自分に自信がない人の特徴、共通点

世の中にはなぜか自分に自信がない人、自己肯定感が低い人が大勢存在している。 普通、人間は本能のまま自然に生きていれば、やりたいことのために必死に頑張り前向きでポジティブな気持ちが湧いてくる。 そのようなプラスのエネルギー、モチベーションが湧いてこずネガティブな感情に支配されるのは、明らかに自分以外の周囲からの圧力やストレスの影響が原因になっています。

自分に自信があることは人生の成功には欠かせないものです。 自分に自信を持ち精神的にゆとりがあると、恋愛では積極的にアプローチできるようになりモテる、 仕事では成果が出やすくなります。

簡単にまとめてしまうと自信がない人は成功体験が少ない人、自分を過小評価している人の2タイプに分かれます。 つまり、自信を持つためには、自分の活動によって目標を達成し充実感や満足感、成長を認識するような経験値を積むことか、 自分を縛る雑念を振りほどき、本当の自分、魂を解放するか、どちらかのトレーニングをする必要があります。



どうすれば弱気な自分を改善して自分をつけることができるのかというと、 結局のところは自分の中に根拠のない自信を持つしか方法はありません。 どんなに外見が良かったり、年収が高くても、自己評価がやたらと低く自分が嫌いな人もいます。 逆に無職のニートで、精神病持ちの人でも、なぜか自己肯定感が高く堂々としている人もいます。

世の中は虚勢やハッタリでも気合があれば意外とどうにでもなるものです。 臆病すぎる性格の人が成功することは滅多にありませんが、自分大好きなナルシストは大物に化けたりします。 周囲の人間の「普通」や「常識」など、どうでもいい意見には耳を貸さず、 自分の心の声に従うことを第一にして潜在能力や可能性を信じて、大胆に行動する人生を歩みましょう。

スポンサーリンク

自己評価が低い人の特徴、原因

・家庭環境が悪い

後天的な人格の形成は大抵家庭環境と学生生活に起因しています。 両親の愛情、期待、しつけの厳しさ、教師の指導の仕方、友達との交流などによって、素直で優しい性格になるか、 トラウマで歪んだ性格になるかなどに分かれます。

特にリスクが高いのは、自分の理想を押し付けてくる親がいるケースです。 「お前は頭が悪いんだからこうしなさい」という否定的な言葉をぶつけながら行動を強制してきます。 全て自分の支配化でなければ気が済まず、少しでも反論をすると癇癪を起こしたりします。 この手の親は子供を「型」通りに育てたいという願望が強いので、レールからハズレそうな予感がすると怒り出します。 大抵は頭が固くて視野が狭く、適当に選んだ道を示すので、どこかで親を突っぱねなければ、 子供は後悔するような惨めな人生を歩むことになりやすい。

子供は元気で活発、頭の回転も早誰もが神童と呼ばれる天才ですが、親が神童を凡人に変えてしまうのです 両親の性格に明らかに欠陥があると感じたら、できるだけ親の言うことは聞かない方がいい。



日本は土地が狭く人との結びつきが強く相互監視文化があります。 地方や田舎では隣の息子や娘の噂話や自慢話がどこからともなく耳に入ってきます。 このような社会環境だと、目立つことや悪いことをするとすぐ文句を言われたりいじめられ村八分にされることもあるので、 できるだけ地味で控えめに振舞うように強制されてしまいます。

それに比べると外国は土地が広く自信満々で陽気な人が多い。 狭いところに閉じ篭っていると身体的にも心理的にも塞ぎ込んでしまう傾向がありそうです。

・コンプレックスを気にしすぎている

自分の短所は他人から見た場合よりも特別に意識してしまいやすく、 客観的に見たらあまり気にならない些細な部分を過剰に気にして自分が嫌いになってしまうことがある。 外見、学歴、体型など、特に肉体的なコンプレックスは劣等感を覚えやすい。 チビ、ハゲ、デブ、ブサイクなどは特に気にしてしまいやすい。

しかし、実際そのような人達でも恋愛、結婚、仕事など人生がうまくいっている人達が沢山います。 容姿が平均以下の水準だと思っていても美人やイケメンと付き合っている人がいますし、 容姿が極端に綺麗な人はあまり社長や大金持ちがいません。

