男、彼氏に本気で愛される、大切にされる彼女の特徴

女性は男性から庇護を受けなければ生活するのが苦しい立場で、 子供がいるのなら家庭のためにも食料を持ってきてもらわなければいけない。 だから、配偶者からの愛情が途切れたら何も援助されず大変なことになります。

そうならないためにも、男性パートナーから末永く一途に愛され大切にされる女でなければ幸福な人生を歩めないかもしれない。 彼氏や夫にずっと好きでいてもらうにはどうしたらいいのか、 大切にされる女の特徴、愛される女になる方法や条件を紹介します。

スポンサーリンク

大事にされる女になる方法、愛される女の特徴、条件

・男性の仕事が大変だと理解する

口喧嘩で代表的なセリフ「仕事と私」どっちが大事なの?というもの。 「あなたが一番大事です」が答えなのは間違いありませんが、 お金を稼がなければ生活が苦しくなるかもしれないので、どちらか一方を取るというよりは両立するのが現実的です。

某テニス漫画では恋愛モードと戦闘モードは対極に位置すると言われていたりしています。 特に男脳は一つのことに熱中する性質があるため、仕事で忙しいタイミングでは彼女や妻のことを考えてる余裕はあまりない。好きな人に対してでも男性が連絡しない理由もこれが大きいケースがほとんどです。 しかし、仕事から解放されて余裕やヒマが生まれれば、パートナーに優しくする心のゆとりができてきます。

つまり女性に求められているのは彼氏、夫に依存せずにじっくり待つという心構えです。 愛情確認したいがためにあたふたしたり疑心暗鬼になって真剣交際なのか問い詰めたり責める女性よりも、寛容な精神でどっしり構えてずっと見守ってくれる人の方が男性は安心して仕事に打ち込めます。 男を出世させるあげまん女は献身的に夫を支えるのが特徴です。 極力仕事の邪魔をせず、余計なストレスやプレッシャーを掛けることは控えましょう。

忙しい時に彼女から文句や愚痴、小言を吐かれると仕事のパフォーマンスにも悪影響だし、顔を見るだけでもイライラする存在になり、会社が終わった後も放置され相手にされなくなってしまいます。 仕事の都合で会えない時、デートをキャンセルされた時などに、彼女から文句を言われると怒る彼氏もいます。 仕事は男にとっては聖域でプライベートタイムでもあります。社会人として働いている男の気苦労を理解して優しく接しましょう。

・男にずっと愛される体をキープする

男女の本能の中でも性欲は重要なもので、夫婦の価値観、性格の不一致で離婚する原因も実は体の相性が合わないことだったりします。 雑食でどんな女性でも満足するタイプの男性なら、少し体型が乱れても問題ありませんが、 神経質で美意識が高く細かいことにこだわる男性だと、彼女や嫁のスタイルが悪くなるのは耐えられません。 中には綺麗ではなくなって女として興味がなくなって妻にまったく興奮しなくなるという旦那もいて、 これが浮気や不倫の原因にもなります。

胸の大きさ、お腹回り、ウエスト、お尻、脚など、バランスの良い肉付きに男の本能は刺激されます。 胸は遺伝の割合が大きいので成長させるのは難しいですが、他の部分は筋トレやエクササイズでど磨き上げることができます。

男性は視覚情報で8割興奮すると言われており、女性は心因性の盛り上がり次第で興奮しやすいという(聴覚、嗅覚、ムードなど)。 つまり、幸せ太りなどでトドみたいになった相方のスタイルに、まったく魅力を感じなくなるとやる気がなくなっしなびてしまうのです。 ある種の贅沢病でもあるのかもしれませんが、 男性が若い女性を好むのも、肌が色白で弾力があってピチピチしていたり、 女性ホルモンの分泌が旺盛で女らしい丸みがあってスタイルが良いからです。

