったりすることもあります。

そして恋人がいるリア充はクラスの約半分でもう半分は彼女も彼氏もできない非リア充です。 つまり大まかに50%の人は異性のパートナーがいない孤独で寂しい学生時代を送る。 社会人でも同じことで恋愛に消極的だったり奥手、受け身な性格だと美人や可愛い子でも出会いが無い女性は意外と多かったりします。

恋愛成就の確率を高めるためには、男性に対する積極性や出会いの数を増やすことが最も重要な事です。 沢山の人に会えば理想が高望みでも好きなタイプに一致する異性も出てくるし、女性が自分からアプローチした時の恋愛成功率は大幅にアップします。 つまり、アクティブに行動すればそれだけ彼氏ができる確率も高まるということです。



人生も仕事も婚活も全て同じことで、失敗を重ねながらも、自分が頑張った分、努力した分だけうまくいく可能性が上がっていきます。 運命的な恋愛論とは対照的でちょっとドライな考え方ですが、極端に言えば男女の出会いも一種の数字に過ぎない面があります。

彼氏ができない多くの女性が陥っている心理に「彼氏が欲しいけど自然に出会いたい、本気の恋愛がしたい」 という願望がある。もちろん学校の同級生、職場恋愛や仕事先で知り合った人、偶然の出会いから声を掛けられて馬が合って意気投合、みたいな者は理想的です。しかし、そのような幸運、ラッキーが起こる確率は著しく低い奇跡的なものです。

本当に幸せになりたいのなら、人生を運任せにするのではなく自分の行動によって成功確率を高めていかなければなりません。 そういう理由で、自然に出会う、そしてその人から真剣交際を申し込まれるという展開にはそこまで期待し過ぎず、自分のアクション、アタックによって彼氏を作ることを第一に考えましょう。変な言い方ですが「意図的に出会う」ことが求められていると思います。

スポンサーリンク

社会人女性が彼氏を作る方法、心構え

・プラスオーラを出す女になる

人間には明るい人と暗い人に分けることができる。 ネガティブ思考かポジティブ思考かどちらの方が印象が良いかは明らかで、愛想が良くて楽天的な女の子の方が当然モテます。 職場で一生懸命仕事に打ち込んで頑張っている女性は、目が輝き笑顔で元気一杯、 そんな女性を男性は見逃さないで話しかけたりアプローチするし、人気者になることは間違いなし。 逆にいつも暗くて不機嫌そうな女性には同僚は近寄りづらい。

男性は女性に癒されたいと思っているので、付き合っていて楽しく元気になれる性格の子を本命彼女にしたいと思っている。特に女性は男性よりも喜怒哀楽の感情が顔に出やすく、考えていることによって表情の変化も非常にわかりやすい。 攻撃的な人は目つきが鋭くなるし、否定的な人はどんよりした雰囲気が漂う、 穏やかな人は優しい顔つきをしているし、向上心や自信があり美意識が高い人は目力がありキラキラしたオーラがある。

これは顔や容姿の作りだけではなく、表情や話し方でも全然変わってくるものです。 男性がアプローチしたくなるような魅力的で隙がある女になると、出会いから恋愛へと発展しやすくなります。

・身近に縁が無いか探してみる

結婚相手と出会った場所、知り合ったきっかけランキングの上位は「職場恋愛」と「友達の紹介」が挙げられています。 会社の社内で彼氏が見つかれば仕事内容は収入まで把握できるので、正社員としてのスペック、将来性や安定感などの条件もよくわかって都合がいい。 会社終わりの帰宅時間、アフターファイブで一緒に遊べるのが楽しいし、同じ休日ならデートの時間も合わせやすい。 友人が仲人になるケースでは、ちょっと強引だけどお試しで付き合ってみようという気になりやすく、ノリでそのまま結婚までしてしまう人が多いという。

男女はグループ内で強制的にペアを組まされてみれば案外すんなり順応していきます。 現代社会は相手を選び放題な自由恋愛という側面が強調されているので、誰と付き合おうか迷ってしまいますが、 学校や職場のように初めから付き合える可能性がある異性が絞られていたり限定的だと進展も早い。

facebookやtwitterなど、代表的なSNSの同級生やフォロワーなどで余っている男はいないか、また彼氏候補を紹介してくれそうな友達を当たってみたりもしてみましょう。また、今の職場に異性がいなくてつまらないなら出会いがありそうな会社に転職してしまうのもアリでしょう。 激務や残業で忙しいブラック企業でも、人間関係が良好なら案外頑張れるものです。

