魅力的な人になる方法、命を輝かせる生き方をしよう

大物は普通の人とはオーラが違い、輝いているのがわかるほどで、デキる人特有の雰囲気を持っているのがわかる。 これは相手に恐怖を与えるだけの威圧感やプレッシャーではなく、どっしりと腰が据わっている安心感や自然体の力強さ、スゴ味です。 魅力的で好かれる人になるためには、外見も中身も改善することが欠かせません。

子供からまったく成長しないまま大人になる人が大半ですが、一部の人は人間的な質が高いと評価できる人が存在している。 以下では魅力的な人の特徴や共通点、条件を紹介していきますが、その前に私の主張したいことを挟ませてもらいます。 いらなければ軽く読み飛ばしてしまいましょう。



・命は大事にしすぎると淀み腐る

これは福本伸行氏の一攫千金のギャンブルを描いた漫画「賭博黙示録カイジ」に出てくる超大金持ち兵頭会長の名言です。 空想のキャラクターの言葉だからと言って甘く見るなかれ、これは人間の真理だと思います。 命を大事にする人は、保守的であり新しい物事に挑戦することはほとんどない。

しかし、そんな保身ばかり考えながらも利益だけは得たいと思っていて、 確実、保証、安定のような絶対的な安全を欲しがる。 こんな臆病で怠け者な上に強欲な人に魅力を感じるでしょうか。

逆に魅力的な人は自分の身を削り、自分の命をリスクに晒し試行錯誤、苦労しながらも攻めて利益を追求しチャレンジしながら生きています。恋愛で言えば、何度振られ失恋しても積極的に口説いたりナンパなどアプローチをする。 仕事では、自分で事業を起こしたり、投資資金を積み大きなリターンを獲得しようとするなど。

つまり魅力的な人間のキーワードは「危険、可能性、ポジティブ」 という3つが挙げられる。 この3つのキーワードはどれも非常に不確実で曖昧な要素で、とても安全や安定と呼べる代物ではありません。 しかし、もし何かのきっかけで歯車が噛み合い成功すれば、一気にお金持ちになったり、イケメンや美女と恋人になれたりする 潜在力、将来性を持っています。

日々の生活に安全や保証を求める人は、低い理想が理由で平凡なサラリーマンになり、それなりの給料をもらい、自分の夢を必死に追わずに生きていく。魅力が溢れる人は、自分の思った道を突き進み、それが成功でも失敗でも後悔はしない。 報われないかもしれない努力に情熱やモチベーションを注げるかどうかが人生において重要なポイントと将棋の羽生善治氏も言っています。

私の友達に東大大学院を出て就職した男性がいますが、彼は毎日ほとんどやる気がなく、働いてお金を貰うために生きているだけといった感じです。私の株や先物のトレードを観察して、私がちょっとやり方を説明すると「勝ってるの?」「絶対勝てるの?」と必ず確実性の説明を求める。そして「あの時この銘柄買ってれば今頃2倍10倍だよ」という過去のタラレバを言うのが口癖です。つまりリスクを追わずに結果だけを欲しがっているのです。 彼は私よりはるかに頭がよく能力もあり成功の条件は揃っているのに、まるで高みに挑戦しないし保証ばかり求めるので、ぬるいし薄っぺらい人間だと感じてしまいます。ただ、彼から見れば私の方がはるかに薄っぺらく見えてるのかもしれません。

皆さんは自分の夢を追いかけて生きているでしょうか。命を輝かせて毎日を無駄にせず行動できているでしょうか。魅力的な人はきっと命を腐らせるような怠惰な生活はしていないと思います。

スポンサーリンク

魅力的な人の特徴、共通点

・外見を磨いている

人は内面、中身が重要とは言いますが、人間の第一印象は見た目が8割以上であり、 さらに会話の内容よりも、表情や立ち居振る舞い、声の方が評価ポイントになっています。 いわゆるリア充達のお喋りの内容とは「おーっす」という軽い挨拶に始まり「マジあいつが変なことしてウケたんだけどー」みたいなもので、人間的評価で言えば会話の文章はほとんど意味を成さない。

結局、表に出ている部分は体の内側からにじみ出てきたものに他ならないので、結局外見は最も人間性が出る部分です。 心理学的にも、髪型、身だしなみ、態度、癖、しぐさ、好きな色などにその人の心理状況やパーソナリティが表れるとされています。 健全な肉体に健全な魂が宿るとも言われ、体型やスタイルの良し悪しはそのまま性格にも出てくる。

可愛い子や美人、イケメンもまったく努力せず才能のみでそのような姿をしているわけではなく、 日々の自分磨きの努力があってこそ若々しく綺麗で整っている状態をキープできている。 単純に考えて、毎日ゴロゴロしている人よりも運動やスポーツが得意で体を鍛えている人の方がそれだけで能力が優れていると本能で判断され性的な色気が出てきます。生まれ持った容姿、顔などのルックスは整形でもしなければ変えられませんが、 性格による明るい表情、愛想の良さ、整ったスタイルなどは自分自身の力でいくらでも改善することができます。 人の外見にはその人の内面が現れていると考えてもまったく問題ないと思います。

・適度な恋愛経験がある

恋愛というのは人間的魅力を高めるトレーニングのようなもので、良い恋愛遍歴がある男女はコミュニケーション能力が高く、 性格も穏やかで優しい。 まず、恋愛の効能としてデートがある。 男女が外で長時間遊ぶとなればそれなりに会話をしなければならないので、トークの練習になり、いつの間にかお喋り上手になっている。 そして異性とのスキンシップによって、人は自分に自信を持てるようになります。 これは皆さんも恐らく実感しているのではないかと思います。