30代を超えてくると老化のスピードや肉体的な若々しさには大きな個人差が出てきます。 定期的な運動と睡眠、健康的な生活をしている女性はスタイルも整った状態がキープされています。 男性に末永く愛される、手放したくない女になるためには、体作り、ダイエット、痩せる努力は欠かせません。 男の本能を満たし愛情を得るために頑張るのだから、お金を稼ぐことよりもずっと大切で怠けずに継続的に努力するべきことだと思います。

・いつまでも女らしさを忘れない

男女平等やジェンダーフリーが叫ばれますが、男女の性差は変えようがないもので、 お互いに異性の長所と言える要素を求めていたりします。 女性は男性の上半身は逆三角形でガタイがよかったり、腕の血管、引き締まったお尻、脚の膨らんだふくらはぎなど、体のパーツフェチだったり、堂々として自信がある態度、リーダーシップ、自分の意志を貫く姿などに惹かれます。

男性は女性の曲線美を感じる柔軟性のある体のライン、長くて艶がありサラサラの髪の毛、安産型のお尻、スラッと伸びた脚などが好きで、いつも笑顔で明るい、社交的でお喋り上手、寛容で協調性がある、などの要素に憧れを感じます。

上記の例のように、付き合う相手にも自分とは違うものがあった方が人間的に尊敬できるし、 異性として魅力を感じて心惹かれます。 特に女性の場合は、女らしくて可愛い一面を男性に見せるようにしたい。 大人しくて奥ゆかしい姿、恥じらいを感じるしぐさや様子、陽気にはしゃぐ子供っぽさ、大人の色っぽさ、 オシャレやメイク、見た目に気を使う、ヘアケア、お肌ケアを怠らない、料理上手なところなど。

結婚した後、家族のお母さんではなくいつまでも女でいてほしいと思うのは男性の願望です。 どんなに年をとっても、あるいは20代前後で若くても、 女であることを止めたらオバサン化して、さらにオヤジ化してしまったらお終いで、もう本気で愛せる対象ではなくなってしまうかもしれません。

・プラスエネルギーを与える存在になる

モテる女には大きく分けて天然系と癒し系の二種類がいます。 どちらも男性を元気にさせリラックスさせる人間性を持っているのが共通しています。

居心地のいい女は一緒にいて楽しいし自然体で接することができるので、会っている時はマイホーム帰ってきたかのように心が落ち着きます。 男性を元気にさせる方法は様々で、明るく接する、おしとやかで上品に振る舞う、従順に尽くす、 面白い会話をするなど、色々な手段がありどれも正解です。 自分の性格にあった陽の気を彼氏や夫に注入して充電しているかのような心理状態にしましょう。

また、言葉にも注意が必要で、不安、不満、不幸、悪口、怒り、批判、嫉妬、まずい、くだらない、つまらない、などネガティブワードを 口にされるとその印象が彼女や奥さんの悪いイメージとして頭に焼き付くことがあり、 会うとマイナスなことが起こるんじゃないかと煙たがれます。 逆に、感謝、楽しい、喜び、快感、愛、おいしい、などポジティブワードを口にすれば プラスのイメージが記憶に残ります。

ゆるふわ愛されガールみたいな幸せオーラで溢れてるモテる女は、いつもキラキラ輝いていて、 前向きで綺麗な言葉ばかりでてきます。 この言葉を意識する習慣は男に好かれるだけでなく、人間的にレベルが高くなる理論でもあります。 ただし、無理に空元気を見せるのは自分の精神を疲弊させてしまうので、 外面的に明るくなるのではなく、内面、潜在意識をポジティブ思考に変えるようにしましょう。

・男を立てる褒め上手

男性はプライドが高い一面がある。 実はこれはメンタルの弱さの裏返しであり、人から認められている事実がないと本当の意味で自信が持てないのです。 特に自分の彼女や妻からの信頼や褒め言葉は最も励みになり、モチベーションアップのカギを握るものでもあります。 好きな女が毎日褒めてくれるのなら、男性はその人のために一生サラリーマンとして働き詰めでもあまり文句は言わないものです。 彼氏、夫のファン第一号という立場をキープしておくのが理想的です。