ブサイクな人は見た目よりも、嫉妬心などから心がブスになり、それが表情に出てしまっていることが多い。 太りすぎているのにまったくスタイルを気にせずダイエットしないのもどうかと思いますが、 人には個性や好みのタイプが様々で、どんなコンプレックスでも受け入れてくれる人が存在するものです。

問題なのは不安な気持ちから常にイライラしたり他人を否定したりする攻撃性に繋がる人です。 メンヘラと呼ばれる男女は、自分に対する自信の無さから人に依存したり、悪口を言ったりと精神的に不安定になります。 どんなに短所だと思える部分があっても、それを克服する努力をしたり、気にせずに普通に振舞えば意外と大丈夫なものです。

・人の目が気になる

自分と他人を比較する癖があり世間体が気になり、人の顔色を伺う。 周囲の人の視線が気になってしまう人は自意識過剰気味で、本当にしたいことができないケースが多い。 成功者の多くは、周囲の人間ができないような努力をしたり、アイデアを出すことでうまくいきます。 他人の評価を気にしてばかりいると、無難な成果しか挙げられず、周囲を驚愕させるような個性やアイデアは出せません。

見た目を気にしてファッションを無難なコーディネートにしたり、あえて普通っぽく振舞ってしまう。 謙虚さが行き過ぎて自分に自信がなくなってしまうのは、ある種の病気のようなものです。 「他人にどう思われても自分がやりたいことをやる」という気持ちをベースに置くことで、周りの人間からの批評が気にならなくなります。人間関係を築くためにも初対面の相手に気を使ってしまうような人見知りでいることもあまり良いとは言えません。 幸せは他人のモノサシではなく自分の心が決めるものです。

・誘いを断れない

男性が彼女を作りたいと思ったら、あるいは女性でも彼氏が欲しいと思うのなら、 恋愛経験が少なめで大人しい引っ込み思案な草食系を狙うと付き合える確率が高い。 というのも、自分に自信がない人は優しさゆえに言い寄られたり押されると素直に「YES」と答えてしまいやすい。

この傾向は会社の人間関係でも同様で、職場の飲み会に参加したくないのに誘われるとついていってしまうし、 上司や先輩から帰り道で「他のお店行こうか」と誘われると、ついつい付き合ってしまう。

このお人好しな性格は、付き合う人間が善人であればお互いに幸福になれますが、 もし悪人が都合のいいように利用しようと近づいてきたときは大変で、 ハッキリと「ノー」と言えなければ酷い目に合わされることもあります。 その場の空気を読み流れに乗るのも協調性が必要で、一種のセンスを要するテクニックでもありますが、 時には自分の主張を通すことも考えてみましょう。 大体、マイペースだったり頑固な人は自信家が多いものです。

・仕事で怒られて心が折れてしまった

最近の日本ではパワハラや違法なサービス残業の強要などが問題化しています。 特に飲食系の店長や営業職、SE等はうつ病や精神病を発症する人が多い。 自分の感情を抑圧しなければならない状況やプレッシャーを感じる言葉を掛けられ続けると、人はストレスで精神的に参ってしまい自信をなくしてしまうのです。

彼氏や彼女、旦那や妻など、付き合っているパートナーが自信をなくしているとき、 おどおどしていたり落ち込みやすい性格の場合は自信をつけさせることで改善することができます。 励まし方の具体例としては、心理カウンセリングの方法が参考になります。

下手にアドバイスをしたりせず、ひたすら相談に乗ってあげて不満や愚痴、思っている感情を相槌を打ちながら聞いてあげる。 これだけで人間は自分が理解されたと感じて癒される効果があり、自分の味方が1人いるだけで明日も頑張ろうという気持ちになれます。 何も物言わず犬に語りかけて、安らぎがあるのと同様で、ただ聞いてくれるだけでも嬉しいのです。

・恋愛に臆病

自分に自信がない人は人見知りで奥手であり恋人ができづらい性格と言える。 特に男性は自分からデートに誘ったり愛の告白をしたりと攻めていかないと彼女を作ることが難しいので、彼女いない歴=年齢になったりしやすい。