・待つだけじゃなく出会いの場所へ自分から男を捕まえに行く

女性は男性から愛されることで幸せを感じる本能があり、できれば男性からアプローチされたいというのが本音にある。 だから、好きな人からメールやラインが来たり、告白されるのをじっと待っている。 よほど親密な関係でもなければ女性の方からデートに誘ったり押してくることは滅多にありません。 ひたすらモーションが来るのを待つだけの現状維持では、運が悪ければ一生涯独身という結果も見えてきます。

家と職場の往復で出会いが全然ない場合、何かしら自分でアクションを起こして環境を変化させないといけません。 学生時代は女子校でもなければ自然と周りに異性がいましたが、勝手に彼氏候補が揃えられている学校という環境は実は非常に贅沢なものです。 大人になってから、学校のクラスや部活と同じ人数の異性に出会うのはなかなか難しいものがある。

逆に言えば、20人ぐらいの異性と知り合ったり男友達になればその中の誰かとは付き合える。 数打ちゃ当たるみたいで下品かもしれませんが、男女がペアになるなんてのはこのような法則です。 大勢の男性、できれば片思い中の気になる人に自分をアピールすることを心がけましょう。

恋愛成功率は積極性と比例するもの、日本人女性は外国人に比べると全然奥手で消極的らしいです。 初対面や知り合って間もない男性からデートに誘われた時、いきなり付き合うとか結婚とか将来の安定などを考えず、今を楽しむために遊べるぐらいにフットワークを軽くしたいところです。後先考えてばかりで慎重になって尻込みしているとあっという間に婚期を逃し売れ残りになってしまいます。

・土日に短期バイトをする

最近のアルバイト事情は酷いもので、登録型や派遣性のものばかりでうんざりしてしまう。 ただ、この種のバイトはメリットもあり、好きなタイミングで仕事に入れる会社もあったりする。(仕事が一向に来ない会社もある)

ライブ会場の設営、ピッキング軽作業、結婚式場やホテルの配膳、商品PRなどは出会いの宝庫で、 お互い単発で交流するだけなので、後腐れなくアプローチすることができる。 もちろん単発ではなく週末だけ定期的に働くのもありです。

・街コン、カップリングパーティなどの出会い支援サービスを利用する

金の力ですべて解決とまではいきませんが、企業が提供しているサービスを利用するのも出会いの数を増やす方法のひとつです。 軽いお友達を作りたいなら街コンや合コンサイト、婚活をしたいなら結婚相談所、お見合いサイト、カップリングパーティなどがある。 また、他にも季節ごとの各種イベントや、外国人や異業種との交流会、社会人サークル、オフ会などもあります。 最近では女性は無料の相席居酒屋なども流行っています。

お金を使えばその対価として出会いを探す時間を節約できます。 自分がターゲットとして狙っている好きなタイプがいそうな場所へ出向くと成功率がアップするでしょう。 出会いに関しては男性が優良で女性は無料の形式も結構あるので、探してみると面白いところが見つかると思います。

・ネット恋愛で彼氏を作る

ネットで異性と知り合うと言うとどうしても出会い系のイメージが強いのかアングラ感がある。 しかし、最近はいきなり体目的の割り切った付き合いを募集する掲示板みたいないかがわしいものは廃れ気味であり、 最近は普通に友達やメル友になってから少しずつ仲良くなる正攻法の恋のステップが主流になっている。

ネットの出会いに偏見が無ければ、相手のスペックや性格、顔写真があれば見た目もわかるので、これほど出会いに適しているツールはありません。 ネットを使えば実際に面と向かって会うよりもはるかに効率よく、多くの人と知り合うことができます。

facebookやtwitterは若者なら誰もが当たり前のように使っていて、フォローや友達申請、メッセージを送れば関係を深めることができる。 特に女性はアプローチが迷惑メール並に来ると思うので、本当に誠実でいい男を見極める目さえあれば、素敵な彼氏とも付き合うきっかけが作れる。 他にも最近はスマホの出会いアプリもあるので、女性からすればより取り見取りではないかと思います。 ただ、さくらや悪質業者、結婚詐欺師や変質者など、関わってはいけない類の人も大勢いるので、 実際に顔を見せてもらったり、メールのやり取りや通話の印象から信頼できるかどうかを確認しておくことをお勧めします。 その点、本名表示のフェイスブックは派手に悪いことはできないので最も安全です。

