男性をドキドキさせる、恋愛対象の女として意識させる方法

男性は基本的に鈍感なので、女性の遠まわしな脈ありサインや好きアピールに気づいてくれる人は少ないと思います。 本当に惚れた男が相手なら、できるだけ好意がバレてもいいぐらい露骨にアプローチしましょう。 男性は性的対象として女性を見られないと積極的に親密な関係に進展させたいとは思わない。 男性をドキドキさせることができれば、女として意識されて告白させることに繋げることも可能です。 受け身で相手からの仕掛けられるのを待つだけでなく自分からモーションを仕掛けて男性を落としていきましょう。

スポンサーリンク

男性をドキドキさせる方法、言葉、しぐさ、メールテクニック

・相手に波長を合わせる

人の心理には自分と共通点が多い人を好きになる類似性の法則があります。 自分が片思いをしている人を勝手に自分と似ていると思い込む同一視という気持ちもある。 両思いのカップルはこの二つの心理が相乗効果を起こしお互いに似た者同士になったりすると言われます。 つまり、彼氏候補にしたいという気になる人がいたら、とにかく相手のペースに合わせるとそれだけでうまくいく確率が高くなる。

相手の意見に同調、共感する、仕草を真似るミラーリングなどを行う、呼吸のペースを合わるなど、 一致する部分が多いとより本能レベルでお互いの心が通じ合い一体感で胸がドキドキしてくる。 目と目が合うのはその最たるもので、職場や学校で視線を感じるから気になって自分も相手をの方を見て見つめ合う時間ができるという、アイコンタクトを何度もしていると、いつの間にかお互い好意が膨らんで両思いになってしまうのです。

逆に彼氏と別れたい時に冷めさせるのも簡単でひたすら話が合わない女を演じればいい。 話しかけられても相槌やリアクションが薄くつまらなそうな表情をして「興味がない」と吐き捨てる。そしてすぐに話を切り替え自分の話題に持っていく。 特に男性は自分の趣味や研究の話がわかる女性が好きなので、 自分の仕事を否定されたり興味がない素振りをされたら急激に恋愛感情が冷めて精神的な距離が離れていく。

・メール、lineでハートマークを使う

男は女に幻想を抱いていて、純情可憐で清潔な乙女であって欲しいという願望が非常に強い。 それはメールやラインのメッセージでも同様で、顔文字や絵文字で可愛らしく彩られているとポイントが高い。 特にハートマークや女キャラのスタンプなどは男をドキッとさせる効果がある。

ギャル文字みたいなのはぶりっ子みたいで嫌だと言う女性もいますが、 男性からすれば女らしさを感じる文面は結構高評価になるところです。 ハートマークは特別好きな気持ちがバレるほどの深い意味もないので、片思い中の気になる人を喜ばせたいならぜひ使ってください。

・食事デートでは隣の席に座る

喫茶店やカフェで不思議に思うのは、大抵は真正面で向かい合う形で席が用意されていることです。 少し不潔ですが、食べながら会話したら唾が飛ぶし、対人不安やコミュ障にとってみれば物を食べて口を動かしている顔を異性に見せるのは若干恥ずかしい。 人間は正面にいる相手に対しては反抗心や敵対心を抱きやすいようにできていて、議論の場では大抵正反対の立場の人が向かい合う形に座ります。

だから、一緒にいる相手とより仲良くなりたいなら耳元で甘い言葉を小声で囁けるしボディタッチも簡単にできる隣の席に座る方が全然自然なことです。 また、人間の周囲にある心理的領域、パーソナルスペースの理論でも男女の物理的距離が近ければ近いほど相手を性的に意識するようにできています。

個室居酒屋やファミリーレストランなど、真横が開いている時は思い切って隣に座ってしまいましょう。最低でも斜めぐらいの位置はキープしましょう。 常識では食事デートでは真正面に座るものなので紳士的な男性は遠慮して「隣に来いよ」なんて言い出せません。力を入れていて本当に男性をドキッとさせたいデート中なら、小悪魔系女子になりきって、もやもやとした曖昧な価値観で決められている空気を壊していきましょう。お互いに好意がある男女が食事をするなら隣に座る方が絶対合理的です。

・褒めて優越感を抱かせる

男性は本能的に誰よりも強くありたいと思うもので、力強さが子孫繁栄にも繋がります。 しかし、世の中は男性の自信を無くさせ自己評価を低下させる競争で溢れています。 社会に出れば会社の上司やお客さん、クレーマーなどに怒られたり罵られたり見下されたりもして、自分がいかに未熟か思い知らされます。 だからこそ、褒められることに飢えていて、それが異性からではれば非常に嬉しくてドキドキします。