女性はというと、自分が片思いしてる人からは口説かれず、どうでもいい男から言い寄られて妥協で付き合ったり結婚してしまいやすい。 異性に対して積極的になれないことは人生の半分ぐらいを損していると言えます。 男と女がいれば自然とコミュニケーションを取ったり結ばれるのが動物として普通なことで、 遠くから眺めているだけでは幸せはつかめない。 自分に自信を持ち、片思い中の好きな人がいるなら積極的に話しかけられるようになりたいものです。

・常に受身の指示待ち人間

大学生時代や就職セミナーでは、「指示待ち人間」はダメな人を表現する言葉として使用される。 言われたことしかできない、自分から考えて行動しない、自分の本音や意見を主張できないなどの特徴が当てはまる。 これは親に厳しく叱られてきた人、学校で常に我慢して友達に譲っていた人に多い共通点で、 自分が余計なことをするとすぐに怒られたという過去の体験が人の体を止めてしまいます。

普通は能動的である人間ですが、自分が動こうとしたタイミングでブレーキをかけられるとそれが癖になって固定化してしまいます。 これの最も危険性が高いのが育児で、 誰かから言われないと自主的に子供のお世話をできなくなってしまう可能性があります。 受身になりがちな人は依存する対象を探さず、自立できるようになると人間的に大きく成長できます。 周りの人から仕事を任せられたり信頼され見守られることで自信がつき能動的で自立した人格が形作られます。

・奇抜なファッションをする

ヴィジュアル系(V系)などの派手な服装が好きな男女は、心のどこかに葛藤や現状への不満を抱いていることが多い。 他にもヤンキーなんかも普通の人とは違うおしゃれで自己主張します。 可愛さや格好良さをアピールするためにするオシャレではなく、 やはり普通とは違う格好をしたいと思って目立とうとするのは、 自分に対する自信がないために、それを覆い隠そうとする心理が無意識で働いている可能性があります。

例えば金髪で長髪の女性は大抵どこか不安定で自分の意志が明確ではなくフワフワしている印象があります。 異性との交際もあまり特定の相手が定まらない。 ナンパでもこの手のタイプは狙われやすいと言われています。 ただ、あまりに無個性で目立たないよりかは大分マシで、活動的な一面があるので恥をかきながらも次第に自分に自信がつき落ち着いてきます。丸くなるという奴ですね。

・リアルで声が小さく、ネット弁慶になりやすい

声の大きさは一種の才能で、能天気な人は本当に声がうるさい。 声の大きさと自信は比例していることが多く、会社の面接でも第一声の挨拶が大きな声でハキハキしていると、 それだけで第一印象が良く採用に一気に近づく。

逆に自信がない人は、全体的にボソボソと小声で喋ったり、語尾が尻切れトンボのようにかすれていくという。 ただ、これは誰にでも当てはまるわけではなく、能弁でうるさいけど小心者、無言で寡黙だけど自信家な人ももちろんいます。

また、現実で不満を抱いている人はインターネットでストレス解消を図るため、 掲示板やSNSでは強気な発言をすることが多くなります。 これは自分の強さを知らしめることで、自分の弱さを隠したい心理が働いています。

・諦め癖がついている

自分に自信が持てないのはある種の悟りのようなもので、諦めているところがあります。 逆に言えば何事も綺麗にこなせなければ気が済まない完璧主義な性格と言える。

実際、多くの人は諦めるかどうかの瀬戸際でチャンスを掴むのか、才能が開花するのかという紙一重の人生を歩んでいます。 そのような高みに到達するまでの道のりは平坦ではなく道は曲がりくねり障害や試練が待ち構えている泥臭い道です。 将来の夢を思い描いたときに、「自分には無理そうだから無難な道を選ぼう」と初めから小物になろうとしてしまうのです。

確かに人生は諦めが肝心であまりに意地になって無謀なチャレンジはするべきではないのかもしれません。 しかし、達成可能だと思えることについても「私はダメ人間だから」で諦めてしまう人が意外と多い。 人生は一度きり、険しい道は避けてスマートに生きるのも良いですが、 自分の夢を実現するための努力だけは惜しまないようにしたいものです。

スポンサーリンク
enjoy大
enjoy大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
enjoy大