女性の好意のサイン、キスOKかどうかは態度でわかる

女性は男性と接している時、無言のメッセージを発していることが多い。 もっと質問して話を聞いてもらいたい、褒められたい、キスされたい、抱かれたいなど、 その欲求は様々ですが、女性からの脈ありサインやしぐさを見抜けない鈍感な男性は愛想を尽かされ嫌われる。 女性は自分からのアプローチはプライドが傷つくし恥ずかしくてできないので、男性に行動力や積極的なアクションを求めています

明らかに甘いムードで好意を感じたとき、キスしてもいいかどうか雰囲気で理解できるとき、 何も言わずに男らしく迫ってきてほしいと思っている。 脈あり態度やサインを見極めるだけで終わりではなく、女性の好意の先に男性の愛情表現があってようやくゴールであることを忘れないようにしよう。 根拠のない自信があり無鉄砲に挑戦する、失敗を恐れない男は彼女が途切れていないと思います。

スポンサーリンク

女性の脈あり態度、キスOKサイン

・デート前に女性から会いたい意志を感じられる

女性はデートに誘い出せたとしても、大抵はまだ彼氏候補になるか審査中のような心理状態で、本気で付き合いたいと思っているかどうかは半々です。 しかし、女性の方から積極的に会いたがっている時は会ってすぐに手を繋いだりキスしても全く問題ないぐらい好感度が高まっているケースが多い。

連絡がマメで返信が早い、 メールやラインの返信が遅いときに返事の催促が来る、 絵文字や顔文字、スタンプで彩られており、さらに長文や適度な質問、疑問文、ハテナマークがあるなどがよくある脈ありメール、ラインの特徴です。 逆にこちらからメッセージを送らなければまったく反応がない女性もいます。 乗り気で自分から会いたがっている時は、よっぽどのヘマをしない限り余裕で勝ち確定のボーナスタイムです。

・夜の時間帯のデートに誘われる

終電を逃すような夜中に遊んでくれるのは高確率で脈ありです。 夜中にお酒を飲んだりカラオケなどで遊び歩いていたら、 ホテルに泊まるか、一人暮らしの家に行くかぐらいしか選択肢がないので、大幅に距離を縮めて親密になれる可能性大です。 女性もあえて終電を逃したという口実、言い訳をして男性との仲を深めたいと計算していることもあります。

昼間の時間帯は露骨に下心を出すのは気分的に難しい。 夜は基本的に薄暗く人気のない道ばかりでムードも盛り上がり親密度は大幅にアップしやすい。 社会人では、仕事後のアフターファイブに食事に付き合ってくれるなら大いに期待していい展開です。

・目を合わせてくれる

人間のコミュニケーションは視線が入口と言われており、 目と目が合った瞬間に相手の友好度、好意、相性などが一瞬で察知できる本能のようなものがある。 好きな人を見ると瞳孔が開き、思わず凝視してしまうし、何度も見返したくなる(二度見、チラ見、横目で見る、遠くからでも目が合う等)。 学校や職場恋愛で両思いの男女は無意識のうちによく目が合うよ法則があります。 そして自然に表情がニヤけて笑顔になり目が輝いているように見えることもある。 また、恥ずかしくていつも以上に視線を避けるスピードが速くなることもある。

明確な好意のサインとしては3秒以上じっと見ても、相手が目を逸らさなかったらそれは高確率でキスしたがっている証拠です。 キスしたい時にあえて上目使いで見つめて誘惑してくる女性もいます。この点では低身長女性は常に男性を魅了しているとも言えますが。 ただ、視線をチェックをしてみて目を逸らされたからと言っても自信を無くすこともない。

世の中には恥ずかしがりで好き避けをしてしまう人もいて、 本当は見つめ合いたいのに、緊張に耐え切れずに逸らしてしまうこともある。 そんな女性はあまり目が合わなくても抵抗なく近づけたりキスすることができたりする。 視線もあくまで判断材料の一つとして使っていきましょう。

・ボディタッチをしてくる、しても拒否しない

女性が自分から男性の肌に触れるようなことは滅多になく、彼氏彼女の恋人同士、カップルでもなければあまりしません。 相手の方からもたれ掛ってきたり、手や肩、脚などを触るスキンシップをしてきたら、ほとんど確実に性的対象として見られています。 歩いている時にわざとか無意識か、手が触れ合うぐらいの近さだと心理的距離が近く相性は抜群だと思っていい。

また、自分からボディタッチすることはなくても、男性からちょっと手を握ったりして拒否しないか握り返してくるかの反応を伺ってみれば、 現時点での男性に対する大体の好き嫌いの評価はわかります。 少し喋り疲れて会話が止まり沈黙状態になった時が触ってみるタイミングとしてはベストだったりします。 顔を近づけてたり、髪を撫でたり、肩や腰に手を回したり、手を握ったりしてリアクションを伺いましょう。

何の抵抗もなくすんなり受け入れてくれればもう確実ですが、 「イヤイヤ」「やだ」と言いながらも抵抗が弱く照れ隠ししてるようだと、内心スキンシップに喜んでいることもあり、強引に求めてほしいと思っていたりもする。女性は好きな男性に対しては大胆に近寄ってくるもので、何か怪しい狙いでもあるのかと思うぐらい積極的になる一面があります。 孤独感や寂しさがあったり、性欲の波が来てる時の女性は男性以上にアクティブなハンターのような気がします。

