押しに弱い女性の特徴、落とす方法

恋愛で7割ぐらいの女性は受け身で自分からのアプローチはほとんどしません。 街中を歩いていてもナンパはチラホラ見ますが逆ナンする人はまったく見かけないでしょう。 自分から告白したり、デートに誘うほどの積極性を見せて女性は、 同じ職場や学校など属するコミュニティが同じである程度友達として交流がある場合のみです。

ほとんど他人状態から仲良くなるには男性からアクションを起こさなければ女性は関心を持ってくれないでしょう。 つまり、性の役割としても潜在的にも女性は受け身の誘われる側で、高確率で積極的な男に弱いとも言えます。 今回はそんな女性の中でも特に押しや強引な誘いに弱い女性の特徴と落とす方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

押しに弱い女性の特徴

・おおらかでいい加減なところがある

ある程度の人間を見ていれば、明らかにゆるふわ系で目つきがちょっとぼんやりしてそうな女性を見たことがあると思う。性格は意外と普段の表情や目つきに現れています。 このような女性は天然系、癒し系という二つの要素を兼ね備えており、大抵は男にも優しく接してくれる。 男性から誘われた時も「そういう流れならまぁいいか」と悟ったようなノリでボーッとしたままついていってしまうところがある。

外見的な特徴としては、髪がプリン状態、アホ毛(髪がぴょんとハネてる)がある、靴擦れしている、大きいバックに物が沢山入っている、部屋が汚い、人と違うオシャレなファッションが好き、露出が多い服装をしている、容姿が良い美人、などがある。

・自己評価が低い

自分に自信が無い人は、消極的、内向的、内気、シャイ、恥ずかしがり屋という特徴を備えており、 自分から男性の声を掛けたり話しかけるのが苦手という女の子が多い。 自己肯定感が低いと、劣等感があったり、周囲から虐げられている感覚を持っていたりするため、 褒めてくれる男性に感激する。

醜形恐怖症や痩せてるのに無理なダイエットしてしまうように、自分のルックス、体型が気持ち悪いものだと勘違いしている女性も案外いる。自分に自信が無いので、堂々として男らしい人に魅力を感じやすい。 ただ、あまりに卑屈になりすぎて、アプローチを全く受け入れないタイプのブス、不細工も多いので注意が必要です。 意外と顔が可愛い子でも友達が少なかったり人見知りで喋るのが下手だったり自信がない子もいます。

・寂しいタイミングで押しに弱くなる

女性は男性に比べると誰かと仲良くしたい、親密になりたいという親和欲求が強い。 だから、少しでも孤独感を感じるとそれを解消するために友達と遊びたくなったり、男性からのアプローチになびきやすい心理状態になる。 よくあるパターンでは、彼氏と別れた直後、受験勉強の最中、上京して一人暮らしを始めたばかりの時期、 新入社員で仕事がうまくいかないで悩んでいる時など。

人はストレスが掛かると異性を強く求める傾向があります。 一人で道に迷ったとき、手を差し伸べてくれると救われた気持ちになる。 女性が独り身で寂しがっている時、押しに弱い特性が強く出てきます。

・誰からも好かれたいと思っている人

八方美人で誰にもいい顔をする人は、誰にでも気さくで友達のように振る舞う。 恋愛対象外みたいな接し方なのでそれが「俺のことあんまり異性として意識していないのかな」 と男性に疑念を抱かせアプローチされなくなってしまう。

普段社交的な女性は、人間関係を壊したくない、嫌われたくないという願望があり、空気を読んで行動する性質があります。普段は本当の気持ちを抑えていて自分を出さないので、本音を解放させてあげるように質問したり誘導すると惚れられやすい。悩み事や恋愛相談などしたり、自然体でコミュニケーションを取ると、好意を持たれて心を開いて本心を出してくれます。