男性は褒められることに慣れていないため、褒めてくれる女性に対しては特別な人として好印象を抱きます。 よっぽど演技臭くなければ褒め言葉は男のプライドを満たして満足させる効果があります。 男性の承認欲求を満たせる女性はあまりいないので、女性を褒めるとき以上に男性を褒めるのは簡単に効果が実感できます。

・心を開くしぐさをする

人間の本音、本心は無意識にこそ現れるとされており、相手も無意識にしぐさや態度で自分への愛情をチェックしています。 例えば腕を組む、手を握り拳を作るなどはガードのポーズであり、自分を守っていて相手を信頼していないことを意味しています。 右隣にいる男性に対して右肩にバッグを掛けていると、バッグが遮蔽物の役割をしてお互いの心理的距離が若干離れます。 このような些細なしぐさや態度が、居心地の良い悪いに関わる理由になったりします。

具体的に心を開く仕草の例を挙げると、 手足の力が抜けていてブラブラしている、テーブルの上で両手を広げている、 頭や鼻の下、口元などを触る、手のひらを相手に向ける、足が緩やかに開いていたり組み替える、髪の毛を掻き上げたり撫でる、スカートの裾を気にする、小首をかしげる、無防備な姿や背中を見せるなど。 俗に言うアンニュイな感じで気怠い脱力系女子は、癒し系と認識されて男ウケがいい。

それは、無気力で警戒心が無い様子が男性をドキドキさせる要因になっているからです。 ガードが堅い女はお高く止まっているので追いかけるのが面倒くさい、それよりも隙がある緩い女の方が狙い目になるし男は手を出しやすいのです。

・ちょっとした気配りをする

相手への思いやりが垣間見えてほんわりした空気になる瞬間がある。 子供や犬に優しくしたりなども女の子らしくて可愛い。 男性に対しては服に糸くずがついてたら取ってあげたり、靴ひもがほどけたら結んであげたり、 食事のときに布巾を渡したり、このようなちょっとした優しさに男性はドキッとする。

男性は案外情に厚いのところがあるので、親切にするとお返しとしてより大切にしてくれるようになったりするタイプもいます。 おせっかい焼きにならないように注意しつつも、チャンスがあれば気配り上手なところをアピールしてみましょう。

・いい匂いがすると言う

男性は自分の体臭をそこまで気にしている人はおらず、 女性から指摘されないとどんな香りがしてるのかわかりません。 このように自分では理解できないもやもやしている不安な部分を褒められると嬉しく思います。 オシャレな今風男子ならお気に入りの香水をつけていることもあり、 香水のセンスを褒めることで相手の趣味や好みを認めることに繋がります。

また、女性は嗅覚が優れていて自分の遺伝子と遠い遺伝子を持つ男性に魅力を感じる判別能力がある。 ただのおべっかではなく、本心からいい匂いだと感じられたら抜群に相性が良い証拠になります。

・変わっているところやコンプレックスを好きだと言う

男性はよっぽどの自信家でもない限り必ずどこか欠点や弱点だと自覚している部分があります。 よくあるコンプレックスには低身長、チビ、ハゲなどは代表的で、これらは基本的に話題に出さないのがマナーとされていますが、 あえて触れて「そこがいいんじゃん」と軽いノリで褒めたりすると男性の自尊心は満たされます。 普通の人がドン引きしてしまいそうなことでも認められると恋愛対象、結婚相手として長く付き合いたいという意識が生まれます。

内助の功的に夫を支える妻の特徴として褒め上手で男を立てるのが得意なことがあります。 男性は女性から応援されたり優しく見守られてるだけでやる気やモチベーションが湧いてくる生き物で、 彼女や嫁さんがエネルギーを与えるあげまんタイプだと彼氏、夫はどんどん自信をつけ活動的になって出世していきます。 変わった趣味や人から嫌われるような隠したくなるところを、あえてオープンにして褒めることで男性は安心感を覚え「この女は他とは違う」 と手放したくない本命彼女になります。

男性に女として意識させるコツは、とにかく行動すること

女性は自分が想像してる以上に普段から女らしい振舞いや身振り手振りをしていることに気づいていません。 モテる女は男を友達と同じように扱う気さくさがあるので、自然体で笑顔を浮かべて人と接するのが得意です。 そして緊張せずに素に近い感情を出している時、女性の性的な魅力は勝手に滲み出ています。 ただ、あまりにもオッサン臭い女子は意識的に女らしさを勉強することも大切かもしれません。

ネガティブな感情に支配されたり相手に嫌われないかなど傷つくことを恐れて委縮していると、女としての魅力も半減してしまう。 女性は直立不動で止まっているよりもモデルさんのようにクネクネと動いていた方がセクシーでフェロモンを感じさせます。 男性は些細な事でも何かしらアクションを起こせば可愛いと思ってくれる単純な生き物なので、細かいテクニックを使わずとも自由奔放に自分のやりたいことをやってはしゃいでる姿が一番ドキドキするしキュートで癒されることでしょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大