・会話を盛り上げようと頑張ってくれる

女性は基本的にお喋りが好きで、会話によってストレスを解消していたりします。 女子会では人の話に共感したり相槌を打ちつつも、いつ自分の話をみんなに言おうかと隙を伺っていて、 誰もが自分の話題を話したいと思っているらしいです。

つまり、女性にとっては会話を続けようと頑張るという行為は、一緒に楽しもうと一生懸命行動しているというこおです。 そして、沢山質問を振ってくる時は、その男性に片思いをしていたり狙っていることが多い。 例えば飲み会で、「好きな食べ物は?」「最近ハマっていることは?」「彼女いるの?」など根掘り葉掘り訪ねてくる女性がいたりする。 これは男友達として聞きたいだけの場合もありますが、大抵はお持ち帰りも視野に入れてアタックしている最中です。

自分のことを話したい女性にとって、男性に会話のパスを出すという行為はよっぽど好きな人にしかしないことです。 メールでも、脈なしや恋愛対象外の男には無視、シカト、返信しないという冷たい態度を取るのが普通です。 つまり男性側が無言で大人しくても女性がコミュニケーションを継続しようとしていれば、もう口説けば落ちるぐらいの好印象を抱いているという可能性が高いです。

・自宅デートOKの時

一人暮らしの男に家に誘われて行くというのは、単純にインドア派なだけでなく、女性としてはそれなりの覚悟はあって準備してきていると思います。 外出デートをする時並にオシャレをビッチリ決めてくるし、 どんなに若い女性でも、勝負下着で可愛く見せ気分を盛り上げてきます。

また、家のようなわかりやすい場所に誘いだせなくても、 個室居酒屋や漫画喫茶、ネットカフェ、カラオケなどの二人きりの密室空間が作れる環境も似たようなもので、 二人きりになれる場所に連れ出せる時は相手の押しや雰囲気次第ではキスぐらいは許してもいいと思っている場合がほとんどです。 逆に初デートで「家、個室は嫌だ」という女性はガードが固く何度もデートをしないと警戒心を解かせるのに苦労するケースがほとんどです。

・頼みごとをしてくる

良識ある女性は自分が信頼している男性でなければ、援助を求めません。 例えば何かしらないことを教えてほしいと頼む場合、実際のところ知識が欲しいのも半分だけど、 教えてもらえる男性と仲良くしたいという気持ちの方が若干上回っていると思います。 恋愛相談を異性にする女性は、実のところ片思い中の相手か彼氏と同じぐらいに相談している相手のことを気に入っている可能性が高い。

女性は自分から要求することは稀な事で、手助けしてほしいと協力を求められるのは相当信頼されている証であり、大抵は押せばイケるというぐらい好感度は高まっています。 ただ、腹黒い女性も結構いたりして金品を要求したり、自分の名声を高めるために男性を利用とすることもある。 この場合は悪意があるので通常の頼み事の仕方と違いがあるので、 よっぽどのコミュ障か、モテない恋愛経験がない人以外なら気づくと思いますが。

・シャイな女性は好き避け態度をする

声をかけても遊んでいても無表情であまり面白くなさそうに見える女性がいたりする。 しかし、この手の女性は好き避けしている可能性が高く、実はデートを楽しんでいたりする。 周囲の人に好意がバレるのが恥ずかしくて素直になれず、つまらなそうな態度を取ってしまう。

奥手で消極的なので、自信がない人だと「俺のこと好きじゃないのかな」なんて諦めてしまいますが、 その逆の好きすぎて目を見れないし話せない場合もある。 漫画のキャラでも不愛想で素っ気無いのに本音では彼氏への愛情は深い女の子っていますが、まさにあれのリアルバージョンみたいなものです。

女性は好意を持っている男性には超積極的なアプローチをしている

付き合う前の恋愛はお互いに好きか嫌いか曖昧で、特に女性は男性を審査する立場であることが多いので、男性にとっては不安なものです。 女性は感情を表に出さないので無言のメッセージとしてしぐさや態度、行動に好きサインを出します。 そして、その勢いは相当のもので、運が良い時はとんとん拍子に恋愛が進展していきます。 男性としてはOKサインを敏感に察知し、攻めるアクションを起こしたいところです。

女性の恋心は変化が激しい、初デートで手を出さないのは紳士的で高評価ですが、 2回目3回目もまったく手を出されなければ女性は自分に魅力がないのかと自信を無くします。 また、さっきまでOKだったけど、今はNOの気分という気分屋な一面が女性にはあります。 脈ありサインが出たからと言って安心せず、がっつくタイミングでは強引に押していきましょう。 女性も本能的には男性から好きだと積極的に求められ迫れることを望んでいるのです。

女性の恋愛感情はとにかく変化が激しいもので熱しやすく冷めやすい。 気分が盛り上がったタイミングを逃してしまうと、次のチャンスが来るかどうかはわかりません。 せっかく女性がしぐさや態度で誘っても、それに乗ってこない男性の評価は著しく下がります。 「情けない男、物足りない男、いい人すぎる、優しすぎる、真面目すぎる」など ダメ男のレッテルを張られて、恋愛対象外フォルダへと移動させられてそれっきり会ってもらえなくなります。

大人のモテる男としての魅力は余裕、自信、行動力、包容力など女性の愛されたい願望を満たす特徴です。 脈あり態度が垣間見えたとき、キスOKの瞬間だと思ったとき、最後の一押しをするのは男の役目です。 男は恋愛においては受け身で待つだけでなく、攻めなければ好きな人と結ばれる成功確率も低く女性から彼氏候補として認められません。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大