よっぽどのイケメンでもなければ自分を追いかけてくれる女性なんていませんから、 一途で常に自分の味方をしてくれる人が傍にいたら、手放すことはありません。 何か褒めるきっかけがあれば「すごい」「ありがとう」「かっこいい」などの肯定の言葉を投げかけましょう。 男性は女性からの応援があればやる気が出るし、優越感から自信もみなぎって行動力が湧くのです。

・甘え上手で男を手玉に取れる

最近は不況の影響もあってか自立心があり、男並みの経済力を持っている女性が婚活市場で求められているという話がある。 しかし、お金にまつわる心配事であり、恋愛的な側面を考えれば、女性は弱さを見せることが男の保護欲求をくすぐります。 男は女を喜ばせるのが好きであり、人生の目的の一つでもあります。

男に大切にされる女は好意を受け取るのが上手です。 何か手伝ってもらえれば「ありがとー」と嬉しそうな表情をするし、 アプローチをすれば露骨に嫌な顔をせずに愛想よく断り、男を振られても満足な気分にさせます。 「誕生日プレゼント何か欲しいなー」とか「今度のデートは遊園地がいいな」のように 要望を出してくれると、男もその望みを叶えるために全力を出します。

これは一見女性だけが得をしているように見えますが、男性は本気で好きな人に頼りにされ自分の行動で喜んでもらえれば、 自尊心が満たされるので大した見返りがなくてもそれだけで男性心理としては嬉しいのです。 演技派のぶりっ子がモテるのは男の心理を掴む特徴を持っているからです。



また、別の意味でも甘えることは重要です。 女性は自分から好きと言ったり愛情表現することが少ないので、 積極的に甘えられると愛おしく思えます。 自分からすり寄ったり、スキンシップしたり、誘ったり、 受け身で男性からのアクションを待っているだけでは、マグロなつまらない女になってしまいます。

自発的に動く女性は次に何をされるか予測できないので刺激的な存在です。 女の弱さを見せて彼氏や旦那の肩にうなだれて寄りかかると、親密度や絆が深まり、 男性は必要とされることを実感して「俺がこいつを守らないとな」と決意させます。

・無欲で普段の生活に多くを求めない

男は自分勝手でマイペースに生きるのが好きで、一人暮らしをして自分のやりたいことをやり、独自のライフスタイルを送っているだけでもそれなりの充実感があります。 そして、この男性の快適空間を乱す人とは使いが長続きしません。 アレが欲しいコレが欲しい、物欲が旺盛な女性はお世話をするのに金銭的な負担が掛かります。 わがまま放題で経済的にも精神的にも追いつめられると、同棲を解消されたり結婚生活も高確率で破綻を迎えます。

普段から金使いが荒かったり、ブランド物を買い漁るような女性だと、男性としては心が休まらない。 逆に1回のデート代が1000円ぐらいで、普段の生活費も最低限の出費で済む恋人なら、そちらの方が面倒を見れるし ずっと一緒にいたいと思えます。

一見ケチ臭い話かもしれませんが、多くの男性は少なからず一家の大黒柱として家族を支えられるかどうかを真剣に悩んでいます。 だから、質素倹約でお金の匂いがあまりしない素朴な女性が結婚相手としては好まれます。 もし現在付き合っている女性が無駄遣い好きでデート代が毎回バブル状態だったら、 貧乏な男性にとっては財布に優しくないし本命彼女として嫁にしたい女とは思われないかもしれません。

・彼氏、夫に不信感や疑念を抱かない

人間の感情は鏡写しのようなもので、好きになれば好かれるし嫌いになれば嫌われることが多い。 これは人間の神経細胞のミラーニューロンというものが、目の前の相手にいる感情を読み取って共感するからです。涙やあくびが伝染するともよく言われます。 相手がご機嫌そうだとこっちもそれが伝染していい気分になってくる。 逆に暗い卑屈な人が傍にいると、なんだかブルーになってくる。