一度も付き合ったことがない時は、コミュニケーションが下手で話す時も本音が言えなかったり緊張でぎこちなくなってしまってしまっていたけれど、一度彼氏や彼女、恋人ができると、今までの引っ込み思案が嘘のように初対面でも打ち解けられるようになってくる。 このように恋愛は人に心の余裕を持たせ大人としての魅力を持たせる効果がある。 ただ、逆にわがまま放題や都合のいいように利用され振られるような自己中心的人物との悪い恋愛をしていると性格が捻じ曲がって人間的価値が下がってしまうこともある。

・前向きで向上心がある

成功者に悲観的な人はおあらず、ほとんど能天気で天然ボケが入っているようなタイプばかりです。 それは頭がバカだというわけではなく、達観していて悟りを開いているようなところがあるから常人離れしているのです。 ここで重要なのは死の覚悟があるかではないかと思います。

死を考えるとなんだか怖くて後ろ向きなようですが、実は逆で命の大切さを実感している人ほど1日1日を無駄にしない。 明日もどうせ生きていると考える人は、結局ダラダラとして何もしない。 明日生きているかどうかわからないという思いがあると、今日を全力で取り組むことができるし、 細かいことをいちいち気にしているヒマなんてなくなります。

そこまで深い話ではなくても、いつも愚痴、不満、嫉妬、物事を否定したり批判ばかりする人と一緒にいると元気がなくなってくると思います。 単純に目が合った時にニコッと笑顔を見せてくれる人はそれだけでも好感度はグンとアップするし愛想が良いだけでも好きになれる。 笑う門には福来たるで人も神様も明るくて楽天的な人に魅了されやすく、応援してくれるところがあります。

・個性を出している

個性というときゃりーぱみゅぱみゅのような派手さや奇抜さばかりに注目してしまいがちですが、 あの格好やファッション、振る舞いは個性のひとつであり、特徴や癖は個人個人千差万別です。 凡人は自分の個性を必死に隠しながら生活していると思います。 その際たるものがスーツを着ているサラリーマンで、あれはまさに会社組織として黒ずくめになり、完全に個性を殺して生活している状態です。

まぁ会社員の場合は仕事だから仕方ないものの、日常生活でも無難な選択ばかりしていては、当然魅力は出てきません。 皆さんは本当に自分が着たい服を着ていますか、自分のしたい行動をしていますか、自分の言いたいことを口にしていますか、 周囲の目を気にしたり他人に遠慮すると、自分本来の魅力はまったく外には出てきません。 人目を気にせずに自然体でやりたいことをやっている人は本当に魅力的です。

私はあまり好きではありませんが、ニコ生で人気の「金バエ」も好き勝手自由に動く様が面白くてウケているのだと思います。 自分の心の中でできない自分の幻想を作り出し、それに対して気を使うなんてことをしていたら勿体無いです。 個性や癖はオドオドして隠すものではなく、堂々とアピールしてこそ他にはない貴重な価値となります。

・上下関係を作らない

皆さんは礼儀や先輩後輩などのルールにこだわるタイプでしょうか。 私の周りの尊敬できる人物は、敬語で喋れだとか、目上だから敬えだとかそんな細かいことは一切言わない。 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言うことわざがあり、 学問や徳が深い人格者ほど謙虚に振舞い、小人ほど尊大にふるまうという意味合いがある。 まさにこの通りではないでしょうか。

いきなり上から目線で説教をしてきたり自慢話を始める人は大した人物ではない場合が多い。 気さくでフレンドリー、適当なタメ口で話すような人の方が意外と凄い人物だったりします。 違う言い方をすれば人によってあまり態度を変えず平等に扱える人ではないでしょうか。 特に女性、子供、老人、動物など力の弱い人に優しく接することができ、強い者にも恐れず立ち向かえる勇気も備えていればなお良い。 他人と比べて自分が勝ってる負けてる、上だ下だと言っているうちは魅力的にはなれないかもしれない。

・孤独でも気にしない

人間社会ではチームワークは重要なもので職場でもコミュニケーション能力が高い人が重宝される傾向がある。 しかし、社会で求められるのはすなわち「ノリの良さ」ゆあ「馴れ合い力」のようなもので、 当たり障りのない表面的な人付き合いを要求されているだけです。 愛想笑いをしたり、形式的な挨拶をしたり、会話もするけどそこには心はあまり必要ない。

では魅力的な人はというと、友達がいることはいますが、群れないで1人で行動することもできる。 気が弱い人は友達や彼氏、彼女がいないと「私はダメ人間なんだ」と自己否定に走ったりしますが、 根っこにある性格が明るいと誰とも仲良くなれなくても別段ネガティブにならずに活動できる。

実際、モテる男女は1人歩きが得意で、好きなようにアクションを起こせるマイペース名人が多い。 すぐに誰かとつるみたがったり、グループで一緒に行動したがるのは、自分の意志が弱い証拠です。 人は志の無い人にはあまり魅力を感じないのです。



どこが素敵だと感じるかの判断基準は人によってポイントが違い、明確にこれが魅力的だと示すのは難しいことかもしれません。 ただ、ふんわりした表現になりますが、やはりどこか普通の人とは違う人は体の周りが金色に光り輝いているのかと思うぐらいのオーラを感じます。スピリチュアルな結論になってしまいますが、 このなんとなく大物っぽい雰囲気は皆さんもどこかで感じたことがあると思います。 クラスの人気者、リーダー、マドンナなどは抜きん出た存在感がある。

人生においては自分が主役であり、脇役や傍観者だと思ってはいけません。 自分の人生は自分の行動によって切り開くという気概があると、デキるオーラがにじみ出てくるのではないかと思います。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大