他にもニコ生、ツイキャス、スカイプなどで知り合ってコメントやチャットから仲良くなることもある。 顔出し配信をしている生放送は毎日見ていると親近感が湧き、いつの間にかファンになっていることが多い。 そして、実際にskypeやLINEなどを交換して生の声を聴きながら会話をすると、相手との相性の良し悪しもなんとなくわかるし 声が聞こえると安心感もある。

ネットで彼氏を探すと、ダメ男か一途に愛してくれる男か、彼氏や結婚相手としての条件はどうかが調べられて、そしてボタン一つで自分の存在をアピールできる。インターネットを使って彼氏を募集したり出会いを探す方法は価値観が堅い人にとっては最終手段かもしれませんが、悪い男に騙されないように注意さえすれば、出会いの数をほぼ無限に増やせるメリットがあるのでやってみて損はないと思います。

・一人で出歩いてナンパ待ちをする

裏技的というか悪い男が引っかかりそうで難しいですが、 一人で繁華街に外出すると、案外声を掛けてくる男性がいたり、 同じ時間にどこかの飲食店やカフェなどに通いお店の常連になると気に入ってくれる人が現れたりします。 もちろん自分からイケメンを逆ナンして電話番号やメールアドレス、連絡先を交換できればそれに越したことはありませんが、 散歩で気分転換を図りながらついでに誘い受けを狙ってみるのも面白いと思います。

男性がナンパしやすいと思う女性の特徴としては、髪の毛がプリン状態、肌の露出が多い服装をしている、歩くスピードが遅い、周囲をキョロキョロ見渡して挙動不審、一人で写真を撮ったり何かしている、地図を見たり道に迷っている素振り、ゲーセンのUFOキャッチャーをしている、一人飲み会や一人焼肉をしているなど。 とにかく単独行動をしていれば、稀にチャンスは訪れます。 服装をピンクで可愛い系にしたり、気になる人の目をじっと見つめるなども効果的。 ただ、この方法はあくまで受け身なのでストレス解消やダイエット、ショッピングなど一人歩きのついでにやってみましょう。

・趣味や習い事から人脈を広げる

人は自分と似ている特徴を持つ人、共通点が多い人に仲間意識や親近感が湧き興味を持ったり好きになる心理があります。 そのためには沢山の知識を蓄えて、さらに特殊能力的な趣味を持つと人が自然に集まる体質になる。 例えば、バンド活動をやっていれば、それだけで人は関心を持つし、音楽関係の人は似たカテゴリーの人なので仲良くなりたいと思う。 この例と同様に、自分が多くのことをやればやるだけ人脈は自然と増えてくる。

部活動が同じだとか、変わった専門分野があるとか、好きなネットゲームがある、コスプレ好き、ボランティア活動をしているなど。 要はどんなことでも男女が入り混じれるような場所で行動を起こせば、誰かが自分を見てくれるようになるのです。 自分の部屋に引きこもりボーッとテレビを見ているだけではいけません。 何でもいいので、自分がやりたいことを考えて目標を持って日々成長できるように活動しましょう。

彼氏が欲しいと思ったら即行動しよう

恥ずかしいからとかプライドが傷つくからと言って何も行動しなければ現状から劇的な変化は起こりません。 また、出会い方やきっかけにこだわりがあったり偏見がある場合も注意が必要で、 頭が固いままだと彼氏ができない独身のまま30代、40代になって売れ残りと呼ばれ結婚を前提にした出会いの数も減ってきます。 20代前半ならまだ大丈夫かと思いますが、年齢を重ねるとどこかで焦りや不安が出てくると思います。 もし「今の自分は不幸だ」と確信したら心に余裕を持ちながらも幸せになるために必死で行動しましょう。 何度失敗しても諦めなければいずれ彼氏ができるとは思います。

世の中には独身貴族のまま優雅に過ごす男女も一定数います。 一人で生きていくという選択肢もありますが、やはり異性のパートナーと結婚して、家庭が作れると人生が豊かでより面白いでしょう。 ただ、行動を始めた途端、簡単に理想の彼氏ができるわけではなく、継続的に出会いを求めて活動し、それと同時に自分磨きやスタイルを良くするなどの努力をすることが必要です。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大