男女の信頼関係も同じです。 男性が浮気してるんじゃないかと疑い始めると、その疑念が表情や日常の態度から無意識のうちに出ていて、 相手は知らずのうちに「いつもと違うな」と察知します。 そして短期な人にその悩みを口にしたら信頼関係は崩壊の危機になることもあります。

隠れて携帯を覗き見したり、他の女と会ってるんじゃないかと疑うことは、 「私はあなたを信頼できない」と宣言しているようなもので、 そうなると「じゃあ俺もお前を信用しない」と反発心が芽生えてしまう。

これはパートナーの将来に対してもそうです。 「仕事がうまくいかないんじゃないか、給料が少なくて生きていけるのか」みたいな未来への不安からくる悲観的な言動は彼氏や旦那にぶつけてもいいことはありません。精神的に彼女や嫁が「敵」になってしまったら大切な女として扱えないし、もう心から寄り添うことはできないし、下手をすれば別れる準備を始めているかもしれません。女性は最後まで男性を信じぬく「味方」でなければ大事にされないことでしょう。

・倦怠期やマンネリでも必死にならない

人間は環境適応能力に優れており、大抵の刺激には慣れてしまいます。 また恋愛の賞味期限が3年と言われるのは、恋愛ホルモンの分泌が興奮、快感、好奇心などを呼び起こすドーパミンから3年を目途に安らぎ、幸福感などを感じるβエンドルフィンに切り替わるのが理由でもあります。

つまり、よほど喜怒哀楽や感情の波が激しいカップルでもなければ、交際していくごとに段々愛情の気持ちは平坦になっていく。 だから長年付き合った夫婦は相手にはうっすらとしか恋愛感情を抱かず空気のような存在と形容したりする。 これらがマンネリや倦怠期の原因でもあります。

男性は女性に飽きたとしてもあんまり頑張ることはありませんが、 女性は昔とは違う感じになってしまったことに焦りを感じて必死になることが多い。 いつもより連絡を増やしたり、イメチェンしたり、彼氏を喜ばせようとサプライズを考えたりします。 もちろんこのような行為は素晴らしいもので気が向けばやるべきことです。

しかし、これから一生付き合っていくのに、いつも特別なことをやり続けるのは心理的に負担が大きくあまり長続きしません。 一緒に過ごす時間が増えた場合、逆に適度な距離感を保つと居心地が良くなるパターンが多い。 相手に依存したり束縛するのはやめて、同性の女友達と遊び回ったりする方が、かえって関係が良好に保たれたりします。 おいしい食べ物でも毎日だと飽きるのが人間の性質、 男性を自由に泳がせてリラックスさせるという意味でも、常にイチャイチャしたがるのではなく、あえて距離を置く、離れて焦らすという選択肢も考えておきましょう。人は失ってから恋人の価値に気づくもの、それを疑似体験させるようなものです。

大切にされる女性の特徴は外見も内面も美しい

男性にずっと愛される大切にされる女は、ルックスの魅力だけでなく、中身も女らしくて尊敬できる。 今の彼氏と結婚したい、夫婦関係を円満にしたいなど、 男性の愛情を獲得するためには、最低限スタイルを整えることを基本として、よく笑い、甘え、尽くすのがポイントです。

男性の本能、性欲、食欲、承認欲求、独占欲、保護欲求などを満たせる存在は評価が高く、手放したくない女だと認識されます。 清楚な癒し系、ぶりっ子の天然系、年齢が若い女性、料理上手など、モテる女と言われる特徴を持つ人は 男が惚れて入れ込みやすい。 大切な女になるためにはいつまでも心も体も若々しく、女としてのフェロモンを出し色気を保つことが重要でしょう。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大