口下手が話し上手になる方法

人生では人とのコミュニケーションは欠かせないものです。 恋愛、仕事、ビジネス、営業、面接など、あらゆる場面で会話は必要不可欠なものであり、 口下手な人はどこか社会で生きづらい感覚を持っているかもしれません。 話し上手は長所のひとつでメリットが沢山あります。 面白い人は異性にモテる、上司に好かれて出世しやすい、そして日々楽しく生活できる。 日本人は洞察力がある方だとは言われますが、 それでも意思表示をしっかりしなければ誤解されて損をすることが多いです。 根本的に根暗な性格を治すのは難しいかもしれませんが、 表面的にだけでもある程度社交的に振舞うぐらいなら人間の環境適応能力、訓練次第でどうとでも克服できます。 以下では口下手を直す方法、話し上手になるコツを紹介します。

スポンサーリンク

会話が苦手な人が話し上手になるコツ

・自信がないのを克服する

口下手だと自覚している人の原因は、家庭で親からの抑圧や厳しいしつけなどによって我慢を強いられて、 必要以上に自制心を備えていたり、真面目で自己評価が低いタイプではないかと思います。 この縛られているような心理状態を改善するためには、自己肯定感を高めたり、誰かに褒めてもらい、自分に自信を持つ必要があります。 自信があると次第に饒舌になり、自然に喋ることに慣れ始めます。 そのような意味では、直接会話能力を高めるだけでなく、 同時に勉強や体力の向上、ダイエットなどを並行し、自分磨きを頑張ることで初対面でも人見知りしないで 打ち解けられるほどの自信が芽生えてきます。 根拠が無くても自信がある人はそれだけでもバイタリティがあり価値があります。 謙虚でいることは大事ですが、腰を低くしてペコペコへりくだるほどになると、本当の自分を偽る結果になってしまうかもしれません。

・発声練習をする

コミュニケーション障害(コミュ症)の人の中には友達や恋人がおらず、誰とも口を聞かないために、 活舌が著しく悪化してしてしまい、どもりや言葉が出てこないで沈黙してしまうことがあります。 人の機能は使わなければどんどん劣化していく性質があり、声帯や口の動かし方なども含まれます。 トレーニング方法は様々ですが、本の音読、無料音声通話アプリ、skypeでの電話などが一般的です。 音読は語彙や知識も増えて雑談力もアップしますし、 スカイプを利用する場合は、お喋りするだけのスカイプ友達から友達が増えたり異性なら恋愛関係に発展する場合もあり、 どちらの練習方法も一石二鳥と言えます。

・会話する環境に身を置く

会話は質より量が大事で、ボキャブラリーが貧困でも、人と関わることで会話の流れを無意識で覚えることができます。 黙ったままでもできる仕事の職人や技術者は職場内で話さずさらに家に帰ってもあまり言葉を発しないケースがあります。 今の職場に仲良く喋れる友達がいない場合は、転職を考えるのも悪くないかもしれません。 口下手という特徴を持つ人が営業をやるとトップセールスマンになれたりすることもあるようです。 会話が苦手だからこそ相手の気持ちを推し量りながら優しいセールストークができるので、 強引な押し売り営業マンよりも、成果が出やすいと言われています。 合コンや婚活に参加するのも口下手解消のきっかけになります。 自己紹介やデートは、人間力を高めるので、すればするほど会話力も磨かれます。

・疑問を持ったらすぐ聞いてしまう

会話の話題、ネタがないと困っている人がいますが、 それは相手に何か質問をすることで悩みが解消できます。 普通は、深いプライバシー、身体的なコンプレックス、過去のトラウマなどはできるだけ質問しないのが礼儀、マナーだと言われますが、 確かにそのような面もありますが、サラッと触れるぐらいなら急に怒られたりはしません。 子供がものを尋ねるように、ストレートに気になったことを聞いてみると、他の人よりも突っ込んでくれるので意外と親密な関係になれたりします。 遠慮しない関係が築けるとフレンドリーな雰囲気が生まれます。 「これを聞いたらマズイかな」なんて考えて言葉を飲み込んでしまうと、質問するタイミングを逃してなんだか胸がモヤモヤしてしまいます。 相手が露骨に拒否反応を示したら話題を変えるようにすれば、嫌われることは避けられます。 何か頭に浮かんだ疑問をすぐに口に出すと、自然と会話のネタが出てきて話が弾みます。

口下手でも楽しいと思わせる会話術

・ボディランゲージを駆使する

人間の印象は見た目や外見、非言語の要素で8割が決まります。 会話が退屈だと思われる人は、喋る内容や会話の中身、トーク技術がダメなことよりも、 表情、身振り手振りなどのリアクションが薄く感情が読み取れないから嫌われることが多い。 人は自分が知っている人は味方だと思いますが、 何を考えてるかわからない人は敵だと思い警戒心を抱き、本能的に遠ざかろうとします。 自分に危害を加えないか、嫌っていないかなどの不安があると、声をかけづらくなります。 この疑心暗鬼の気持ちを防止する方法としては、しぐさや態度で好意のサイン、友好関係を示すことがおすすめです。 例としては、会話中に前傾姿勢、前のめりになる、通常よりも一歩近づく、アイコンタクトをする、目や口角に力を入れて笑顔を作る、 会話の合間に相槌を打つ、ボディタッチやスキンシップを交える、直立不動や無表情は控えてどこか体を動かすなど。 緊張して一歩後ずさりしたり、肩肘を張って顔を強張らせた状態でうまく話せないでいると、本音では好きだとしても相手には嫌いであるかのように伝わってしまいます。特に男性は仏頂面で固い表情をしていることが多くそれだけでも女性に不安を与えていたりするので注意しましょう。