・常に彼氏をキープしたがる恋愛依存症の女

男女共に異性に依存して、沢山遊びたがるタイプが存在している。 この手の女性は本命彼氏とは別に遊びの男をキープしていたり、 彼氏に飽きたら次の乗り換え先を探していたりとフットワークが軽くて尻軽、彼氏が途切れないという特徴がある。

恋愛依存症のようなものなので、一度彼氏候補として気に入られれば一途に尽くしてくれる一面がある。 ただ、ノリが良く移り気なので、しっかり捕まえておかないとすぐ他の男と二股、浮気してしまうという小悪魔女子な特徴を持っている。 自分の女としての価値をよく理解しており、明るく愛想がよくて可愛く、そしてずる賢いところがあるので、 男に常に人気でとにかくモテる女です。

・協調性があって流されやすい

押しに弱い女性の特徴として、非常に性格がいいことが挙げられます。 会話もデートの約束も相手のペースに合わせるので、遊んでいる時に癒されるし一緒にいて楽しい。 男性の意見にとりあえず共感や同調することが多く、否定したり悪口を言うことはほとんどない。 それは愛情に対しても同じで相手の好意や欲求にも自然に応えてくれます。

良い意味でも悪い意味でも優柔不断で自分を持っていないので柔軟性がある。 偏った視点からみれば恋愛対象が広く少し軽い女にも思えます。 この手の女性は決断力があり引っ張ってくれるリーダーシップがある男性に憧れているところがある。

・「好きなタイプは好きになった人」という女

女性は外見的なストライクゾーンが非常に狭く、第一印象で顔を見て一目惚れする割合は男性に比べて圧倒的に低い。 ただし、それは見た目の話で、コミュニケーションや関わり合いの中で徐々に好きになることは頻繁にある。 好きなタイプは好きになった人というのは、理想の条件が明確ではなく、縁やきっかけがあれば誰でも好きになることを意味している。この種の女性は偶然近くにいた人や、同じ職場、同じ部活動やサークルなど、コミュニティ内で知り合った男性には惚れっぽいところがある。

逆に「芸能人の〇〇が好き」「腕の血管フェチ」「年収500万円以上」など具体的に条件を挙げる女性は想像以上に彼氏候補の選定がシビアだったりする。 将来的に結婚したい相手のビジョンが不明瞭な女性は、口説かれたり告白されて好きになる心理を持っていることが多い。言い方を変えれば環境適応能力が高いとも言えそうです。

・恋愛経験が少ない

困ったことに女性は男性遍歴が増えるごとに打算的になり男に要求する条件が多くなる性質があります。 特に年上男性、年下女性のカップルで付き合って沢山褒められたりプレゼントをもらったりドライブしたりと 至れり尽くせりだった青春時代があると、理想のハードルが高くなります。 また、恋愛経験が浅いと自尊心があまり育たず、自分がどれくらい魅力的なのかが理解できない。 だから、可愛いと褒められたり口説かれると嬉しくなってコロッと落ちてしまう。

彼氏いない歴=年齢の10代20代の若い女性は恋愛経験豊富な30代女性よりも落とす難易度が圧倒的に低く容易です。 まともに男からアプローチされたことがないので、ストレートに「今度遊ぼう」「好きです」というと 簡単にOKしてもらいやすい。だから、女子校出身、女だらけの職場の人、年齢的に若い女性は押しに弱いと言えます。

・真面目で学校の勉強は割としている

学校の教科には非常に無駄が多く、やりたくないことをテストで良い点を取るためだけに覚えなければならない。 そんな一見無駄なことを継続できる女性は、周囲からの圧力に屈しやすい、人から良く見られたい、という特徴があると思われる。 このタイプの女性は基本的には優等生の良い子ちゃんな振舞いをしていますが、 本当は世間体を気にせず自分の中にある変人っぷりを披露したいと思っており、 抑圧されている本性を打ち明けられる彼氏を欲しがっています。