・自然体で接する

会話は相性に個人差があり、リズムや波長の合う合わないがまったく違います。 無言で食事デートしても楽しいと思える彼氏彼女のカップルもいますし、 逆に夫、旦那が無口でつまらないと不満を漏らす妻もいたりします。 つまり、どんなに頑張っても馬が合わない人がいます。 変に気を使って無理矢理喋ろうとすると自分も相手もムードが悪いと感じて居心地が良くなくなってしまいます。 クールでドライなタイプ、冷静沈着で大人っぽい人は無言でも風格が漂っていて悪い空気になりません。 「良く見られたい」と取り繕って他人や周囲の目を特別意識しないで、 「嫌われても仕方がない」という感覚で自信を持って行動していると、不思議と安心感が醸し出され人気になり始めます。

人間にはミラーニューロンと呼ばれる神経細胞があり、この神経によって相手の気持ちはすぐさま目の前の相手に 伝染すると言われています。 つまり、リラックスしていたり、緊張感があると、それが相手にも瞬時に伝わるという理論です。 一目見ただけでなんとなく「脈ありだな」「惚れてるな」と思うことがあり、それは結構当たっていたりします。 人は無意識のうちに相手の感情を読み取る能力がある、だからこそ自然体でいることが最も好印象を与える コミュニケーションテクニックとも言えます。 子供のように素直で本音を語れる人は、相手にとってもサッパリして爽やかな印象を受けると思います。 自分の意見や感情を溜め込まず解放して遠慮なく自己主張してしまいましょう。 ただ、それが怒り、不安、怨み、嫉妬など負の感情の場合は口に出さない方が無難ですが。

・聞き上手になる

「話を聞いてる方が楽」と言う人でも実は自分が話したいことがあるのが普通で、 相手のツボにハマるような質問をして話題を振ったり、相手の興味がありそうな話題につっこんで掘り下げると、 想像以上に饒舌になったりします。 悩みごとや愚痴の聞き役に徹してあげると、それだけでも満足されることがあります。 そして、話を聞いている時に共感、同意、肯定、褒める言葉を繰り返しましょう。 人は自分に話のペースを合わせてくれる人が大好きです。 ゴマすりは周りから見ると贔屓されているのが目に見えて評価が悪いですが、接待を受けている方は 大満足で喜びます。想像してみてもわかると思いますが、イケメンや美女が自分に会話を合わせてくれるのは嬉しいものです。

会話上手になりたいと思っても、簡単になれるわけではなく経験の積み重ねが必要です。 有名人の明石家さんまは会話が面白いと世間で言われています。 彼の特徴として、ギャグや冗談を言うというよりも、相手の話に突っ込んだり頭の回転が早いアドリブの聞いた返しが上手いと言えます。 よく司会進行のポジションにるためか、相手にストーリーのオチを言わせるテクニックに長けています。 明るく陽気でよく笑い、声が大きいこともありますが、 定番の5W1H、誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように、という質問を的確にすることで、会話が盛り上がり話が弾むことがよくわかります。 さくらのように「ワー、キャー、すごーい」と言ってるだけで人は心理的に気分が盛り上がり楽しくなる。 しかし、落語家や弁士のように、自分が語り人を笑わせるのは聞く技術よりも多くの努力が必要なので難易度が高いです。 まずは聞き上手のスキルを覚えることを目指し、次のステップで話の上級者になりましょう。

・共通点を強調する

人は自分と類似している共通点を持つ人を見ると、気になって仕方がない気持ちになり、大抵は好意的な対象と見なします。 特にこれから仲良くしたい人と会話をする場合は、できるだけ似ているところ、同じところをアピールするとお互いに満足しやすい。 例えばヴィジュアル系バンドが好きな男女はある特定のグループのファンだという共通点があるだけで、親近感が湧き話しやすくなります。 逆に言ってはいけないのが「それは知らないです」「興味がないです」というキーワードです。 この口癖はまったく意識していない人は無自覚で発してしまうものですが、 相手の心には大きなダメージを与えています。 自分がハマッている趣味を話した時に「知らない」と言われたら、「知らないよねー」なんて返しますが、 本能的には「この人は自分の味方ではないな」と感じてしまいます。 だから、「少し知ってる」「聞いたことがある」というように、どんなに関心が無い話題でも相手に合わせる努力は必ずするようにしましょう。特に初対面でこれから第一印象が形成される場面では要注意のポイントです。

・メールやlineで仲を深める

最近ではIT企業の連絡網でも電話よりメールやラインが一般的になってきています。 メールは手紙のようなやり取りなので、口下手な人でも本音で語り合えるツールです。 言葉だけで仲良くなるのは意外と難しかったりしますが、 間に文字だけのやり取りを入れると、仲良くなる速度が上がることがあります。 特に恋愛でのアプローチは、シャイボーイと内気で引っ込み思案な女性とでは進展スピードが遅いので、 ツイッターやフェイスブック、メールやラインなどで繋がりを持つことで、簡単に仲良くなれます。 会話術とは微妙に違うかもしれませんが、 あらかじめ自分の人物像を知らせておき高感度を高めておけば、話も弾みやすくなります。 ネットで検索すれば顔写真と共にプロフィールが出る状態の時は、 初対面の人に自分の本名を教えるとあっという間に繋がることができます。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大