また、女子高生などは塾通いの鬱憤や親からの期待から解放されたいという欲求もある。 だから、非日常を提供してくそうな刺激的な男性に好意を持ちやすい。 差別的かもしれませんが、低学歴よりも高学歴で勤勉な女性の方が押しには弱い傾向があります。 エリート意識やプライドの高さ故に優秀な人と自分を比べて自信を無くしてる人が多いのでしょう。

押しに弱い女の落とし方

・反応が悪くないなら少し粘ってみる

デートの誘いに一度目からOKしてくれる女性が最高なんですが、 最初は反射的に断ることもよくあります。 しかしその時「どうしようかな」「忙しいかもしれない」など迷っている様子だったり言い訳を用意する場合は、 ちょっと粘ってみると遊びを承諾してくれることがある。

一回目ですぐ乗ったら軽い女だと思われて、自分の価値が下がるので、 内心全然アリだったとしてもあえて困ったように振る舞うことがある。 押しに弱い女性には、適度ながっつきが本気の誠意として受け止められることがあります。 ただ、あまりにしつこいのはさすがに煙たがられる。 そういう場合はメールアドレスやLINEなど連絡先を教えてもらい、しばらく時間を空けてから連絡を取ると、 色よい返事が来る可能性もある。

心理学的にはスリーパー効果と言って、時間が経つに連れて昔の言葉の信憑性が高まり、「冗談じゃなくて本気で好きだったのかもしれない」と考える心理がある。遅くにラインの返事が来て遊ぶのがOKになったりするのもこの効果があるからかもしれません。 とにかく隙があればがっつきすぎない程度に積極的に押すのが攻略のコツです。

・初デートで大幅に距離を縮める

押しに弱い女性は自分の好意があまり明確でなくても、二人きりで会うことがあります。 ここで、しっかり好感度をアップさせないと二度目のデートはないことも多々ある。

押しに弱い女性は、無意識の心理では肉食系の男性に積極的に迫られたい、スキンシップをしたいと本能で思っています。これは自分でも気づいていない感情の可能性があるので、本音を聞いても答えは返ってこない女性特有の心理です。 いきなり付き合ってくださいと告白したり、ボディタッチをして反応を伺ってみたり、無言になったら抱き寄せて不意打ちのキスをしたりガツガツアタックしていきましょう。

多少なりともお互いに脈ありなら基本的には拒否しないし、男らしさを見せつけるチャンスでもあります。 押しに弱い女性は、行動力がない男性が嫌いなので、いい雰囲気、甘いムードになったのに迫ってくれないと 急に怒って帰る人もいます。

・基本は男が関係をリードする

押しに弱い女性は指示待ち人間で人任せなところがある。 何でも言うことを聞いてくれるので自分色に染めやすかったりコントロールしやすいのは確かですが、 逆にいえば的確にエスコートできなければ、自発的なアクションに乏しいので、 男性側がきちんと指揮を取り、女性側が命令に従順に従うという上下関係を築いた方が お互いにとって居心地が良くなる。

デート中に行き先を決めかねてもじもじして決断力がなかったり優柔不断だと嫌われてしまうこともあるので、 自分勝手に振る舞える男、自由奔放で振り回すタイプのS男がモテます。 変に遠慮していい人な行動や態度を続けていると「優しすぎる」という理由で振られることもあります。

押しに弱い女性は彼女にしやすい

押しに弱い女になる要因は様々ですが、彼女募集中の男からすれば、格好の狙い目、ターゲットだと思います。 気立てが良くて男の要望をすんなり受け入れてくれるので恋愛に発展させやすい長所があります。 わざわざガードが固くて難易度高いお堅い女に惚れ込むより、 出会いの数を増やして押しに弱い女性を探す方が効率的で幸せになれる確率も高い。

顔も性格も良くて口説きやすいフリーの女性は必死で探せば案外見つかります。 国の調査データでは日本の男女の半分は異性のパートナーがいないそうです。 せっかくこんなに余ってるんですから、気が強いわがままな女より従順に慕ってくれそうな乙女で健気な女性を彼女、嫁さんにしたいものです。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大